洋楽で英語リスニング学習をするおすすめの15曲をプロが厳選

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

英語のリスニング力をアップしたいけど、市販の教材はつまらないし継続できない...好きなあの曲で英語のリスニングを洋楽でやれたら...って思っている人、多いんじゃないでしょうか。

そこで今回はTOEIC満点を持っている英語のプロが今まで聴いた洋楽は1万曲を越える中から「英語のリスニング教材としてこれはお薦めできる!」というものを厳選しました。

歌詞をそらで言えるようになるまで聴きこめばそのままリスニング力、ひいては英語力アップ間違いなしの良曲ばかりですので、ぜひチェックしていってください!

目次

 

洋楽で英語リスニングをする時のおすすめ曲まとめ

選曲のポイント

  • よく使う英語表現が使われていること
  • 英語の発音に訛りがないこと
  • 歌詞に出てくる単語に放送禁止用語や差別用語がないこと
  • 歌詞の意味が分かると楽しいもの

1.Let it go(映画アナと雪の女王)

もはや日本でも超有名で誰でも一度は聴いたことがあるであろう『アナと雪の女王』の主題歌である『Let it go』です。日本語版の歌もありますが、原曲もやはり素晴らしい歌声で聴いていてとても楽しいです。Let it goは「ありのままに」という訳をされていますが、「自分らしく生きる」というニュアンスでこの歌では使われていますね。ぜひ歌詞を追ってリスニングをしてみてください。

 

2.XO(ビヨンセ)

海外の音楽ヒットチャートにランキングしていたビヨンセの新曲、恋愛関係の英語表現がかなり多くて教科書的でないものを学びたい時にとても勉強になります。発音もアメリカ英語で綺麗なので、どんな曲なのか聴いてみてください。

 

3.Story of my life(ワン・ダイレクション)

 

日本でもNTTドコモの広告でも使われていて、『たった3年で人生は変わる』というキャッチコピーと一緒に流れていたこの曲、一度は聴いたことがあるんじゃないでしょうか。綺麗なイギリス英語な歌で、歌詞もすべてOne Directionsのメンバーの物語になっているので中身が理解できたらもっとこの曲に親しみがわくと思います。

4.Magic(コールドプレイ)

日本でもかなり有名なColdplayの新曲、シンプルな歌詞ながらリズムの良い曲です。Call it magic〜など、ネイティブがよく使う表現が歌詞になっているので、そのまま覚えてしまうくらい聴けば間違いなくリスニングや英会話に役立つでしょう。 

5.Hello Kitty(アヴリルラヴィーン)

日本でも有名なアブリル・ラビーンが独自の目線で日本のカワイイ文化について歌っている曲です。ハローキティが好きらしく、歌詞のいたるところで名前を連呼しています。なかなか洋楽で日本のことを歌っている曲はないので外国の人とカラオケなどに行く機会があったらこの曲を歌えばきっと盛り上がるんじゃないでしょうか。

6.Top of the world(カーペンターズ)



カーペンターズの名曲、Top of the worldの意味は"あなたの愛が私をtop of the world(最高の気分に)にしてくれる"という意味です。恋人の存在のおかげで天にも登る気分だ、という気持ちを表現してます。

7.Start of something new(映画ハイスクール・ミュージカル)


映画ハイスクール・ミュージカルで主人公のトロイとガブリエラが最初に一緒に歌ったこの曲。Start of something new(新しい何かの始まり)という、2人の出会いを象徴した歌詞になってます。きれいなハモリを楽しみつつ聴いてみてください。 

8.The way you are(ビリー・ジョエル)


Billy Joelの名曲、今はあまり知られていないかもしれませんがかつてはラブソングの定番曲だったこの曲。タイトルはThe way you are(あなたらしく)という意味で、don't go changing to try to please me(僕を喜ばせようと変わろうとしなくていいよ)という歌詞の通り、あるがままの恋人が好きだという歌詞になってます。

9.Won't go home without you(マルーン5)


Maroon5の名曲。Won't go home without you(君と一緒でなければ帰れない)というタイトルの通り恋人が出て行ってしまい、その後を追いかける姿を表現している曲です。Maroon5はラブソングが多いので、他にもThis loveやShe will be lovedなどもチェックしてみると良いでしょう。 

10.Wake Me Up When September Ends(グリーン・デイ)


アメリカのロックバンドGreen Dayのバラード曲。戦争に行ってしまう恋人への気持ちを歌っています。このPVの中では、9月は911の象徴として表現されているので、おそらく戦争への反対を歌った曲なのでしょう。 

11.All my loving(ビートルズ)


言わずと知れたビートルズの名曲、恋人への気持ちを歌った曲です。All my loving I will send to you(僕の愛の全てを君に)という歌詞など、シンプルながらも応用のききやすい表現がたくさんあります。ビートルズの歌詞はシンプルで分かりやすい歌詞が多いので、他にもLet it beなども良いと思います。 

12.Ordinary Girl(海外ドラマ ハンナ・モンタナ)


アメリカで人気のホームドラマ"Hanna Montana"の曲です。主人公のマイリーは普通の高校生、だけど実はスーパーアイドル、ハンナモンタナという設定で繰り広げられる喜劇がかなり面白いのですが、その中で使われる曲もまたどれも良曲ばかりです。この曲はスーパーアイドルじゃなくても普通の子(=ordinary girl)にもチャンスがいっぱいある、ということを言っています。"And I still want to believe anything can happen in this world for an ordinary girl"(全ての"普通の"女の子にも同じようなチャンスがあるって信じてる)という歌詞がお気に入りです。 

13.Nobody will love you like I do(スティービー・ホアン)

 Stevie Woangのラブソング。Nobody will love you like I do(僕よりあなたを愛してる人はいない)という、なんとも英語圏のラブソングらしい歌詞になってます。シンプルな歌詞で分かりやすいのでオススメです。

14.Someone like you(アデル)


イギリスのポップシンガーAdeleの名曲。別れた恋人への気持ちを表現した歌です。"Never mind I'll find someone like you"(あなたのような人をきっと見つけてみせるわ)という歌詞からも分かるように、悲しくも強く生きる気持ちを歌ってます。英語の失恋ソングの定番曲です。 

15.Bad day(ダニエル・パウター)


Daniel Powterの名曲、"ツイてない日の応援歌"として日本でも流行ってました。sing a sad song just to turn it around(悲しい歌を歌うのは何とか前向きになるためさ)という歌詞のように、落ち込んでいる時に聴くと元気をもらえそうな曲です。 


16.Roar(ケイティ・ペリー)

fireworksなどの曲で日本でも人気になったKaty Perryの新曲、roar(雄叫び)というタイトルの通り、落ち込んだりしても立ち上がろう!という内容を歌っています。"I got the eye of the tiger, a fighter, dancing through the fire"などサビの部分の歌詞が英語らしい韻を踏んでいるのと、ボキャブラリーも標準的であり、歌詞がわかると元気をもらえる一曲です。 

17.Rock N Roll(アヴリルラヴィーン)

日本でも有名なアヴリルラヴィーンの新曲、彼女らしいアクティブな一曲です。mother f◯ckingなど相変わらずちょくちょく放送禁止用語を入れてくるのも相変わらずの特徴ですが、misfits(はみ出し者)など教科書ではあまり学べないけどよく使われる若者らしい英語もあるので、アメリカの若者文化を勉強する意味でも聴いておきたい曲です。  

18. Say You're Just A Friend(オースティン・マホーン)

歌手オースティン・マホーンの曲です。日本での認知はまだあまり高くありませんが、人気が高まってきているので日本でメジャーになるのもそう遠くないかもしれません。この曲は友達だけど気になるあの子を歌ったもので、ティーンの子の心境をよく表しています。 

19.Because We Can(ボン・ジョヴィ)

ロックバンドで超有名なボン・ジョビの新曲、タイトルの通り『俺たちなら出来る』ということを歌っている曲です。ロックバンドの歌詞によく観られる ain't = am not, are not 省略語も教科書では学べない表現ですので、洋楽ならではで学べる表現です。あまりフォーマルな場では使いませんが、ネイティブが歌でよく使うので知っておきましょう。

 

20.Mirrors(ジャスティン・ティンバーレイク)

ジャスティン・ティンバーレイクの曲、自分を映す鏡のような人について歌っている曲です。やや語彙や熟語はレベルが高めですが、非常によく使われる表現が多いので勉強になることが多いでしょう。

 

新しい英語の知識は英会話で実際に使うことが大切

英会話の新しい知識を覚えても、実際に英会話で使う練習をしなければ知識が定着せず忘れてしまいます。そうなると、せっかくの勉強も意味がありません。

日本にいながらでも英会話の実践的な練習をする方法として、

  1. オンライン英会話
  2. スマートフォンのアプリ

これらを活用して勉強することをおすすめします。特におすすめのオンライン英会話2つとスマートフォンのアプリがありますので、どちらかを使ってみてください。

まずは無料体験で実際にサービスを使ってみて、自分がより楽しく英会話の勉強ができそうな方を選ぶのがおすすめです。

プロがおすすめするオンライン英会話

レアジョブ英会話

94d6ea7e 04bb 4a18 8ce4 7496abf9e648
総合ランキング
3位
おすすめ度
★★★★☆
顧客満足度No.1のオンライン英会話
レッスン時間 6:00〜25:00 レッスン内容 日常英会話
講師の国籍 フィリピン 日本語サポート あり

DMM英会話

Cb063ec5 50a4 42be 8bf7 2333c4a60752
総合ランキング
2位
おすすめ度
★★★★★
サービス満足度No.1のオンライン英会話
レッスン時間 24時間 レッスン内容 日常英会話
講師 英語ネイティブ、フィリピン人 学習サポート 英単語アプリiKnow!利用無料

プロがおすすめする英語学習アプリ

スタディサプリENGLISH 日常英会話コース

F8da6f2e 7d88 4daf 83ee 91e2db6da7ee
総合ランキング
1位
おすすめ度
★★★★★
月980円から使い放題の人気No.1英会話アプリ
料金 980円 学習内容 日常・旅行英会話
特徴 ストーリー形式コンテンツで学習 機能 ディクテーション・内容理解クイズ

洋楽を使ったおすすめ英語リスニング勉強法

勉強法1:まず1曲を通して聴いてみる

リスニング力を試してみたければ音だけ、聴き取れない所が多い人は歌詞を読みながらまずは1曲をしっかり聴いてみましょう!歌詞をしっかり追えるようになるまで5,6回はリピートしてみてください。そのうち次のフレーズの歌詞が頭に浮かんでくるようになるはずです。何曲も適当に聴くよりは、1曲をしっかり聴いてみてください。

勉強法2:日本語の意味と照らしあわせて聴いてみる

歌詞を追えるようになったら日本語の意味はどうなっているのかを意識してみましょう。もし難しくて分からない箇所があればGoogle検索で「(歌のタイトル) 日本語 意味」などとググってみてください。メジャーな曲ばかりなので、解説がたくさん見つかるはずです。また、この段階で分からない単語やフレーズは辞書を引いてチェックしておきましょう。覚えてしまって使わないレベルの語彙は登場しないので、丸ごと覚えてしまうくらいで大丈夫です。きっと語彙力がアップしていくはずです。

勉強法3:最終的には歌詞ごと覚えてしまう

日本語の歌でもそうですが、好きな歌って歌詞ごと覚えてしまうことってありますよね。同じ要領で、歌詞全部を覚えてしまうくらい聴きこみましょう。1曲でもいいので覚えてしまうと、明らかに英語のフレーズの引き出しが増えていることに気付くと思いますし、こういう地道な積み重ねが英会話などでもきっと役立ちます。カラオケに行った時に歌詞を見ないで歌えるくらいになったらしめたもの。

なぜ洋楽で英語を学ぶのことが効果的なのか?

洋楽リスニングが英語を学ぶのに役立つ6つの理由&勉強法まとめ1

1.音楽は言語能力を上げる

音楽が第ニ言語習得の助けとなる科学的根拠がたくさんあります。洋楽を聴くことによって、リスニング、文法、スペリング、口語表現など覚えられます。

洋楽を英語学習に取り入れて先人たち:小林克也氏、アーティストのKnaanなどがいらっしゃいますし、OECDが1990年以降の研究成果をまとめ、『脳からみた学習――新しい学習科学の誕生』の中でも「音楽は言語能力や 論理能力を高める可能性がある」と述べられております。

2.音楽は脳科学的に良い教材

医学博士の加藤 俊徳氏によると、 絶対にNGな教材選びは、「興味のないトピック(話題)」の英文で勉強することだと言います。脳は、自分が興味のある情報に対しては、脳の伝達系脳番地が非常によく働くからです。つまり、脳は「その情報を聞きたい、読みたい状態」ときに、もっとも学習効果が高くなるのです。

リスニングやリーディング練習の際、面白いと思える教材「だけ」を徹底的に見ることを心がけるようアドバイスをされております。興味がないと感じてしまうと、脳のリスニング力やリーディング力がとたんに落ちてしまうとのこと。また、興味があるジャンルというのは、それだけ「背景知識」も豊富りますし、好きなジャンルで学ぶときに脳番地は強く活性化するとのことです。私自身、洋楽の歌詞に対する強い興味により、英語を克服し、TOEICで900点を達成し、英語で仕事ができる程度になりました。

3.発音が改善される=リスニング力が上がる

人の脳は自分で発音できない音は聞き取ることが出来ません。発音できない音は、雑音として処理されてしますので、正しい発音を覚える必要があります。私も発音を習得したことにより、学生時代にTOEIC560⇒TOEIC830へスコアUPした経験があります。洋楽を聞くこと歌うことで、英語のリズム、発音、イントネーション、アクセントなどを改善させることが可能です。

4.音楽を使えば英語の記憶能力を高められる

メロディーを聞けば自然と口ずさめる歌があるように、音楽と記憶力には深い関係があります。トラックとリリックスは人間の感情に大きく影響を与え、頭の中で好きな曲がリピートされているときがあります。

好きな洋楽の歌詞を集中して聞いていると、その歌詞に使われているボキャブラリーや文法・表現が自然と覚えられ、深く記憶に刻まれます。ラブ・ソングなどその時の自分のモードや状況によって共感できる曲は自分の感情と共に深くその曲の歌詞を記憶することができます。

また、映画を見るより音楽を聞くことを勧めるのは、音楽を聞くことの方が反復性が高いからです。音楽はスマホがあれば、いつでもどこでも聞くことができます。音楽は間隔反復を実行しやい教材となります。

間隔反復は、学習内容を記憶に刻むための記憶術として実証されている方法です。やり方は、学習した単語やフレーズを、間隔を開けて繰り返すこと。曲を間隔は短めに開けて繰り返し聞き続けることで、間隔が開いてしまっても、記憶が保持されます。

5.洋楽の歌詞は高度で実用的な英文を習得できる

洋楽の歌詞にはスラングが使われていたり、文法的に正しくない歌詞が多く使われているイメージがある方がいると思いますが、実際、ヒット曲の多くには文法的に高度で正しく、ネイティブが日常生活で使う実用的な表現が多く使われています。

Bruno MarsやTaylor Swiftの歌詞で関係代名詞や過去完了を覚えられますし、それらの知識はTOEICやビジネスの現場で大いに応用可能です。

6.第二言語習得学(SLA)に基づいた学習ができる

日本の英語教育に欠けているのが音声学習中心の学習方法です。言語は、文字より先に音が来ます。「英語を声に出す」「英語を聞く」という音声学習中心のアプローチは、言葉を学ぶうえで本当に必須なプロセスであり、日本の英語教育現場で大きく欠けていることだと思います。

第二言語習得学・SLA(Second Language Acquisition)が推奨する「興味があり意味の分かる英語=洋楽」の大量音声インプットをする。そして、一緒に口ずさむ・歌うことによって音を聴く → 理解する → 声に出す → 聴く(耳) → 理解する(脳) → 声に出す(口)とひたすらループさせていくこと(音声ループ・Speech Chain)が、英語専用の言語中枢をつくります。またTOEIC高得点獲得者ほど声に出して英語を学習しているのです。

 

洋楽で英語を勉強するときの5つのポイント

洋楽リスニングが英語を学ぶのに役立つ6つの理由&勉強法まとめ

必要な道具はスマートフォンとヘッドフォンorイヤフォンだけ。自分の好きな音楽を見つけ、英語を聞いて声に出す習慣を身につけるポイントをまとめました。

1. 適切な場所で洋楽ヒット曲を探す

最初は洋楽を好きになるため、本当に好きな曲と出会い歌詞の意味を知りたいと思えるような曲に出会うことが大事です。第二言語習得(SLA)でも「興味のある英語の大量インプット」が効果的としています。

私がおススメする曲の調べ方は全米トップチャート(Billboard)のアプリをスマホにダウンロードし毎週Billboard Hot100(全米総合シングルチャー)をチェックすることです。トップ10を毎週チェックしていれば、必ず大好きな曲、感動する曲、心を打たれる曲、元気な気分になれる曲に出会えるはずです。

Billboard Chart App

2. 曲を手に入れる(ダウンロードする)

Billboardで興味のある曲を見つけたら、それらをYouTubeで聞いてみると良いです。視聴し良ければiTunesストアで購入してスマホで何時でもどこでも聴ける環境をつくります。iTunesで曲を手に入れれば、曲をプレイしながらWeb上で歌詞を見ることができきます。(最近では、歌詞を表示しながら聞けるアプリや、iTune以外でダウンロードできる方法がありますが、それらは別記事で特集させていただきます)

3. 歌詞(Lyrics)をゲットする

歌詞カードを見て答え合わせをするように、「こういう内容だったのか」と理解しながら聴いてみることが大事です。第二言語習得(SLA)が推奨する「興味のある英語の大量インプット」のみではなく「興味があり、かつ意味の分かる英語の大量インプット」を実行します。「AZ Lyrics」や「Metro Lyrics」などの歌詞サイトもありますし、Google検索で「曲名 歌手名 Lyrics」でGoogle検索すれば、ほぼすべての曲の歌詞が検索できます。

4. Sing along(一緒に歌う)

日本人の英語学習で大きくかけていることの一つが英語を声に出すことです。バイリンガル・TOECI高得点者などの語学の達人たちは、英語を自然に声に出す習慣が身についていおります。

声に出すことで言語中枢がつくられることを経験でわかっています。声に出す目的は音声ループ(Speech Chain)を回すためです。英語中枢をつくるための音声ループ(聴く → 理解 → 歌う → 聴く)と意味のわかる音を聴いたら、次に口に出すことによって音をループさせ、再度、自分で発した音を耳 → 脳へループさせる。音声ループを大人が意識的回すことで幼児が言葉を覚える過程と同じ環境を作れます。

5. 繰りかえす Periodically review.

聴く → 理解する → 声に出す → 聴く(耳) → 理解する(脳) → 声に出す(口) を繰り返すことで「興味・意味の分かる英語」を大量インプットし英語脳の基礎をつくる。そして興味があり意味の分かる英語=洋楽を歌うことで、英語を耳 → 脳 → 口 → 耳...点とひたすらループさせていくことが、英語専用の言語中枢をつくりあげます。

洋楽がたくさん聴けるおすすめ音楽アプリ

洋楽を聴くときのおすすめアプリを紹介します。どのサービスも洋楽が豊富に揃っていて、かつ歌詞(Lyrics)が表示されるので洋楽でリスニングの勉強するのにうってつけです。

Apple Music


Apple社が提供している音楽ストリーミングサービスです。日本はiPhoneユーザーが多いので、Apple Musicはなじみやすく、曲数も多いのでおすすめです。歌詞もワンタップで表示されるので、英語リスニングとしてはもちろん、日常生活でも音楽を楽しめます。

洋楽の歌詞当てゲームができる『LyricsTraining』

lyricstraining

LyricsTrainingでは、YouTubeにある洋楽の中から好きな曲を選び、その曲の歌詞を聴きとるクイズでリスニングの勉強ができるサイトです。本ブログでもこれまで洋楽でリスニングする勉強法はよく紹介してきましたが、このサイトがあることで

  1. 必要だった歌詞を確認する手間が必要なくなる
  2. クイズ形式なので聴き取れていない箇所が明確になる
  3. レベル別に自分に合った難易度でリスニングクイズに挑める

といったメリットがあり、洋楽リスニングがより快適に楽しくなること間違いなしのサービスです。洋楽でリスニングの勉強をしたことがある人であればぜひオススメしたい超良質サービスなので、ぜひ実際に使ってみてください。 

LyricsTrainingの使い方

1.好きな曲を選ぶ

lyricstraining1

サイトTOPには検索バーがあり好きな曲を検索できるほか、最近人気の洋楽が紹介されているのでこの中から好きな曲を選ぶのも良いでしょう。今回は日本でもかなり有名な『アナと雪の女王』である『Let it go』を選んでみました。

 

 2.音楽を聴きながら歌詞を聴きとる

lyricstraining3

『Play now』ボタンを押すと難易度を選択する画面になります。難易度によってクイズで穴埋めになっている量が変わってきて、

  • Beginner(初級):歌詞の10%
  • Intermediate(中級):歌詞の25%
  • Advanced(上級):歌詞の50%
  • Expert(超上級):歌詞のすべて

といった具合に分かれています。自信がない人はBeginnerを、自信がある人や知っている曲がある方は難しい難易度でチャレンジしてみるのも良いでしょう。いずれにしろ、ゲーム感覚で気軽に選んでみてください。曲が始まるとクイズが始まり、歌詞の一部または全てが穴埋め形式で出題されるので、該当する歌詞をタイピングして進めていきます。

 

3.制限時間に回答をタイプして曲を最後まで聴けたらクリア

lyricstraining2

途中で聴き取れなかったら左下にある矢印ボタンを押せば巻き戻すことができますので、制限時間内に頑張って歌詞を聴きとってみてください。タイプミスをすると時間が減っていき、正しく回答できると得点が増えていきます。曲を最後まで通して聴けたらクリアとなります。1回でクリアするのは難しいかもしれませんが、分からない単語を調べつつでもいいのでぜひ最後まで聴き取れる曲を増やしていってください。

 洋楽リスニングは好きな曲で英語リスニングができる楽しい勉強法ですが、歌詞を調べる手間などもあり面倒なことも多かったと思いますが、どこからでも楽し歌詞当てゲームでリスニングの勉強ができます。これだけの機能が全て無料で使えますので、ぜひ試してみてください。

終わりに:プロが選ぶ英会話おすすめ教材

また、こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できるオンライン英会話をおすすめしています。オンライン英会話についてもっと知りたい方は、こちらのオンライン英会話・勉強法ガイドをご覧ください。

おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

効率よくスコアアップするためには、リーディングとリスニングが同時に勉強できるTOEIC対策アプリを利用するのがおすすめです。

特に、TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

プロがおすすめする英語学習の教材
F4b61241 50d2 4877 a756 18c6872cb324
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
4b07ba80 dd33 403a 829a 4b66fae1da9a
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー