カフェで慌てないで注文するときの英語表現まとめ

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

朝一番に、コーヒーがないと生きていけないという人も多いかと思いますが、異国の地で目覚めた時、寝ぼけた頭で英語を使ってコーヒーを注文するのは、なかなかにハードルの高いものです。今日は、カフェで使える英語表現を見て行きましょう。

コーヒーを注文するときに使える英語単語と表現


コーヒーの種類

  • Brewed / Drip Coffee(コーヒーメーカーで淹れた普通のコーヒー)
  • Flavored Coffee(普通のコーヒーに香りがついたもの)
  • Espresso(エスプレッソマシーンで抽出するコーヒー)
  • Americano / Long Black(エスプレッソ+熱湯)
  • Latte(エスプレッソ+スチームミルク+少量のミルクの泡)
  • Cappuccino(ラテと同じ。ただし、ミルクよりも泡の割合が多い。)
  • Flat white(南半球特有の牛乳+スチームクリームを加えた濃厚なラテ)
  • Café Moca / Mocaccino(ラテ+チョコレート)
  • Vanilla bean Late(ラテ+バニラシロップ)
  • Café Au Lait (普通のコーヒー+スチームミルク)

普通のコーヒーにも、焙煎の種類があり、主流なのは、Medium(中煎り)とDark(深煎り)があります。深煎りのほうが苦味が強いですが、カフェインは煎るほど低くなります。Flavored Coffeeは焙煎の段階で、キャラメルやバニラなのどの香りがついたもの。甘い香りとコーヒーの苦味を楽しむコーヒーです。

コーヒーのサイズ

  • Small / Short 小)
  • Medium / Regular / Tall(中)
  • Large / Grande(大)
  • Extra Large / Venti(特大)

サイズは、日本でも同じように使っていますし、スタバ独特のサイズの表記もお馴染みですね。ちなみにスタバ用語のGrandeはイタリア語の「大きい」Ventiは「20」という意味です。

コーヒーを頼むフレーズ

I would like to have a Grande Cappuccino?(大サイズのカプチーノを下さい。)

Can I get a medium latte to go please?(中サイズのラテの持ち帰りを下さい。)

注文の基本は、「サイズ+飲み物」です。これで、ほとんどの飲み物を頼むことができます。大抵、店員さんが、“For here or To go?”(店内で飲みますか?持ち帰りですか?)と聞くと思いますが、慣れないうちは聞き取りづらいフレーズなので、先回りして言ってしまいましょう。または、“May I have a large coffee in a mug?”(大サイズのコーヒーをマグカップに入れて下さい)と言うことで、「店内で飲みます」と告げることができます。

エスプレッソショットの種類

  • Single(シングル)/ Double(ダブル)
  • Short(ショート)/ Long(ロング)

エスプレッソは小さいカップで提供される濃厚なコーヒーなので、普通のサイズとは違う用語が使われています。Singleでも Doubleでも味や濃度にほとんど変わりはないので、Doubleの方が少し大きいと覚えておけば良いと思います。その上に抽出時間を表すのがShortLongです。抽出の時間が長ければ、それだけ水の量が増えるので、longの方が少しだけ薄めになります。

エスプレッソを頼むフレーズ

Can I get a single long espresso?(シングルロングエスプレッソを下さい。)

Can I get a double short espresso?(ダブルショートエスプレッソを下さい。)

エスプレッソのサイズはShortLongなので、最初にサイズ言いそれに続けて抽出時間を告げます。エスプレッソに目のない方は、お好みのエスプレッソの淹れ方をフレーズとして丸ごと覚えておけば迷いません。

牛乳の種類

  • Whole Milk / Regular(全乳)
  • Low fat milk(低脂肪乳)
  • Skim Milk(無脂肪乳)
  • Soy Milk(豆乳)
  • Almond Milk(アーモンドミルク)
  • Lactose Free Milk(無乳糖乳)
  • Half and Half10%のクリーム)

日本では、3%3.5%が主流の牛乳だと思いますが、それはWhole milkに当たります。海外では1%や2%の牛乳もあり、カフェでも品揃えはかなり豊富です。牛乳が苦手な人や健康志向の人のために、アーモンド、ココナッツなどから作ったミルクや豆乳もあります。また、牛乳をうまく分解できず、飲むとおなかの調子が良くない体質の人のために、乳糖無しの牛乳も一般的です。

ミルクを選ぶフレーズ

Can I get a large late with 2% milk?2%牛乳で作ったラテの大サイズを下さい。)

Can I get a tall soy latte?(中サイズの豆乳のラテを下さい。)

お客さんが何も言わなければ、牛乳を使った飲み物は全乳で作られますが、ミルクを指定したければ、「サイズ+飲み物+with 牛乳の種類」で注文するか、「サイズ+牛乳の種類+飲み物」で表現します。

カフェでのその他のオプション

  • Iced~(冷たい)
  • Skinny~(低カロリーの)
  • Sugar free ~(無糖の)
  • Decaf~(カフェイン無しの)
  • Extra shot(エスプレッソショットの追加)
  • Flavor shot(甘いシロップの追加)
  • Whipped cream(ホイップクリーム)

日本ではアイスコーヒーと言いますが、英語では「冷やされた」 ということで、“-ed”が付いています。あまり強い音では発音されず、「アイストゥ」となります。Skinnyは「痩せた」という意味からも分かるように、ダイエット中の人へのオプションです。無糖シロップをやスキムミルク使用して、少しでも低カロリーになるようにしてくれます。主に大手のチェーンが提供しているサービスです。

その他の注文を付け加えるフレーズ

May I have an Iced skinny vanilla bean late with an extra shot? (低カロリーの冷たいバニラ・ラテにエスプレッソ追加でお願いします。)

Can I get a decaf Americano with whipped cream? (カフェイン無しのアメリカ—ノにホイップクリームを入れて下さい。)

長くて複雑に思えるかもしれませんが、Iced, Skinny, Sugar free, Decaf の後には飲み物の名前が続き、それ以外のオプションは、ミルクを選んだ時と同じようにWithを使うと思えば、覚ええやすいと思います。

その他カフェで聞かれる質問

 May I get your name for the order?(これを注文されたあなたのお名前をお願いします。)

How would you like your coffee?(コーヒーはどうしますか?)

どれだけ注文が長くなっても、誰の飲み物か分かるように、注文の際に名前を聞かれることがあります。「コーヒーをどうしますか」とは、砂糖とミルクの量を聞かれています。カフェによっては店員さんが砂糖とミルクを入れてくれる所もあるのです。答える時には、“1 sugar, 1 milk”(砂糖1つに、ミルク1つ)“No sugar 1 Cream”(無糖でクリーム1つ)などと答えます。砂糖はスプーン1杯、ミルクとクリームはポーションカップをいくつ入れたいかを思い浮かべれば答えやすいと思います。何もいらなければ、日本と同じように "Black Please"(ブラックで)と言います。

自分の好みにコーヒーをカスタマイズ

海外の人は、好みがはっきりしていて、コーヒーへのこだわりも満載です。カフェもそんなお客様に応えようと、様々な品揃えをしてくれています。ラテひとつとっても、かなりのバリエーションが楽しめるので、毎日、違う種類のコーヒーで1日をスタートさせるのも悪くありませんよね。慣れないとおどおどしてしまいがちなコーヒーの注文の仕方ですが、自分に必要なフレーズは決まってくるので是非丸ごと覚えて使ってみてください。

おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー