TOP > 英語学習法 > 英語ネイティブがよく使う『頻度を伝える副詞』の意味の違い

2016.03.22(Tue) 英語学習法

英語ネイティブがよく使う『頻度を伝える副詞』の意味の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語で「どれくらい週に運動するの?」と聞かれた時、ちゃんと説明できますか?sometimesとかusuallyとか色々な表現がありますが、結局はどれを使えばいいのか分かりにくいですよね。そこで今回は、ひと目で分かる英語の頻度にまつわる表現を解説します!

英語で頻度を伝える副詞の違い一覧

sometimesやoftenなど、学校では「ときどき」や「しばしば」などと訳されて教わったかもしれません。ですが、結局これって週どれくらい?というのは、イメージわかないものです。

なので、頻度を表す副詞をパーセントごとに分けてみました!例えば、30%だったら、10回やったら3回くらい、という意味になります。どういう違いがあるのか、見ていきましょう。

  • 100%:always(いつも)
  • 90%:usually(ほぼいつも)
  • 80%:normally(たいていは)
  • 70%:frequently(よく)
  • 60%:often(割とよく)
  • 50%:sometimes(ときどき)
  • 30%:occasionally(たまに)
  • 10%:rarely(かなりたまに)
  • 5%:hardly ever(ほとんどしない)
  • 0%:never(全くしない)

もちろんこれら以外にもありますが、ネイティブが頻繁に使うもので言えばこの10個の副詞をおさえておけばOKです。

頻度を伝える副詞の正しい使い方

英語_パソコン_女性

質問に対して応える時

英会話などで、例えば、

How often do you use this laptop?(このノートパソコンをどれくらい使いますか?)

と聞かれた時は、シンプルに答えるだけでOKです。

  • Always.(いつもだよ)
  • Sometimes.(ときどきだよ)

副詞だけで答えればいいので、簡単です。もっと具体的に回数まで答えたい時は、こんな感じになります。

1日〜回と答える時

  • One a day(1日1回)
  • Twice a day(1日2回)

週〜回と答える時

  • Once a week(週1回)
  • Twice a week(週2回)

月〜回と答える時

  • Once a month(月一回)
  • Twice a month(月二回)

このように、”回数+(週や月の単位)”で具体的に回数を説明できます。

 

英文の中で使うとき

実際に使う時、文章の中でどう使えばいいのか一緒に解説します。とはいえ、基本的に使い方の原則はたった1つだけで、

動詞の直前に副詞を置く

これだけです。具体的に文章で見てみると、

I always use this laptop.(このノートパソコンをいつも使います)

という具合ですね。useの後ろでも、文章の最後でもなく、動詞の直前に置くのが正しい使い方です。

「たまにはこうします」と例外を伝える時

頻度を伝えた時、とはいえ「こういう日は例外で〜します」と言いたいこともあるでしょう。そういう時は、この便利なフレーズをおさえておけばOKです。さっきの例文

I always use this laptop.(このノートパソコンをいつも使います)

の後に、

But, sometimes use another Windows desktop PC.(でも、たまにウィンドウズのデスクトップPCを使うこともあります)

と、”But, +(頻度を伝える副詞)”でOK。主語もすでに言っているので、Iはもう一度言わなくても大丈夫です。

 

以上、いかがだったでしょうか?紛らわしい表現も、一覧にすればもう間違えなくなるものです。頻度を説明することは英会話やTOEICなどでもよくあるので、ぜひおさえておいてください!

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
English Hacker編集部
English Hacker編集部
English Hacker編集部チームです。英語学習に役立つ情報をお届けしています!
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ