留学業者は教えてくれない!ニュージーランド高校留学の常識まとめ

  • 海外留学
  • 留学前の準備

高校生が留学に出ることがあまり珍しくなくなった昨今、ニュージーランドは治安などの面から留学先として人気が高く、毎年多くの高校生が海を渡っています。日本で通っている高校が現地に提携校を持ち、そこに派遣される場合は自分で学校選ぶことはできません。しかし、エージェント経由で留学する場合は、学校選びをただエージェント任せにせず、チェックしていただきたいポイントがあります。

これらは英語力向上の成果とコストに関わりますので、親も子供も現地校事情にきちんと興味を持ちましょう。今回の記事では日本人が知らないニュージーランドの高校での常識、その準備についてご紹介します。

ニュージーランドの学校の規模の違い(短期留学・長期留学)


日本の学校よりも大きいのが一般的

ニュージーランドには非常に規模の大きな学校があります。高校自体の規模が大きい場合もありますし、小学校から高校まで1つのキャンパスで過ごす学校もあります。多様なコミュニケーションが生まれるという利点もありますが、あまりに大規模な学校の場合、どうしても留学生へのケアが手薄になります。

加えて、その大きな施設の中、授業は教室を移動して行われますので、物理的に迷子になる可能性もあります。先生が自分の教室に来るというのは日本の話で、これらの国では生徒が動くのが基本です。

普段から自立が求められる

また、日本の学生は「自分のことは自分でやる」「わからないことは自分で調べるか人に聞いてでも対処する」という身辺自立がどうしても劣っており、留学してしばらくは右往左往してしまいます。一般に留学生には「バディ」といって、特に短期留学の場合は学校にいる間ずっと付き添ってくれる生徒が付きますが、その生徒がきちんと留学生の世話をするラッキーパターンばかりではなく、数日たつと世話がおざなりになることもあります。

 たとえそのような自体になっても自分で動ける性格かどうかを考え、消極的なお子さんであれば大規模校は避け、手厚いケアが受けられる小規模校がお勧めです。

ニュージーランドの現地高校のレベル(短期・長期)

現地の評判を調べる

これは英語学習と密接に関わってくるポイントです。日本にも進学校や中堅校、商業・工業高校があるのと同様に、ニュージーランドにもいろいろな種類の高校、そしてランキングがあります。実際、エージェントに選んでもらった高校の名前を現地の人に言うと、「なぜわざわざそんなところに?」と驚かれることもあるほどです。

留学期間終了後のプランに合わせて選ぶ

ニュージーランドの学校は全般的に環境がとてもすばらしく、どの学校に行っても概して有意義な経験ができますが、特に1年以上の長期留学の場合は、帰国後にまた日本の教育を受けることを考えると、あまり学業に力を入れていない高校に留学することは得策ではありません。エージェントの担当者と一緒に高校のランキングや現地での評価を調べ、教育熱心な先生がいる高校を選ぶことをお勧めします。

一方、高校を卒業後に向けた職業訓練を行うユニークな高校や、クラブ活動でゴルフ・ヨットに力を入れている珍しい高校などもありますので、子供の興味面を重視した高校探しをすることも可能です。

いずれにしても、通うのはエージェントでも親でもなく、子供であることを念頭に置き、同時に帰国後や現地での大学進学なども長期的に見据えて、最適な学校に留学できるようにしましょう。

ニュージーランド留学生・移民子弟の受け入れ状況

ニュージーランドにはアジア系移民が多い

こちらも英語力向上の鍵となる重要なポイントです。ニュージーランドでバスに乗ると、乗客にキウイ(白人系ニュージーランド人)は1人も乗っておらず広東語の世界だった…ということがあります。それは移民が多く住んでいる地域でのことですが、ニュージーランドの高校には各国からの留学生に加えて、中国、韓国、その他のアジアからの移民子弟がたくさんいます。近年、中国からの移民や留学生があまりに多いので、中国人学生は全体の○%と規定して入学を制限している学校もあります。

国際的なコミュニケーションという意味では、他国からの留学生や移民の子供達との交流も実り多いものですが、きれいな発音での英語習得となると話は別です。きれいな発音はきれいな発音を聞いて真似することから始まります。日本からの留学生を含め、英語圏以外の国の訛りのある英語や文法的におぼつかない英語を聞く割合があまりに大きい学校は、避けられるなら避けたいところです。

現地の生徒が多い学校を選ぶのが「英語教育」としては得策

留学生が多過ぎると英語のレベルがまちまちになり、学校の先生が授業をしづらい、質の高い授業ができていない恐れがあります。人種を差別するということではなく、英語学習の効率と質を求めるのであれば、やはりキウイ学生の在籍率ができるだけ高い高校を選ぶことが確実な成果を生みます。何より、それらの学校は経済レベルの高い人々が住む地域にあることが多いので、ホームステイなど生活面での安全も確保しやすい利点があります。 

ニュージーランドの制服事情

日本と同様、ニュージーランドでも制服が必要

ニュージーランドの高校には制服があります。短期の場合は日本の高校の制服が許されることもありますが、 1カ月の短期でも絶対に自校の制服を着るよう規定のある学校もあります。日本の高校から派遣される場合も、意外にケアされないのがこの制服です。留学先が決まってから「え?制服買うの?」とならないように、ニュージーランドの制服事情を知っておくことは大切です。

某学校の例

  • ブレザーまたはセーター
  • 長ズボン/短いズボン
  • 長袖シャツ/半そでシャツ
  • コート(冬)
  • 黒か茶色のローファー(冬)
  • 黒か茶色のサンダル(夏)

この高校の場合、驚くのは靴にも指定があることです。日本の高校のように色とりどりのスニーカーというわけにはいかず、規定にあった靴が必要になります。これらをすべて購入すると、数万円になってしまうのです。

制服のレンタルや中古販売で節約

短期はもちろん、1年の長期留学でも一括購入は何とか避けたい…そんなとき、中古販売やレンタル制服が節約につながります。 現地の高校はほとんどといっていいほどWebサイトを持っていて、その中に留学生(International Student)に関する情報があります。一年を通して中古制服を購入できるストアがあったり、ネットで購入予約ができる高校もあります。希望している学校の中に制服を中古販売しているところはないかどうか、自分で、あるいはエージェント経由で確認しましょう。

もう一つの方法は、レンタルです。日本の留学エージェントには、現地に支店を持っていたり現地エージェントと提携している会社があります。その場合、現地にいろいろな高校のレンタル制服が用意されていて、ストックがあるかぎり留学中はずっと借りられます。もちろん紛失したり汚したりすれば弁償しなくてはなりませんが、ただでさえ留学費用がかさむ中、制服にかかる5、6万円を節約できるのはとても助かります。このように、ニュージーランドの場合は制服も留学コストの一部と考え、賢い選択をしてください。

楽しい思い出とともに帰国しよう

長期で留学する場合は、スマホを留学に持っていっても、授業やクラブ活動など自分では写真を撮りにくい場面も多くあります。親としては何とか学校での様子を見たいものですね。1年間の留学の場合、学年末になると「Year Book(年鑑)」を売り出す高校があります。1年間に撮影された写真がたくさん掲載されており、クラスやクラブごとの集合写真も載っていて、学校によりますが15~30ドル程度で希望者が購入できます。帰国前に販売されるようであれば、一生の思い出に買って帰ってこられることをお勧めします。ぜひ楽しく、有意義な留学にしてくださいね。

この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー