TOP > スピーキング > 英語表現 > CMOって何のこと?英語でマーケティング用語を言ってみよう

2016.06.29(Wed) 英語表現

CMOって何のこと?英語でマーケティング用語を言ってみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい商品やサービスの企画・戦略に始まり、市場開拓や顧客との交渉など、マーケティングの仕事は広範囲に及びます。日本でもどんどん海外市場に進出している企業が増えている中、英語を使って海外へ向けたマーケティングができると就職に有利です。今回は、マーケティングに関する専門英語を詳しくご紹介します。日本語でも難しいマーケティング専門用語、英語ではどのように表現するのかおさえておきましょう。

英語でマーケティング用語を言ってみよう

英語_マーケティング

まずは基本的なマーケティング用語から

Market Research(市場調査)

We have to conduct market research to launch the new project. (新しい企画立ち上げのため、市場調査をしなければならない。)

Marketing Strategy (マーケティング戦略)

We are preparing marketing strategies to increase the profit. (売上げの向上のため、マーケティング戦略を準備しているところです。)

Profitは収益のことをさしますが、特に企業が生み出す利益(企業収益性)のことをProfitability と言います。

Analyse(分析) 

Before you launch the new campaign, it is important to analyse the market trend. (新しいキャンペーンを打ち上げる前に、市場分析を行うことが重要だ。)

マーケティングにはAnalyseが必須ですよね。Consumer (消費者)をしっかりIdentify (特定)し、Branding (販売促進)していくことが必須です。Brand image (ブランドイメージ)Brand identity  (ブランド理念)をしっかり打ち出すことが大切ですよね。

Supply – and – demand (需要と供給)もしくは、pros and cons(長所と短所)をじっくり見極め、Pricing policy (価格方針)を決定しましょう。

Advertise(広告)

Advertise our latest product on TV (TVで我が社の新製品を宣伝する。)

Promotional material (販売促進物)

The sales promotional material includes our company’s logo.

(セールス販売促進物には、当社のロゴが含まれています。)

Monitor (監視・チェック)

We will keep monitoring the trend of the market.

(引き続き市場の流れをチェックします。)

Competitor (競合相手)

The quality of our service is better than that of our competitors’.

(我々のサービスの質は競合相手のものより優れています。)

Customer review / feedback  (顧客評価/フィードバック )

We will discuss the outcome of this new promotion based on our customer reviews.

(今回の新しいキャンペーンの結果を、顧客評価に基づいて議論する。)

マーケティング用語の略語を攻略

たびたび使われるのがB2Bなどのマーケティング略語です。どれくらい知っているでしょうか。「?」とならないよう、こちらもしっかり攻略しておきましょう。

  • CMO:最高マーケティング責任者
  • B2B     Business to business 企業間取引
  • B2C   Business to consumer  企業対一般消費者
  • CPA   Cost per Action ひとつの広告にかかる費用
  • CVR  Conversion Rate 顧客転換率
  • CRM  Customer Relationship Management  顧客関係管理
  • CTR  Click Through Rate クリック率 ウェブマーケティングに欠かせません
  • KPI  Key Performance Indicator 重要業績評価指標 最近はマーケティング・セールスの会社で、スタッフの評価にKPIを取り入れている所を多く見かけます。
  • ROI   Return on Investment 投資収益率
  • SEO  Search Engine Optimization 検索エンジン最適化

SWOT analysis

マーケティング戦略には、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会), Threat(脅威)の分析が欠かせないという理論。新しいキャンペーンやプロモーションを行う前に、SWOT分析を行うことで、戦略の有益性を360度検証できる、というもの。

 

 基本的なマーケティング用語に加え、最近では新しい略語もどんどん増えてきています。流動的なマーケティング業界で、英語を使って仕事をする場合、上記の専門用語は知っておいて損はありません!

The following two tabs change content below.
Timmy

Timmy

日本の大学卒業後渡豪し、今年でシドニー在住10年目。シドニーでカレッジに通いビジネスのAdvanced Diploma を取得。現地の語学学校にてマーケティングスタッフとして勤務。 2011年に技術独立ビザのカテゴリーで永住権を取得。その際にIELTSを猛勉強し、最終的にListening 8.0, Reading 7.5, Writing 7.0, Speaking 7.0の Overall 7.5のスコアを獲得。English Hackerでは英語の発音の勉強の仕方、語学留学、海外就職などについてのコラムを執筆。
English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Timmy
Timmy
日本の大学卒業後渡豪し、今年でシドニー在住10年目。シドニーでカレッジに通いビジネスのAdvanced Diploma を取得。現地の語学学校にてマーケティングスタッフとして勤務。 2011年に技術独立ビザのカテゴリーで永住権を取得。その際にIELTSを猛勉強し、最終的にListening 8.0, Reading 7.5, Writing 7.0, Speaking 7.0の Overall 7.5のスコアを獲得。English Hackerでは英語の発音の勉強の仕方、語学留学、海外就職などについてのコラムを執筆。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ