自宅でできる英語試験【CASEC】の特徴と受験対策まとめ

にゃんまる

うーんTOEIC初めて受ける前に力試ししたいけど・・・

エリカ

TOEIC高くなっちゃったもんね。CASEC受けてみたらどうかな?

CASEC(キャセック)とは、日本英語検定協会が開発した、パソコンさえあればいつでも受験できる【英語コミュニケーション能力判定テスト】です。

10月3日のTOEICテストから料金が2000円近く高くなったということで目標スコアの前に自分のレベルを知りたくても何度も受けるのは高いと思っている人も、CASECで自分の今の英語力を確かられますよ。

この記事を書いてる人
ロズ
エリカ

ブロガー兼フリーランスの翻訳家。英検1級、TOEIC950点。
高校時代にミネソタへ1年間留学後、アメリカのロングビーチ大学卒。

日本に帰国後は、英語の家庭教師や翻訳の仕事などに携わる。
野良猫を頻繁に拾ってきて家族に怒られる。料理が得意。とにかく英語と猫が好き。

英検とTOEICスコア。顔と名字は隠してます!
にゃんまる

【すしざんまい】の店の前でエリカに保護されてから、ずっと居候中。

英語に興味があるけれど、なかなか本腰入れて頑張れないダメな猫。
好物はチュールとお刺身。

目次

CASEC(キャセック)の特徴

CASECはオンラインでいつでも受験ができる

CASECは、インターネット環境があれば24時間いつでも自由に受験ができることが特徴です。なので会場に出向く必要がなく、自宅ですぐに自分の実力チェックを出来ます。

リスニングの問題があるので、ヘッドフォン、イヤホンの準備をするか、静かな場所で受験してください。

公式サイトに受験環境チェックできるページがあるので、自分のパソコンで受験可能か不安な方はチェックしてみてください。

CASECが受験可能かチェックしたい方はこちら

日本語OSTのパソコンを持っていれば海外での受験も可能です。

CASECは短時間で受けられる

CASECのもう一つの特徴は、TOEICのIPテストのような感じで試験時間が短いことです。平均の試験時間は40分~50分。しかしTOEIC IPテストだと、個人では受験できないのが難点です。

一問あたりの目安時間が表示されますが、解答時間の長さは点数に影響しないので時間をかけて解くことが出来ます。

もし全ての問題で回答時間を制限時間いっぱい使うと80分程度になるので、ある程度余裕を持ってテストを受けることをおすすめします。

CASECは解答の正答率によって問題が変化する

普通のテストは違うので測定精度が高い

CASECのテストは、学校で受けるような正答率を元にした点数ではありません。学校のテストでは10問中9問正解すると90点というような計算方法になります。なので正解した問題が多ければ高得点、少なければ点数が下がります。

CASECのテストは、解答の正解・不正解に合わせて問題が変化していきます。なので正解すると難易度があがり、不正解だと易しめの問題が出てきます。

CASECの点数の出し方

問題の難易度と、正解不正解のパターンを元にして受験者が安定して正解できるすれすれのラインを推定して、スコア換算しています。

視力検査のように、見えるといえばどんどん難しくなり、見えないと言えば同じレベルで違う形もしくはもう少し大きいものを出されるという感じになります。

CASECは英語レベル関係なく受けることが出来る

上で説明したように、自分が解ける問題解けない問題に対応して次の問題が変化していくので、英語初心者から上級者までレベル関係なく受験が可能です。

TOEICなどの前に自分の実力を測ってみたい人には最適だと思います。

CASECは紙の結果を待たずTOEICや英検級の目安をすぐ表示してくれる

コンピューターを利用しての受験なので、その場で採点され、テスト修了後にスコアが表示されます。各セクションの点数と、語彙力・表現力・聴解力の評価とアドバイス、そしてTOEIC,英検、TOEFLの目安スコアがレポートに含まれます。あとでレポートを確認することも出来ます。

詳細なスコアレポートもあるので、総合的なコミュニケーションレベルと各セクションの英語レベルを詳しく診断してくれます。今後の学習に対するアドバイスも各部門に分かれて書いてあるので、どこを重点的に学習すればいいか分かります。

履歴書貼付用スコアがある

履歴書に添付できるように、履歴書貼付用スコアも表示されます。プリントアウトして就職活動などに使うことが出来ます。

CASECの流れ

CASECの問題数・点数・時間

問題数と各セクションの点数

CASECの問題数はセクション1,2が16問ずつ、セクション3が17問、セクション4が11問の合計60問です。

1つのセクションが250点満点で、CASECのテストは1000点が満点です。

テスト時間

テスト時間は平均40~50分です。セクション1と3は解答時間が1問60秒、セクション2は解答時間が1問90秒、セクション4は解答時間が120秒です。

全ての回答時間を使って回答すると80分になります。

CASECの4セクションについて

セクション1 ボキャブラリー

4択問題のリーディングセクションです。日常生活・学校生活・ビジネスの場などで実際によく使われている語いの知識を測定します。

セクション2 英語表現知識

4択問題のリーディングセクションです。日常生活・学校生活・ビジネスの場で、実際によく使われているイディオムや英語表現の知識と使い方を測定します。

セクション3 理解能力

4択問題のリスニングセクションです。日常生活・学校生活・ビジネスの場などで行われる会話やニュース、放送などの音声を聞き、内容の意味を理解する能力を測定します。

セクション4

書き取りを行うリスニングセクションです。日常生活・学校生活・ビジネスの場などで行われる会話の情報から、具体的な情報を聞き取る能力を測定します。

ここでは実際にディクテーションとして、英単語を入力する必要があります。

実際の受験と同じ形式で、CASECテスト体験することも出来ます。
CASECガイドツアーはこちらから

コミュニケーションに不可欠な英語の語いや表現が問われる

CASECの問題は学校・ビジネス・公共・旅行・娯楽の5つの場面が多く含まれています。コミュニケーションに不可欠なボキャブラリーや英語表現が多くでてくるので、実際に使える英語力がどれくらいなのかを確かめることが出来ます。

CASECの対策としては、自分の次目指している英検級の参考書や、TOEICの参考書などが役に立ちます。リスニングのスクリプトはリーディングにも役に立つので、リスニングに出てきてわからない単語を調べたり、会話文などを声に出して読んでみてください。ネット上にも英検頻出単語一覧や会話文があるので、ぜひそちらも利用してみてください。

CASECのチケット購入と受験方法

新規申込みの場合はスタギアに登録

新規に申し込みを行う場合は、スタギアのサイトに登録する必要があります。ステップに沿ってアカウントを作成して、まずはスタギアにログインします。

スタギアのサイトからチケットを購入

上のバーにある【商品一覧】をクリックするとチケットを購入できるので、CASECのチケットを買います。チケットは受ける回数に応じて1回分から4回分まであります。1回の料金が3,667円(税込)で回数が増えると値段が安くなっていきます。

支払い方法はクレジットカードかコンビニ払い(ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・セイコーマート)のみ出来ます。

スタギアプライム会員に登録するとお得にチケットが買える

毎月料金500円(税込)に入ると(最初の30日間は無料)、1回分 約50%オフ、2回分パック 約55%オフ、3回分パック 約60%オフ、4回分パック 約65%オフの割引が受けられます。1回分を買うだけでももとが取れるようになっています。

チケット購入後

チケットを購入したあとは、【アカウント情報】をクリックしたあとに、【ご利用中のサービス】をクリックして選択します。すると購入したパッケージがでてくるので、購入したパッケージのボタンをクリックします。

ここで、CASECのサイトに飛ぶのでスタギアサイトのログイン情報を入力して進むとCASECの受験マイページが表示されます。

受験する準備が整ったら、【受験する】ボタンをクリックして試験を開始します。

2021年6月29日以前にCASECに登録した人

2021年6月29日以前に登録している人は、CASECの公式ホームページからログインして購入・受験をする必要があります。

TOEICを受けたい人はCASECも受けたほうがいい?

TOEICスコアの目安がわかる

CASECは、日常生活全般に基づいた英会話や文の読み取り・聞き取りなどのコミュニケーション能力をはかるテストです。試験の結果には、TOEICの目安スコアが分かります。内容もTOEICに似ているので、自分が今TOEICでどれくらいのレベルなのか確かめたい場合は、TOEICより安く気軽に受けられるCASECで確かめることをおすすめします。

CASECはTOEICの半額以下で受けられる

受験料はチケット1枚3,667円(税込)/回で、TOEICに比べて約3,000円ほど安い値段で受験することが出来ます。スタギアのプレミアム会員になるとその半額で受けられるので、実際にはTOEICよりもかなり安い料金で受験が可能です。

TOEICのスコア目安がわかるので、TOEICを前に受けてから時間が立っている人や、初めて受ける人は、CASECを受けて目安スコアに合わせてTOEIC対策を行うと効率的です。

試験後にすぐ結果が見られる

TOEICの目安スコアが分かるといっても、結果が出るまでに何週間もかかるのでは意味がありません。CASECは試験の後すぐに結果が表示されるので、郵送されるまで待つ必要がありません。受けてその後から目安スコアに合わせてTOEIC対策を始めることが出来ます。

にゃんまる

待てないボクにぴったりだねぇ

自分の英語力の弱点が分かる

詳細なスコアレポートがすぐに見られるのも魅力です。こちらも受験修了後に表示されるスコアと同じで、受験修了後からすぐ見ることが出来ます。右下にある、スコアレポートをクリックすると今の自分が4つのセクション別にどの程度の英語レベルなのかを示してくれます。

総合的なレベルやこれからの学習のアドバイスなども表示されるので、次の他の資格試験に向けての学習に役立てることが出来ます。

エリカ

アドバイスがあると今後に活かせますね

TOEIC前の腕試しに最適

ということで、CASECは今の自分の英語力をはかるテストとしてとても優秀です。問題の精度だけでなく、結果が出るのが受験直後なので細かいレポートを何週間も待つ必要もありません。CASECのテストでTOEICの対策に向けて実力をはかってみてはどうでしょうか。

にゃんまる

まずは実力を確かめてから対策したら効率的!

CASEC受験対策・準備

ガイドツアーでCASEC受験の環境・回答方法などを確認!

英検やTOEICなどの普通のテストなら、試験説明を試験官が行う時間があるので自分で調べる必要はありません。しかしどこでも受験が可能なCASECはパソコン必須で、入力する回答もあるので、環境を確かめたり、問題の入力方法を事前に確認しておくとよりスムーズに受験できます。

ガイドツアーで回答方法などを私も確かめましたが、普通にパソコンで英語入力を行ったことがある人なら特別問題はないシンプルなものでした。念の為にガイドツアーを受けておくとさらに安心ですね。

公式のウェブサイトに受験環境・回答方法・受験の流れなどを確認できるページがあるのでこちらに乗せておきます。

CASEC受験の前に全てチェックできるページはこちら

キーボードの英語入力を練習しよう

CASECのセクション4ではディクテーションの問題で英語入力をする必要があります。英語入力に慣れていない人は、単語をタイピングで入力する練習を行ったほうが安心してテストを受けられると思います。

ベネッセの無料英語タイピング練習のサイトはこちら

にゃんまる

準備はばっちり!次はテストに向けて勉強だね

5つの場面を把握して備える

CASECに出てくる会話や英文は、主に【学校、ビジネス、公共、旅行、娯楽】の5つのシチュエーションに基づいています。英検やTOEICの一般的な参考書を使って学習をすれば特に問題のない内容だと思います。受験者の声などでも、TOEICと併用して受けている人が多いようです。

リスニング音声で耳を慣らしておこう

セクション3は、会話文などを聞いて、画面上に表示される質問に答えるリスニングテストです。これは、TOEICや英検のリスニングと同じようなないようですが、スピードはTOEICほどは速くありません。できれば、TOEICか英検2級以上のリスニング音声を受験日までに毎日聞いて、耳を慣らしておきましょう。

ディクテーションの練習

セクション4では、ディクテーション(書き取り)のテストがあります。ディクテーションとは流れた音声を英語で書き取るというものです。リスニング、シャドーイングなどの練習をしている方は多いと思いますが、ディクテーションはしていない人もいると思います。

方法として、自分の持っている参考書のリスニングを使ってディクテーションを行ったり、ポッドキャストなどでスクリプトがあるものを使ってディクテーションをすることも可能です。

TOEIC対策にも使えるスタディサプリにはアプリでディクテーションの練習を行える機能もあります。一気にまとめて対策したい場合はスタディサプリを使うと便利です!

CASEC対策ができる問題集

CASECの対策には英検やTOEICの問題集や参考書を使うのが1番です。もともと勉強をしていた人は持っていると思います。もし持っていない場合はこちらの記事に、おすすめの参考書やスコアアップに繋がるノートの作り方などがあるので参考にしてみてください。

自宅でできるCASECで手軽に英語力を試してみよう

CASECは24時間いつでも受けられて、すぐに今の自分の実力がわかる試験です。パソコンの環境が整っていて、タイピングで答えを入力しなければならないです。しかしTOEICよりも安価でネットカフェなどでも受験が可能なので家などで試験を受けたい方、履歴書に乗せられる資格が今日欲しい方、TOEICテストに向けて今のレベルが知りたい方などに最適です。

詳しくは下記の公式サイト&スタギアサイトで購入方法などをご覧ください。

英語コミュニケーション能力判定テスト【CASEC】の公式サイトはこちら

学習支援の窓口プラットフォーム スタギアのサイトはこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる