「リフォーム」では通じない?!「改装する」の正しい英語表現とその違い

  • 英語表現

家を改装する時、英語で何と言うかご存知ですか?「もちろん知ってるよ、reformでしょ!」と思った方。残念ながら不正解です。確かに、日本では、「リフォームする」とよく言いますね。ですが、英語の「reform」は、「改装する」という意味ではないのです。では、英語では一体どう言うのでしょう。

「reform」の正しい意味と使い方


(社会的制度等を)改革する、改正する

The teachers are trying their best to reform the education system.  (その教師達は、教育制度を改革しようと努力している。

We should reform the law.  (その法律を改正すべきだ。)

日本語の「リフォーム」と英語の「reform」は全く違う意味です。「リフォームする」と言いたい時に英語の「reform」を使うと、残念ながら間違った英語になってしまいます。英語の動詞「reform」の正しい意味は上記のように何かを改めるときに使います。

(人を)改心させる、更生させる

He needs to reform himself. (彼は改心しなければならない。)

Do you still smoke? -No, I have reformed.  (まだタバコを吸っているの?-ううん、心を入れ替えたんだ。)

It's more important to reform criminals than punish them. (犯罪者を更生させる事の方が、彼らを罰する事よりも重要だ。)

「reform」は、「改装する」という意味では使われず、上記の様に、「(社会的制度などを)改革する、改正する」、または、「(人を)改心させる、更生させる」という意味で使われます。「re」=「もう一度」、「form」=「形作る」という意味なので、「もう一度形作る」という意味で「reform」という単語が「改装する」という意味で使われる様になったのでしょう。どこかの誰かが勘違いして使ったのだと思いますが、それが間違ったまま広く使われる様になってしまったのです。

renovate(改装する)/renovation(改装)

I want to renovate my house.  (家を改装したいです。)

The landlord renovated the building before offering it for rent. (家主は、そのビルを賃貸に出す前に、改装しました。)

Renovation of the employee dormitory cost 1 million dollars.  (従業員寮の改装に100万ドルかかりました。)

動詞の「renovate」(改装する)、名詞の「renovation」(改装)は、古くなったり痛んだりした建物を、以前の良い状態に戻す、またはより良い状態にするために修理をしたり手を加えたりする事を指します。

remodel(改築する)

We're going to remodel the bathroom.(風呂場を改築する予定です。)

How mush does it cost to remodel the bathroom? (風呂場を改築するにはいくらかかりますか?)

この場合、ちょっとタイルを張り替える程度ではなく、工事をして、お風呂場の様式をガラッと変えるイメージです。例えば、ユニットバスだったものをお風呂とトイレを別に作り変えたり、洋式の風呂場を、檜の湯船を置いて木の床にして、和風の風呂場に作り変える等です。

I'm remodeling my house. (家を改築中です。)

間取りを変える、床を張り替えるなど、大幅に見た目が変わる場合は、「remodel」という単語を使います。日本人の英語学習者の方には、「renovate」も「remodel」もさほど違いはない様に思われがちです。確かに、日本語で「改装する」「改築する」と言った場合、あまり差はない様に感じます。ですが、英語の「renovate」と「remodel」の二つは、ハッキリとした違いがありますので、覚えましょう。大がかりな工事をして家を改築しているイメージです。ここで「renovate」を使うと、修理をしている程度のイメージになってしまいます。

カタカナ英語に注意!

日本人同士で日本語で会話をする時、よくカタカナ英語を使います。ですが、普段何気なく使っているカタカナ英語の中には、元の英語の意味と日本語での意味が異なるものがかなり多くあります。カタカナ英語は、英語ではなく、日本語だと思った方がいいでしょう。日本語で会話する際には全く問題ありませんが、英語で会話する時に間違ったものを使ってしまうと、相手に通じなくなってしまいますので、注意が必要です。カナカナ英語は、そのまま使わず、辞書などで意味を確認する事をお勧めします。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2