TOP > スピーキング > 英語表現 > 日本人が間違える!オーストラリア英語とアメリカ英語の違い

2016.04.18(Mon) 英語表現

日本人が間違える!オーストラリア英語とアメリカ英語の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的になまりがあって日本人が日本で触れるアメリカ英語とは異なると言われているオーストラリア英語。私もオーストラリアに実際に住んで10年になりますが、確かに特有の言い回し、特定の音の発音の仕方など色々が違いがあります。

どんな違いがあるのでしょうか?具体的に、アメリカ英語とオーストラリア英語の違いを見ていきましょう!

オーストラリア英語とアメリカ英語の違い

英語_オーストラリア英語

発音の違い:Aの発音は「エイ」ではなく「アイ」

オーストラリアイングリッシュの代表と言えば、Aの発音。オーストラリアのスラングであるHow are you?を意味するG’day, mate?ですが、これはグッデイ、メイトではなく、グッダイ、マイトと発音します。なので、

Today:トゥデイ

が、オーストラリア英語では

Today:トゥダイ

となるわけです。

オーストラリアは移民の国で様々なバックグラウンドの人が生活していますが、田舎の方に住む生粋のオーストラリア人ほど、Aをエイではなくアイと発音する傾向が強いようです。

英単語スペルの違い:”Center”は”Centre”になるなど微妙に異なる

eとrの位置が逆になる

オーストラリア英語のスペルはイギリス英語と少し似たところがあります。アメリカ英語で

  • theater(劇場)
  • center (中心)
  • fiber(繊維)

と綴られる単語は、オーストラリア英語ではeとrの位置が逆になり、それぞれ

  • thatre
  • centre
  • fibre

となります。

“or”が”our”になる

  • color(色)
  • honor(名誉)
  • favorite(お気に入りの)

なども、

  • colour
  • honour,
  • favourite

と綴られ、~ourが取り入れられています。

“z”が”s”になる

  • analyze (分析する)
  • realize (認識する)

などもzの代わりにsが取り入れられ

  • analyse
  • realise

と綴られるので注意が必要です。細かい違いなので間違えやすいですが、パターンはこれくらいなので、すぐに慣れてきます。

英会話での違い:オーストラリア特有の言い回しをチェック!

なまりに関してはそれほど心配する必要はないものの、オーストラリア特有の言い回し、いわゆるAussie Slangオージースラングがたくさん存在するオーストラリア。知っていないと推測するのさえ難しいものが多いので、チェックしておきましょう。

オーストラリア英語 アメリカ英語
ありがとう ta Thank you
どういたしまして No worries You’re welcome
元気ですか Good day, mate How are you?
よくできました Good on ya Well done
最高/素敵 Awesome  very good
素晴らしい cool great
リラックスする chill  relax
たくさん heaps many / a lot
午後 arvo afternoon
バーベキュー Barbie BBQ
紅茶 cuppa a cup of tea
野菜 vegies vegetables
親戚 rellies relatives
ビーチサンダル thongs flip flop
一階 ground floor first floor
二階  first floor second floor
朝食 breakki breakfast
mozzie mosquito
トイレ loo toilet

 

 

 

特にオーストラリアでは1階をGrand floorで表し、2階がfirst floorとなるので、留学したばかりの頃は注意が必要です。

一部の単語の綴りやスラングなどを除けば、基本的にアメリカ英語もオーストラリア英語(大都市で話されている英語)もそんなに違いはないように感じるのが実際生活している私の感想です。スラングも生活していればいつのまにか自然に口からでてくるようになりますよ!

 

The following two tabs change content below.
Timmy

Timmy

日本の大学卒業後渡豪し、今年でシドニー在住10年目。シドニーでカレッジに通いビジネスのAdvanced Diploma を取得。現地の語学学校にてマーケティングスタッフとして勤務。 2011年に技術独立ビザのカテゴリーで永住権を取得。その際にIELTSを猛勉強し、最終的にListening 8.0, Reading 7.5, Writing 7.0, Speaking 7.0の Overall 7.5のスコアを獲得。English Hackerでは英語の発音の勉強の仕方、語学留学、海外就職などについてのコラムを執筆。
English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Timmy
Timmy
日本の大学卒業後渡豪し、今年でシドニー在住10年目。シドニーでカレッジに通いビジネスのAdvanced Diploma を取得。現地の語学学校にてマーケティングスタッフとして勤務。 2011年に技術独立ビザのカテゴリーで永住権を取得。その際にIELTSを猛勉強し、最終的にListening 8.0, Reading 7.5, Writing 7.0, Speaking 7.0の Overall 7.5のスコアを獲得。English Hackerでは英語の発音の勉強の仕方、語学留学、海外就職などについてのコラムを執筆。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ