音読で効率の良い英語学習を!音読で英語が上達する理由3つ

  • 英語学習法

英語を音読すると言うとどこか子供っぽい印象を持つ方が多いかもしれません。しかし、案外これが英語力を上げてくれるのです。語学とは、国語も英語も口に出して、耳で聞くことが基本です。スラスラ音読できるものは、ネイティブが話していても聞こえてくるようになります。どのような効果があるのか検証していきましょう。

音読で英語が上達する理由3つ


1. 頭を使う英語から感覚的な英語になる

音読は、ただ読むだけでは効果はありません。音読する文章がどのような意味か理解する必要があります。学校で習う場合は、先生が手取り足取り意味を教えてくれますが、基本的に自分で意味を調べる方が望ましいです。英単語は少しでも覚えた方が英語力向上に有効です。

もちろん、文法の知識もなければ意味は分からないとので、この点も下調べが必要です。意味を考えながら何度も音読してみてください。どんな英単語が使われ、どんな文法がどこで使われるかわかってきます。

音読する文章をある程度増やした方が効果的なのは確かですが、それほど多くしなくても読解力は身に付きます。頭で考えるよりも感覚的なものがわかるようになってきます。また、音読は脳の機能を活性化させ、スムーズに記憶できるようになります。英単語も文法も普通に勉強するよりも短時間で覚えられます。頭で考えるより感覚的に理解できるまで音読で英語力を鍛えてください。

2. リスニングは慣れるしかない

音読で大事にしたいのは、発音です。なるべく正確な発音を目指してください。単語の発音をそれぞれ調べることも大事ですが、おすすめなのは文章を正確に発音した音源を聞きながら、それをまねることです。もちろん、音源がないものもあるかもしれませんが、ほとんどの教材に音源はあります。それが出来るようになったら、音源を聞かずに音読してみて下さい。リスニングはやはり耳を慣らすことが一番上達早いです。 

脳の言語中枢に言語野という言語をつかさどる部分があるのですが、そこで英語を理解できるようになると英語力を向上させることができます。英語の言語野を発達させることで、英語を英語のまま理解できるようになります。そのためには、英語に慣れること、英語をよく聞くことが重要となってきます。やはり、言語習得は聞くところから始めるのが効果的なのです。

3. 話すことにも練習は必要 

海外に行って自分の英語力を試そうと英語で話しても、聞き返されたり、怪訝な顔をされたりすることがよくあります。TOEICで高得点を取っても、英検の級が高くても、実際に英語を口にすると案外できないものです。自分の言葉として話すということは、言葉を実際に口にしないと難しいですよね。

英会話学校に通えば簡単なことかもしれませんが、経済的にも時間的にも音読で練習するのがいいと思います。特にTOEFLはスピーキングテストがあるので、しっかり練習しておく必要があります。

日本人は、英語のスピーキングがあまり得意ではないと言われています。しかし、国際化が進む社会でスピーキング力はますます求められてきます。英語を話すことにも慣れることが大事です。 

まずは音読で英語を練習してみよう