英語だと出てこない!日本語独特な言い回しトップ3

  • 英語表現

敬語、謙譲語、丁寧語の使い分けをはじめ、へりくだった表現や謙遜する言い回しなど、日本人でも時々難しく感じる日本語。日本語特有の表現や言い回しはTOIECや英検で優秀な成績を収めている人でも苦手な人が多く、日本人にとって意外な急所だったります。

今回の記事では、英語に訳しづらい日本語特有の表現を3つ選び、できるだけ日本語に近いニュアンスで表現できる英語の言い回しをご紹介します。

日本語独特な言い回しの英語フレーズ


1. よろしくお願いします

ビジネスシーンをはじめ、ある程度かしこまった場面になると必ずと言っていい程使われる「よろしくお願いします」。このフレーズで締めるとまとまった雰囲気になりますし、つい多用してしまいますよね。この「よろしくお願いします」の英訳ですが、そっくり置き換えられる英語は存在せず、場面や状況によって使い分ける必要があります。 

I’m looking forward to working with you.(あなたとお仕事をしていくことが楽しみです。)

新しいプロジェクトや事業を立ち上げる時、あるいは新しく誰かと一緒に働く時は「これから何かを一緒にやっていくにあたって、よろしくお願いします」というニュアンスになります。 

Thank you for taking the time.(時間を割いて頂き、ありがとうございます。)

Thank you very much for coming today.(本日はお越し頂き、ありがとうございます。)

商談や打ち合わせの冒頭で、使う「よろしくお願いします」は、相手がそのための時間を使ってくれた、その場に足を運んでくれたことを感謝することで表現します。「時間を作って頂き/お越し頂き、ありがとうございます」という主旨のフレーズを使うと、自然な流れになります。

Best regards/Kind regards(メールの締めのよろしくお願いします)

また「よろしくお願いします」はメールの締めにも使われますよね。メールの締めの一言は関係性やニュアンスで使い分ける必要があるので、使い分けられる?英語メールの結びの言葉5選と正しい使い方まとめの記事もぜひ参考にしてみてください。 

2. おつかれさま

 「よろしくお願いします」と並んで日本人が多用するのが「おつかれさま」。友人とすれ違った際の軽い挨拶から先輩や上司への挨拶、そして後輩への気遣いの一言、はたまたお別れのあいさつなど、たくさんの場面で使うことができるので便利な表現ですよね。

 しかし、「よろしくお願いします」同様に、「おつかれさま」も英語では場面や状況に応じて使い分ける必要があります。

What are you up to?(最近どうしてる?)

How’s it going?(調子はどう?)

 誰かと会った時に使う、挨拶の「おつかれさま」はといったフレーズがお勧め。先輩、後輩を問わず使う事ができるので、誰かに挨拶する時に使ってみてください。

See you tomorrow!(また明日会いましょう!)

Have a good weekend!(よい週末を!)

仕事終わりなど帰る旨を伝える「おつかれさま」の場合は「さよなら」という主旨のフレーズで置き換えるのがお勧めです。 

Hope you are doing well.(お元気であることを願っています。)

日本語の場合、ある程度の関係が築かれている人とのメールの冒頭で使われますが、 メールでの「おつかれさま」は上記のように表現します。 久しぶりの人にメールを書くときなどにも使います。

3. いただきます・ごちそうさま 

Let’s eat.(食べましょう。)

 This looks delicious.(とても美味しそうです。)

日本文化では食事の際にマストな「いただきます」と「ごちそうさま」。言わなければ失礼な人に思われてしまうので、英語圏の人との食事の際に困りますよね。まずは食事前の「いただきます」ですが、以下のフレーズを食べ物に手をつける前に使うと良いでしょう。 

I’m done.(食べ終わりました。)

That was delicious.(とても美味しかった。)

そして食べ終わった後はお皿を下げられるタイミングや、席を立つタイミングで上記のようなフレーズを使うことによって、食事を終えた旨や、食事への感謝の気持ちを伝えることができます。

 日本語の言い回しも工夫次第で英語で表現できる 

どれも場面や状況に応じて使い分ける必要がありますが、実はこれは英語を学ぶにあたってとても大切なこと。今回紹介したように場面や状況を噛み砕く事によって、単語を知らなくても別の言い回しでカバーできる場合があります。

ボキャブラリーを増やすことも大切ですが「本当に言いたい事は何か?」この点を理解することによって、意外に簡単な単語で表現できることもあるので、これを機に心がけみるとおもしろい発見がありますよ。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2