英会話教室に一切通わず独学で英語バイリンガルになった勉強法

  • 英語学習法

英会話ができるようになりたい!という人は多いでしょうが、実際に周りで英会話ができるようになった!という人はほとんど見かけないんじゃないでしょうか。

これだけ英会話教室やオンライン英会話などが発達しているのに、なぜでしょう?

今回はその原因と、私が日本にいながら独学で英会話を上達させた方法を紹介しようと思います。

なぜ英会話教室に行っても英会話ができるようにならないのか?

The word vegan in the old dictionary

英会話教室に行ってがんばっているけど、英会話が思うように上達しない…こんな人、かなり多いんじゃないでしょうか。

いえ、逆に英会話教室に通っている人で、英会話がペラペラになったという人を私は見たことがありません。そして英会話の上達に成功している人ほど、英会話教室やオンライン英会話に頼っていないような気がします。

なぜでしょうか?それはシンプルに1つ、『学習時間の短さ』が原因です。

英会話教室に週2回、各2時間のレッスンを受けたとしましょう。それで合計週4時間の英会話レッスンの時間が作れるわけですが、よく考えてください。一週間というのは、24時間×7=168時間あるわけです。

その中で活動時間が半分としても84時間、このうちたった4時間を英会話に費やしたからと言って、はたして英会話が身につくでしょうか?ほとんどの時間を日本語で過ごしているのに、これで英会話が身につくと考える方が不自然なことのような気がしてきませんか?

こう考えると、やはり英会話の上達に最も効果的なのは英語圏に留学や仕事で行き、そこで英語のみを使って生活することです。
そうすれば、上記の84時間全てを英語で過ごすことになるわけですから、当然のごとく英語は上達しやすいですし、おまけに挫折することもありません。

ですが、全ての人が留学や海外滞在の機会に恵まれているわけではありませんし、私もそうでした。
それでは、英会話を日本にいながら上達させるにはどうすれば良いのでしょうか?


今回は実際に日本にいながら英会話を話せるようになり、バイリンガルとなった私の経験を元に「独学で英語バイリンガルになった3つのステップ」を皆さんにお伝えしていきます。

独学で英語バイリンガルになった3ステップ

英会話の上達に必要なものは、シンプルに2つだけです。

  1. 大量の英文パターンをインプットすること
  2. それを相手に伝わるようにパッと発話できるアウトプット練習

そして英会話教室やオンライン英会話を続けていて英会話が上達しない人に共通するのが、インプットを軽視してアウトプット練習ばかりしている、ということです。

逆にインプットが一定量あれば、アウトプットの練習はそこまでしなくても会話は成立します。
日本人英語でも、相手に伝わればコミュニケーションとしては十分だからです(もちろん、発音も良いにこしたことはありませんが)。

インプットが英会話の上達には必要不可欠ですが、このインプットもちゃんと英会話のシーンで使える形で覚える必要があります。
つまり、いわゆる”教科書英語”ではなく、ネイティブが使うような表現の形をインプットする必要があります。

それでは、そのようなインプットをするには、どう勉強をしたら良いのでしょうか?
具体的に3ステップを紹介していきます。

ステップ1.自分の好きな洋画を英語字幕で見まくる

cinema-strip-64074_1280

日本にいながら最もネイティブの英語表現を学べるのは、間違いなく洋画です。
今のDVDやブルーレイには字幕機能が充実しているので、日本語字幕だけでなく英語字幕もほぼ100%付いていますし、おまけに1枚わずか1000~3000円くらいで買えます。
レンタルならもっと安く、TSUTAYAなどだったら100円ですみますね!

私が英語の勉強を始めたのは大学生の頃でお金がなかったので、アマゾンで中古DVDを買って勉強したものでした。DVDを選ぶ時のポイントとして、

  1. 世界観が古すぎないものを選ぶこと(英語表現が古風のものは避けましょう)
  2. ギャング系など汚い英語表現が多いものは避ける(放送禁止用語ばかり学ぶことになります)
  3. 自分とできるだけ年齢が近い主人公のものを選ぶ

これらに気をつければ、最適な洋画が見つかると思います。ちなみに私はディズニー映画の1つの『ハイスクール・ミュージカル』を1~3DVDで買って観ていました。
高校生くらいで歳もそこまでかけ離れておらず、かつ今どきのアメリカ英語が学べたのでオススメです。ビジネス的なものが良ければ、有名どころだと『ソーシャルネットワーク』などがオススメです。

また、最近だと動画配信サービスの「hulu」を使って英語学習するのも便利です。配信されている映画やドラマが英語学習にピッタリなので、楽しく英語学習を進めて行くことが出来ます。

観る映画が決まったら、次はいよいよ勉強を開始しましょう。勉強の進め方の例としては、

  1. まず最初は日本語字幕で観る
  2. ストーリーを覚えたら英語字幕で観る
  3. 英語字幕を覚えてしまうくらい繰り返して観る
  4. セリフをある程度覚えたら登場人物に重ねてセリフを口に出してみる
  5. 最終的に英語字幕なしで観て理解できるかチェックする

登場人物のセリフをノートにメモして、それを何度も何度も練習しました。
おそらく再生回数で言えば1つのDVDを100回は再生したと思います。それを3枚ほどやり続けたら、意外と英語表現がシンプルで難しい文章は少ないことが見えてくると思います。
そう思えるようになったら、英会話のためのインプットはそこそこ完了したと言って大丈夫でしょう。このレベルに達するまでに、私は半年ほどかかりました。

2.英語を一人で発音して練習してみる

ネイティブっぽい英語のインプットをしたら、次は覚えた英語を実際に発音して練習してみましょう。発音記号などを気にするよりも、洋画の主人公と同じようなイントネーション、早さで言えるように練習してみましょう。

これをこなしていると、「あ、この英文はここを強く、ここを弱く省略して発音するんだろうな」という予測ができるようになります。まずはとにかく”ネイティブっぽさ”を真似ることです。
100%正確でなくても、それだけで日本人英語からはだいぶ成長できるものです。

一人である程度練習したらオススメなのが、iPhoneのSiriに話しかけてみることです。
言語設定を英語にしておけば、こちらの発音した英文を聞き取ってくれます。そこで認識されない部分があればそこはネイティブっぽく発音できていないところなので、重点的に練習してみてください。

外国人の友達がもしいたら、発音をチェックしてもらうのも良いでしょう。インプットしたフレーズをすぐに口から出せるよう、アウトプットの練習をしていってください。

3.会話で実際に使ってみる

imasia_3136735_M

1と2でインプットとアウトプット練習ができたら、次はいよいよ実際に英会話をしてみましょう。この段階であれば英会話教室やオンライン英会話を利用しても良い練習になるでしょう。
オンライン英会話であれば月5000円ほどで英会話練習がかなりできますしオススメです。

気軽にオンライン英会話を始めたいのであれば、DMM英会話というサービスがおすすめです。最初はパッと英文が浮かんでこないことも多いかもしれませんが、失敗をして「あの時こう言っておけば良かった、次からは言えるようにしよう」と思い試行錯誤することでしか、絶対に英会話は身につきません。たくさん失敗した分、間違いなく早く成長できるようになります。

English Hackerおすすめの英会話サービス
DMM英会話の無料体験レッスンを受ける

こうやって実際に使ってみて、どんどん正確さを上げていくことで、英語を話すことが楽しくなってくるはずです。
そうしたら後は、自然と英会話を継続できますし、どんどん成長してバイリンガルのようになっていけると思います。

もちろん、それは1年から数年かけて達成できることですが、最初の1年でいかに英会話を使えるフレーズでインプットし、アウトプット練習をするかで成長の量が変わってきますので、焦らずたゆまず、コツコツ勉強しましょう。

 

以上、いかがだったでしょうか?英会話の練習はしなきゃと思いつつ、具体的にどうやってするの?と悩んでいる方、けっこういるんじゃないでしょうか。

日本にいながらでも工夫すれば英会話は必ず上達させることができますので、諦めず、長期戦だと割りきって、1つ1つレベルアップしていってください。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb 71313ea99d2ef6f1afa2c51127e3152a4c0b733f60060de53d4054ff18589e3c