【楽しかった!】英語で伝えられる?使えるフレーズ15選

エリカ

楽しかったねー!

にゃんまる

楽しかったって何ていうんだっけ?

【楽しかった】と英語で伝えたい時に、1つしかフレーズを知らないといつも同じこと言ってるなと自分でも思ってしまいますよね。今回は様々な場所や状況に合わせて使えるような【楽しかった】を集めたのでぜひ見ていってください。

この記事を書いてる人
ロズ
エリカ

ブロガー兼フリーランスの翻訳家。英検1級、TOEIC950点。
高校時代にミネソタへ1年間留学後、アメリカのロングビーチ大学卒。

日本に帰国後は、英語の家庭教師や翻訳の仕事などに携わる。
野良猫を頻繁に拾ってきて家族に怒られる。料理が得意。とにかく英語と猫が好き。

英検とTOEICスコア。顔と名字は隠してます!
にゃんまる

【すしざんまい】の店の前でエリカに保護されてから、ずっと居候中。

英語に興味があるけれど、なかなか本腰入れて頑張れないダメな猫。
好物はチュールとお刺身。

目次

ネイティブがよく使う「楽しかった」を表すフレーズ11選

I had a great time!(とても素晴らしい時間を過ごせたよ!)

A: I had a great time today! (今日はとても楽しかった!)
B: Same here! (私も!)

【great time】は、【楽しい時間(ひととき)】という意味です。直訳すると【今日は楽しい時間を過ごした】という文になります。

発音する時は【had a】のところをリンクさせて発音するので、【ハダ】に聞こえます。全体をカタカナで書くと【アィ ハダ グレイタイム!】が近くなると思います。

【same here】は【me too】と同じように使えるフレーズです。

It’s been nice talking to you.

A: It’s been nice talking to you. (お話できて楽しかったです。)
B: To you too.(私もです)

旅行先や道端で初めて出会った人と話したことはありますか?一期一会で話をして、別れる時が来たらこの言葉をぜひ使ってください。相手が目の前にいるときは【現在完了形】を使います。

別れたあとにメールなどで、お話できて楽しかったですという場合は【It was nice talking to you】と過去形を使ってください。

It was so fun!(とても楽しかった!)

A: How was her wedding?(彼女の結婚式はどうだった?)
B: It was so fun!(とても楽しかった!)

【It was fun】は特定の楽しかった何かを指す場合に使います。主語が【it】なのでちょっと一般的な話に聞こえます。

自分がとても楽しんだと言いたい場合は【I had fun】を使うとより自分の気持が伝わります。

I really enjoyed it! (本当に楽しんだよ!)

A: Did you have fun at graduation party?(卒業パーティーは楽しかった?)
B: Yeah, I really enjoyed it!(うん、とても楽しかった!)

この言い方は誰かに【~は楽しかった?】となにか特定の物を楽しんだか聞かれたときや、特定のものに対する話をしている時に使います。【I really enjoyed】では【wedding party】に対応する言葉がないので【it】を付けます。

【fun】を使うよりも【enjoy】を使うことによって、より大人っぽい響きになります。

It was awesome!(素晴らしかった!)

A: How was the baby shower?(ベイビーシャワーはどうだった?)
B: It was awesome! She was doing great!(素晴らしかったよ!彼女も元気そうだったし!)

【awesome】は【ァウサム】のように発音します。【ァ】の部分は【ォ】と【ァ】の中間ぐらいの音です。【amazing】や【incredible】と同じように、凄すぎる、最高のといった意味があります。

辞書の中に、【ひどい】といった意味が書かれていたりします。皮肉的な意味で【素晴らしい】を言うときにも使えるからです。

That was a great ~!(すごく面白い○○だった!)

A: That was a great museum!(今の映画、すごく面白い映画だったね!)
B: I was surprised at the mummies!(ミイラたちには驚かされたよ!)

映画や舞台などを観終わった後に、一緒に観に行った人にすぐに感想を伝えたい場合は、このフレーズを使ってみましょう。【あれは本当に素晴らしい~だったね!】というようなニュアンスになります。

I enjoyed my stay.

A: I hope you have enjoyed your stay. (こちらでの滞在を楽しんでいただけたらな幸いです。)
B: Thank you. I truly enjoyed my stay here.(ありがとうございます。本当に楽しめました)

旅行先で、チェックアウトをする時に行うフロントへの挨拶に使います。【pleased to stay】など他のフレーズも思い浮かぶと思いますが、【enjoy your/my stay】のほうがより使われるイディオムです。

How fun was that? (すごく楽しかったね!)

A: How fun was that?(今の楽しかったよね!)
B: Let’s do that again!(うん、もう一回しよう!!)

【How fun was that?】と疑問形になっているので、直訳すると【あれはどれくらい楽しかった?】という意味になりますが、こちらは上がり調子で読んでいるので、相手に楽しかったか聞いているわけではありません。

このフレーズの意味を別の英語でいうと、【It was fun, right?】という意味になります。

この文章は読み方に注意です。一番最後を下げると【どれくらい楽しかった?】という質問にもなりますし、最後まで上がり調子で読むと【楽しかったよね?】同意を求める疑問になります。

I had a blast!(最高に楽しかった!)

【had a blast 】は【とても楽しい経験をする(時間を過ごす)】という意味です。

A: How was the ski trip?(スキー旅行はどうだったの?)
B: Yeah, I had a blast!(うん、最高に楽しかったよ!)

【have a blast】を使う時は、何かをして楽しい時間を過ごせたというときにつかいます。【blast】には、本来【爆風】という意味があります。

Today is the best day of my life!(今日は人生で最高の日だよ!)

A: Today is the best day of my life! (今日は人生で最高の日だよ!)
B: I’m happy to hear that! I had a great time, too! (そう言ってもらえて嬉しいよ!とても楽しかった!)

少しオーバーに聞こえるかもしれませんが、初デートで最高に楽しかったときに使うと相手も喜んでくれますよ。

この文章を過去形の【Today was the best day of my life】と言ってしまうと明日は?今は?となってしまうので、現在形で問題ありません。

the good old days(古き良き時代/懐かしいあの頃)

A: We used to work hard, and I was exhausted everyday.(私達毎日本当によく働いてたよね。本当に毎日くたびれてた。)
B: We worked really hard. Those were the good old days.(本当によく働いたよな。あの頃は良かった。)

このフレーズは【古き良き時代】を意味しているので、若者が使うとおかしなことになります。そして現在よりも昔が良かったなぁというときに使われるので、失ってしまった過去の良き思い出を表す時にセリフなどででてくる場合が多いです。

Thank you so much for having me today!(今日は招待してくれて本当にありがとう!)

A: Thank you so much for having me today!(今日は招待してくれて本当にありがとう!)
B: Thank you for coming! It was a great pleasure to have you as our guest.(こちらこそ来てくれてありがとう!君がお客様として来てくれて、とても嬉しかったよ。)

イベントやパーティーなどに招待されて帰り際に、この言葉を伝えれば楽しんでくれたのだと相手にも伝わります。社交辞令ではなく、心の底から感謝していることを表現するコツとしては、【so much】を【ソーーマッチ!】と2倍くらい長く言うことで【本当の本当に】と強調する効果が生まれます。

【Thank “you” for coming】の返事でyouの部分を強調して言うと、【いえ、来てくれて本当に感謝してる!】という意味になります。

強弱を付ける部分でも少し意味が変わるので面白いですね。

I had a ball!(楽しかった!)

A: Everyone had a ball at the party. (皆パーティーを楽しんだよ)
B: That’s great to hear.(それは良かった)

心躍るような刺激的な面白さの時に使うフレーズです。パーティーなどに出かける相手に【Have a ball】と声をかけると【楽しんできてね】という意味になります。

【Have balls】と複数形にしてしまうと【男らしくやれよ】という意味に変わってしまうので気をつけてください。

I loved it!(~は最高だった!)

A: Have you ever been to Hawaii? (ハワイには行ったことある?)
B: Yes! I loved it! The food was great!(うん!ハワイは最高だったよ!食事がとても美味しかった!)


【I love~】で【~が大好き】という意味ですが、過去形の【loved】を使っているので不思議に思うかもしれません。しかしハワイ旅行は過去の話でその旅行が最高だったという話なので、過去形を使います。

【I liked it】だと可もなく不可もなくという風にも聞こえるので、良かったなら【I loved it】を使ってくださいね。

we enjoyed ourselves.

A:Thank you for having us. We enjoyed ourselves.(お招きありがとうございました。私達、とても楽しめました。)
B: It was our pleasure.(こちらこそ)

【enjoy oneself】というイディオムが使われている文章です。【楽しむ・楽しく過ごす】という意味です。

I enjoyed myself.(楽しかった)やEnjoy yourself(楽しんでね!)という使い方もできます。

【楽しかった】に対する英語の考え方

【楽しかった】と日本語で伝える時は、単独で使っている人の方が多いように思います。英語の場合は【楽しい/素晴らしい時間】だったと言うように表現するのでその部分を頭に入れながら【I had a great time】をまるごと覚えると良いと思います。

にゃんまる

I had a great time. I had a great time. I had a great time!

【great time】と【great times】は違うの?

名詞は【s】が付く、付かないで意味が変わるものが多くあります。【time】も例外ではありません。

【great time】

【great time】は【楽しい経験】という意味です。楽しい【その1回】の時間を指します。

にゃんまる

単数形だから1回の出来事、複数形は継続した出来事って覚えると楽だな

【great times】

【times】が入っている例文をみると【時代】【期間】などと約されている場合が多いです。【great times】は【成功している期間】【いい時期】という意味と覚えられます。

・We had a great time in Madrid.(マドリッドで私達は楽しんだ)
・We had great times in Madrid.(マドリッドで私達は素晴らしい時をすごした)

英会話を通じて更に学べる

私もたくさんの英語を今まで覚えてきましたが、使ったものほど覚えていて、使わなくなると忘れていきます。より速く覚えるためには、英会話を通じて練習するのが1番の近道です。

実際のネイティブスピーカーから教えてもらえる単語は本当に脳みそに残ります。イントネーションなどもすぐに直してもらえるので、ぜひ試してみてください。

にゃんまる

無料のカウンセリングと英会話レッスンもついてたりするからおトク~

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる