まるで英会話教室!英語絵本を使った幼児英語教育のポイントまとめ

  • 幼児英語教育
  • バイリンガル教育

お家に入ってくる英会話教室のチラシを見て「英会話憧れるな」「行かせたいな」と思ったことはありませんか?英語を覚えるには小さい時のほうがいいのかなと考えるママはたくさんいると思います。しかし、英会話に行かせるとなると、毎月の月謝に送り迎え、イベントの参加など入会には思い切りが必要ですよね。そんなとき、自分の家で好きな時間に教えることが出来たらいいのになと思った事はありませんか?ここでは、2歳から5歳までを対象にした英語の絵本の読み聞かせ方を、実際の英会話教室で使われるポイントを踏まえてお教えします。

お家で英会話教室!英語絵本の読み聞かせのポイント


“これ、分かる!”をたくさん作ってあげる

2歳から5歳の子供達、まだまだママのことが大好きで、ママに褒められることが何より嬉しい時期ですよね。子供はどうやったら英語を覚えるのか?簡単です。子供がこれ、分かる!知ってる!と思えることをどんどん増やしてあげて、子供が答えられたらうんと褒めてあげるのです。実際に英会話教室で使用するやり方で、ポイントをふまえながら、読み進め方をご紹介します。

英語絵本の読み進め方のポイント

1. 登場人物、もの、天気の種類、色などを事前にピックアップする

最初は2~4ページがいいでしょう。大体20分くらいを目安にして下さい。今日のページからピックアップする新しい単語は5、6個くらいにすると、無理なく覚えることが出来ます。2回目に読むときは、前回のページも必ず復習して、単語とストーリーを復習するようにしましょうね。

2.単語のフラッシュカード(文字と絵つき)を作って、事前に子供に紹介する

最初はカードをめくりながら、答えをリピートさせてあげて下さい。冠詞+名詞(an apple)から始め、子供がなれてきたら文章(It's an apple.)でリピートさせるようにしましょう。2回目か3回目にカードを読むときに、さりげなく質問の英語(What's this? What color is this?)を入れましょう。これをすることによって、後に本を読むときに、子供は何を聞かれているのかがわかるようになります。

3. 英語の絵本を読み進めながら、予習したものについて英語で聞いてみる

ストーリーを読み進めながら、学習した単語を英語で質問してみましょう。子供が答えにつまるようなら、先ほどのカードを出したり、最初のletterを発音してあげたりして助けてあげるのもいいと思います。子供が答えられたら大げさなくらい褒めてあげましょう。いきなり英語のストーリーに入るよりも、先に学習することによって子供はより英語とその絵本に入り込みやすくなります。また、“これ、さっき出てきた!分かる!”がでてきたら子供も嬉しいですよね。英語を楽しく学習するにはいつでもちょっとした工夫が大切なのです。

英語絵本の読み聞かせで使えるフレーズ集

基本の質問編

・Let's get started. (さぁはじめましょう)
・How are you ? How is he/she? (元気ですか?彼/彼女はどうですか?)
・Open your book. (本を開いてください)
・What's this ? (これは何ですか?)
・What color is this? (これは何色ですか?)
・How is the weather ? (天気はどうですか?)
・What is he/she wearing? (彼/彼女は何を着ていますか?)
・How many windows are there? (窓はいくつありますか?)

上級者編(基本編に文章で答える事ができる、自分の意見を英語で言える)

・What do you think it will happen next? (次に何が起こると思いますか?)
・What would you do if you were him/her? (あなたが彼/彼女ならどうしますか?)
・Please tell me your favorite part of the book.  (この本で一番好きなところはどこですか?)
・Can you explain why he/she is crying? (どうして彼/彼女が泣いているか説明して下さい)
・If you were his/her friend what would say to him/her ? (もしあなたが彼/彼女の友達なら何と声をかけますか?)

褒めるときに使う英語

・Good job/Great job  (すばらしい)
・You're amazing. (なんてすばらしいの)
・I'm so proud of you. (あなたは私のほこりです)
・You did great. (よくできました)
・Good try ! (惜しい!)

英語絵本の読み聞かせにお勧めの絵本

Dear Zoo (Dear Zoo & Friends)
Dear Zoo (Dear Zoo & Friends)
posted with amazlet at 17.06.21
Rod Campbell
Little Simon
売り上げランキング: 15

「ペットにする動物を送ってください」と動物園に手紙を出すと、大きな箱に入った動物が送られてきました。しかし、背が高すぎたり、大きすぎたりと中々ペットにする動物が決まりません。箱の部分が仕掛けになっていて、どんな動物が入っているのかを親子でguessing(推測)しながら読み進めることが出来ます。

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?
Bill Martin
Henry Holt Books for Young Readers
売り上げランキング: 6

「うまさん、うまさん、あおいうまさん、なにみてるの? みどりいろのかえるをみてるの」 このパターンが何度も繰り返されるため、まだ本が読めない小さな子どもでもすぐに覚えてしまいます。次にでてくる動物を色などのヒントで教えてくれるので、色と動物を覚えるのに最適な本です。

 

The Very Hungry Caterpillar board book
Eric Carle
Philomel Books
売り上げランキング: 23
  
食べる様子を追っていきます。月曜日はリンゴ1個、火曜日はナシ2個、水曜日はプラム3個、などなど食べまくり、しまいにはおなかが痛くなってっしまいます。子どもたちが大好きな虫が蝶にかえる話を通して、数字の数え方や曜日を学ぶことができます。

The Wheels on the Bus
The Wheels on the Bus
posted with amazlet at 17.06.21

Childs Play Intl Ltd
売り上げランキング: 2,324

みんなが大好きなキッズソングの本です。街中を走るバスを題材として、ワイパーの動く音やドライバーが“ticket please”という様子などを学ぶことができます。どんどん乗り込んでいくお客さんは、マジシャンだったりピエロだったりとみんなどこかへ向かっている様子です。色々な名詞や職業を学べるリズムが楽しい一冊です。

大切なのは絵本で子供が英語を楽しく学べること


子供がたくさん絵本を読んで、英語も学んでくれたらこんなに嬉しいことはありませんよね!おうちの本棚に英語の本が増えていくのも、ママとしてはとても楽しみになります。大切なのは、子供の分かるを応援してあげて、自分で楽しいと思えるように導いてあげることです。さぁ英語の絵本を手にとって、お家で英会話を始めてみましょう!本を読み終わったら、“Put away your book, please!”(本を片付けてね)も忘れずに言ってあげてくださいね。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2