英字新聞が無料で読める!情報収集しつつ英語リーディングができるサイト5選

  • TOEIC対策

情報収集のツールとして新聞は欠かせないと思いますが、日頃いつも新聞を読むように英語新聞を読めたらいいなぁ…なんて思ったこと、ないでしょうか。日本で発行されている新聞の多くは実は、英語で翻訳されたものが公開されていることが多いんです。そこで今回は、日本の新聞の内容を英語で情報発信しているサイトを5つまとめてみました。

情報収集しつつ英語リーディングができるサイト5選

1.Mainichi English

English - 毎日新聞

こちらは毎日新聞の英語版で、レイアウトがシンプルで読みやすくその日あった出来事が追いやすいです。日本語版のサイトとレイアウトが同じなので、どの記事が翻訳されているのかも分かりやすいので英語学習にうってつけです。

2.朝日新聞DIGITAL

English:The Asahi Shimbun Digital

こちらもその名の通り、朝日新聞の英語版です。こちらは英語版と日本語版でやや記事が異なりますが、どういった違いがあるのか分かるまで読んでみると英語力がいつのまにかアップしているでしょう。

3. NIKKEI ASIA REVIEW

NIKKEI ASIAN REVIEW

日経新聞の英語版で、こちらは日本語版の翻訳というよりは外国目線で見た日本のことについて書かれていることが多いです。日本のメディアにはない目線で書かれた記事もとても面白く、常識だと思ってたことが意外にも世界では非常識であることも多いので、見聞を広める意味でも効果的です。

 

4.NHK World

NHK WORLD - English

NHKの英語版ですが、日本の記事のみだけでなく世界で起きた出来事について英語で書かれています。英語の勉強をしつつ日本だけでなく世界情勢を知り合い時などはこちらのサイトがオススメです。

5.The Japan Times

The Japan Times - News on Japan, Business News, Opinion, Sports, Entertainment and More

こちらは世界情勢を日本在住の外国人に向けて解説しているサイトで、内容は海外目線のものが多いです。海外ニュースサイトを見るのに近い感覚で記事を読むと良いでしょう。内容は難しすぎず読みやすいので初中級者の方でも安心して読めるのが嬉しいところです。

 

◆日本語の記事と一緒に読むと楽手効果がアップするのでオススメ

英字新聞は英語のリーディング練習がたくさん出来るという意味でもちろん有用なのですが、これを日本語の記事とセットで読むと更に英語力がアップしやすくなりオススメです。英語で書かれた元の日本語の記事がどんな文章なのかを参照すると、ネイティブがこうやって英語に翻訳するのだというコツを掴めますのでネイティブっぽい感覚を磨くのにうってつけです

The Japan Timesのみ外国人向けなので日本語版がありませんが
※The Japan Newsにも日本語版があるそうですので追加しました
上記の新聞は日本人向けなので日本語版はもちろん、英語版と一緒に読んでいくことで情報収集もできて英語の勉強にもなり、まさに一石二鳥です。リーディングの学習教材がつまらない、続かないという方は日頃の習慣でしていることの中に英語が混ざるよにすると継続しやすいでしょう。

 

以上、いかがでしょうか?意外にも日本の新聞も英語版で多くの記事を発信していますので、知らなかった方はこれを機にぜひそれぞれチェックしてみてください!

 

photo credit: Peter Kaminski via photopin cc

この記事が気に入ったらシェアしよう