TOEICのリーディングで高得点を確実に取る為の攻略法と勉強の仕方

  • TOEIC対策
  • TOEICリーディング

TOEICは英語を勉強している方なら、一度は受けたことがあるのではないでしょうか。皆さんがご存知の通り、今や企業の採用基準にもなり得る程、名の知れた英語の試験です。職業によっては、高得点が必須、また昇進、昇給の条件にもなり得ます。

ここまで聞くと何か堅苦しい印象を受けるTOEICですが、決して実生活からかけ離れたテストではありません。むしろ、実際のコミュニケーションで必要とされる英語能力を評価するために作られたテストなので、英語を話せる様になるために勉強している方にとっては、とても為になるテストとも言えます。

そんなTOEICですが、リスニングは45分で100問、リーディングは75分で100問ととても長丁場のテストになります。ここでは、リーディングパートに絞って、どのように勉強すれば問題が早く確実に解ける様になるのかをご紹介します。

TOEICで高得点を取るための各パートの攻略法


はじめに準備するもの

TOEICの問題集(200問通して勉強できる模試形式のもの)を用意して、マークシートを何回も使えるようにコピーしましょう。シャーペンもしくは鉛筆と消しゴム、あとはスマホのストップウォッチをスタンバイさせます。練習は必ずマークシートで行う様にしてください。どれだけ本番に近づけていつも勉強できるかがポイントです。本番は冗談抜きで1分1秒の戦いです。

また、Part毎にかけられる比率を頭に入れてから解くようにして下さい。Part5の短文穴埋め問題は一問30秒、計20分、Part6の長文穴埋め問題は同じく一問30秒、計6分、最後のPart7の読解問題は一問60秒、計48分を目安にして、自分のベストの比率を生み出していくようにしましょう。

TOEIC Part5の攻略法

ここは時間との勝負です。後ろの読解問題にいかに時間を残せるかはここにかかっています。しかし、問題数も40問と多いので、確実に正解して得点をあげたいところでもあります。まず、このパートは文法問題もしくは語彙問題の2つに分かれます。

文法問題は似通った選択肢の中から空所前後を見て答えを導き出します。語彙問題は、同じ品詞で異なる単語が並んでいる中から最適なものを選びます。文法問題ですが、ここで点数が取れない人は文型が頭に入ってない可能性があります。文章を見て瞬時にSVOCを見分けられる力を養ってください。ちなみに文型は中学で習う第五文型までで充分です。参考書等を見直して、復習しましょう。

語彙問題はこれは知っているか知っていないかの問題なので、練習時にわからないものがあればラッキーです。後々の読解問題等もそうですが、分からなかった単語は書き出して自分だけの単語集を作る様にしましょう。

TOEIC Part6の攻略法

長文穴埋め問題は、Part5の様に空所前後だけ見ても分からない可能性があります。分からない単語は無視して文脈を捉えられる様にできるといいですね。尚、E-mailや手紙などが出題されるのですが、文脈を捉えて問題を解く為にも問題に関係のない、穴埋めのない文章も読む必要があります。

あまりにサラサラ読んでしまって文章の流れを理解していないと、例えば最後の穴埋めで文章の一番最初が空欄になっている時に、どの単語を入れれば繋がるのかが分からなくて、また最初から読まなければと焦る羽目になりますので、文章の繋がりを意識しながら読む様にしてください。

TOEIC Part7の攻略法

一番の難関の長文読解です。ここはさらに2つのパートに分けられます。一つの文章について問題を解くという問題が28問、2つの文書から問題を解くという問題が20問です。特に2つの文書から問題を解く方は、質問の答えが本文中に上から順番に書いてなかったりするので、一番の難関とも言えます。ここで時間が使える様に、Part5とPart6は一問30秒で設定してあります。まず理想的な解き方をご紹介します。

  1. タイトルを読む
  2.  質問を全て読む
  3. 本文を読む
  4. 答えが出てきた質問からその都度解いていく

2の“質問を読むですが、質問のみを読んでください。選択肢の答えまで読んでいると時間がかかりすぎるのと、情報量が多すぎるので逆に答えが本文から探しにくくなります。また4の“答えが出てきた質問からその都度解いていくですが、これをすることによって、本文をいったりきたりする手間をはぶき、また正当性も格段にあがります。

Part7は確かに時間がかかりますし、終盤なのでスタミナも尽きてきています。しかし、時間がかけれる分、正当性を高めて確実に得点を稼げるところでもあるのです。

模試形式の問題が終わったら毎回自己分析をする

問題を解いている最中に測った各パートの時間を書き出して、どこが縮められたか、なぜここに時間がかかったのかを分析して専用ノートにコメントにして残してください。自分の弱点がわかります。

また、分からなかった単語はこの専用ノートに答え合わせをしながら書き出す様にしましょう。TOEICの単語帳を買う必要はありません。自分で自分が分からなかった単語だけを集めた単語集を作ってください。

また、上級者編として、分からなかった単語の意味を日本語で書くのではなく、同義語の英語で書いて見てください。(inhale=breathe in)など。これをすることによって、英語を話すときにいちいち日本語の回路に戻る必要がなくなります。英語を英語で考えて英語で覚える。これを繰り返すことによって、英語を考えずに話せることに繋がっていきます。

新たな模試問題を解く前には必ずこのノートで今まで出てきた単語の復習をしてから解く様にして下さい。

TOEICは勉強次第で確実に点数を伸ばせる

闇雲に勉強するよりも、一度このスタイルに当てはめて勉強をしてみてください。確実に自分の成長を感じることが出来るのでお勧めです。TOEICで高得点を取って、更なる飛躍に繋げましょう。ちなみに、本番の試験では他の人がいる中で集中力を発揮しないといけないので、いつも静かな自分だけの環境でするよりは、図書館など他に人がいる中で勉強した方がより本番に近いです。是非試してみてくださいね。

独学迷走するのはもう終わり!効率的なTOEIC対策を

English Hacker Campでは、TOEIC満点のプロがあなたにぴったりな教材を選ぶので、効率的な単語学習ができます。週二回のテスト、専任コーチの解説で、一人て参考書とにらめっこするよりも記憶に定着しやすいのが、コーチングを利用した単語学習の最大のメリットです。TOEIC対策をどこから初めて良いかわからないとてお悩みの方はぜひ無料カウンセリングに一度お申し込みください♫

TOEICの各パート対策記事

この記事が気に入ったらシェアしよう