懐かしい人続出!『もくもく村のけんちゃん』が激安アプリで登場!

  • 幼児英語教育
  • アプリ

『モクモク村のけんちゃん』をご存知でしょうか?筆者の周囲にいる英語教員の方々に「英語に触れた最初の教材」を聞いてみたときに、この『モクモク村のけんちゃん』という単語がよく出てくることに気付きました。実は今も根強くファンが居て、CDやアプリで復刻しているんです。実際に筆者も子どもと使ってみました。

『モクモク村のけんちゃん』とは?


『モクモク村のけんちゃん』とは

『モクモク村のけんちゃん』は、30年以上前に生した「ストーリー仕立て」の英語教材で、発売当初はカセットテープと紙芝居がセットとなっていました。訪問販売が主流で、今聞くと驚くような価格だったとか。それでも、これを購入して聞かせてあげたいと考える親御さんは多かったようで、多くの子どもたちの手に届き、今でも内容を覚えている方の多い英語教材です。

『モクモク村のけんちゃん』のストーリー

「モクモク村」という名前の「けんちゃん」の村は、名前の通り、もくもくとした煙で空が見えないほどです。その原因は遠くにある山から煙が流れてくるから。その山からなぜ煙が流されてくるのか、そして、その煙を止めてもらおうと、けんちゃんは一人で山に向かいます。

しかし、山に行くまでの場所は「魔法の国」。魔法の国では、けんちゃんの国と言葉が違います。それが英語というわけなのです。けんちゃんは、途中、英語と日本語が話せる九官鳥の「キューちゃん」と出会います。キューちゃんに助けられ、英語表現を習得しながら、けんちゃんは山に到着し「魔王」に出会うのです。

ブリタニカ・ジャパン『もくもく村のけんちゃん』

『モクモク村のけんちゃん』に出てくる英語表現

約150の英語表現

『モクモク村のけんちゃん』に登場する英語表現は、子どもがよく使う表現ばかり。数は約150ほどで、何度も聞いていると自然と覚えてしまいます。

登場する代表的な英語表現

  • Hello.(こんにちは)
  • How are you?(調子はどう?)
  • Fine,thank you.(いいよ、ありがとう)
  • Where are you from?(どこから来たの?)
  • What’s the matter?(どうしたの?)
  • Good morning.(おはよう)
  • Can you speak English?(英語を話せる?)
  • How old are you?(何歳?)
  • I’m ten.(10歳です)
  • I’m sorry.(ごめんね)
  • Wait!(待って!)
  • Wake up!(起きて!)

重要な表現は何度も出てきます。途中でも何度も復習するように出てくるので、自然と英語表現が身につきますね。

大人もつい聞いてしまう!楽しいポイントとは?

けんちゃんの声優は「野比のび太」

けんちゃんの声を聞いていると、「どこかで聞いたことあるな…」と感じてくると思います。実は、この声優さんは「小原乃梨子」さんという声優さんで、親世代が見ていた時期の『ドラえもん』に登場した「野比のび太」役の声優さんなのです。小原さんは、他にも『アルプスの少女ハイジ』のペーター役や、『未来少年コナン』のコナン役を担当されていました。どこかで一度は耳にしたことのある声のはずです。

ツッコミどころが満載

途中で、アリ兵隊がけんちゃんの年齢を英語で聞きます。何を聞かれているかわからないけんちゃんは、キューちゃんに質問するのです。するとキューちゃんは…?

アリの兵隊「How old are you?

キューちゃん「きみの年を聞いているんだ。I’m ten.って答えるんだよ」

けんちゃん「どういう意味さ?」

キューちゃん「僕は10歳と言う意味」

けんちゃん「僕、ホントはもっと小さいんだけどな。まぁいっか。I’m ten!」

(出典:『もくもく村のけんちゃん』より)

子どもはあまり分かっていなかったのですが、大人が隣で聞いていると、ツッコミたくなってしまう箇所が時々登場して、つい笑ってしまいます。

『もくもく村のけんちゃん』の入手方法と価格

『もくもく村のけんちゃん』の入手方法

 『モクモク村のけんちゃん』ですが入手方法は簡単です。iphoneを持っている人は、APPストアでの入手が可能です。ipad版も公開されていますよ。iphoneipadを持っていない人用に、ブリタニカ・ジャパンからCDも発売されています。

『もくもく村のけんちゃん』iPhone版購入サイト

『もくもく村のけんちゃん』iPad版購入サイト

『もくもく村のけんちゃん』CD版購入サイト

『もくもく村のけんちゃん』の価格

『モクモク村のけんちゃん』の気になる価格ですが、iPhone版が1080円、iPad版が1700円、CD版は4628円のすべて税込みとなっています(20174月現在)。30年以上前の発売当初からすれば、考えられないような価格ですね。

親子で楽しめる英語入門教材