TOEICのリスニングが聞こえない!リンキングを理解してスコアアアップ

  • TOEIC対策

しっかり単語も覚えているし、一生懸命英語の勉強を続けているのにリスニングのスコアが一向に伸びないのは、リンキングを理解していないからです。英語のリスニングアップには欠かせない、リンキングについてご紹介します。

英語の発音・リンキングとは? 


簡単に言ってしまえば、音がつながる(link)ことです。英語の授業で「ここは繋げて、音が変わります」なんて指導を聞いたことがあると思いますが、そのことです。英語の音の変化にはリエゾン・リダクションと呼ばれる種類があります。

英単語帳をいくら繰り返してもリスニング試験で結果を出せないのは、単語そのままの発音を覚えていて、会話で実際にどう変化しているかを理解していないからです。リンキングの特徴・感覚をつかむことができれば、今までと比べ物にならないくらい英語が聞こえるようになりますよ。

リエゾンとは?

上記の図を見てみれば「このことか!」と合点がいくと思います。私たちも日本語で会話しているときに、意識することなく音が変わっています。例えば「やっておいて」という一言です。「やっといて」と言うことが多いのではないでしょうか。このように、英語ネイティブも会話中は音を変えて話すことが多いです。

その他リエゾンの例

  • Don’t you? ドントゥユー→ドンチュ
  • Would you~? ウッドゥユー→ウッジュ
  • Have you? ハブユー→ハビュ
  • But I~ バットアイ→バ
  • All of us オールオブアス→オーロバ
  • Some of you サムオブユー→サモビュ
  • Help us ヘルプアス→ヘルパ
  • Talked about トークトゥアバウトゥ→トークバウトゥ 

リダクションとは?

リダクション(Reduction)とは、一つずつ発音する時にはあるのに、実際のスペルにある音よりも、音が減ることです。上記の例だと、at the momentのatのtが落ちています。また、Isn’t it?もIsn’tのtが落ちているため、itのiがリンキングする先はnになり、ニットゥと音が変化するリエゾンになっています。

過去形のedが落ちる形はよくあります。この例でいくと、decidedはその単語そのままで読むと、ディサイディットゥと読ますが、toと繋がるため、ed部分のトゥが省略されています。

日本語で例えるなら、「体育館」を「たいくかん」、「暖かい」を「あったかい」と発音するのがリダクションと言えるでしょう。

その他リダクションの例

  • Let me レットゥミー→レミー
  • What do you~? ホワットゥドゥーユー→ホワドゥーユー
  • At least アットゥリーストゥ→アリーストゥ
  • Get them ゲットゥゼム→ゲゼム
  • Not bad ノットゥバッドゥ→ノバッドゥ
  • Forget about it フォゲットゥアバウトゥイトゥ→フォゲアバウティ

リスニングスコアアップにリンキングの理解が必要不可欠

音の変化に慣れて仕組みがわかれば教えてもらうことがなくても、自分でどのように発音していけば良いか予測できるようになります。英語の発音がネイティブのようになる!英語のアクセントを学ぼうの記事も参考にして、映画やドラマ、歌を聞くときに意識してみてください。「これだ!」と思う箇所が頻繁に出てきて、違ったリスニングの勉強を楽しめるようになりますよ。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2