英語で「危険・危ない」を意味する英単語10選

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

「危険・危ない」を英語でいうと、おそらく多くの人が「dangerous」という英単語を頭に思い浮かべると思います。実は、「dangerous」の他にも、「危険・危ない」を表す英単語が数多くあるのです。今回は、ネイティブがよく使う「危険・危ない」を表す10の英単語と英語フレーズをご紹介します。

「危険・危ない」を伝える際に役に立つ10の英単語

1. dangerous (危険な・危ない)

I think that it's dangerous to go walking alone at night.(夜中に一人で外を歩くのは危ないと思うよ。)

“dangerous”は多くの人が一度は聞いたことがある英単語だと思います。「危険な・危ない」を表す単語で最も一般的な単語が“dangerous”です。また、“dangerous”は危険の程度に関わらず使える単語なので覚えておきましょう。

“dangerous”は人に怪我を負わせたり、物が破壊されたりするような危険な状況を表す際に使われます。つまり、この例文は何か危ないことが起こりるかもしれないから、夜中に一人で外を歩かないほうが身のためだよというニュアンスになります。

2. risky (危険な・冒険的な)

I don't want to do anything risky. (私はリスクがあることはやりたくない。)

“risky”には「危険な」の他に「冒険的な」という意味があります。“risky”は私たちもよく耳にする「リスク」のことです。なにかリスクが高いことに挑戦したりするときに使える「危険な」を表す単語です。つまり、“risky”は失敗や損失をもたらす可能性のある危険な状況を表す際にピッタリな単語なのです。

3. unsafe (安全でない)

Many people feel unsafe walking alone at night.(多くの人が夜に一人で外を歩くのを安全じゃないと感じる。)

“unsafe”は“safe(安全な)”の反対の意味で「安全ではない」という意味です。“dangerous”のように直接的に「危ない」という表現ではありませんが、本質的には同じ意味を持っているため“dangerous”の代用としても使うことができます。

4. harmful (危険な・有害な・悪い)

Drinking alcohol is harmful to your health. (飲酒は健康に悪いです。)

“harmful”には「危険な」の他に「有害な・悪い」といった意味があります。主に“harmful”は健康状態や環境に悪い影響与える場合に使われる単語です。実は“harmful”が使われている英文を訳す時はほとんどの場合、「危険な」ではなく「有害な・悪い」と訳されます。また、“be harmful to”(~に害を与える)は英語の新聞やネイティブの会話にも出てくるイディオムなので覚えておきましょう。

5. hazardous(危険な・危険に満ちた)

These are hazardous chemicals that can cause death if inhaled.(これらの有害な化学物質は吸い込んでしまうと死を引き起こす恐れがあります。)

“hazardous”には「危険に満ちた」という意味があります。実は、“dangerous”とは微妙にニュアンスが違い、“hazardous”はある特定の対象物が危険であることを示す際に使われます。特に有害な物質(Material)や化学製品(Chemical, Substance)を表すときに使います。

この例文では“chemicals”の前に“hazardous”がついてるので「有害な化学物物質」という意味になります。ちなみに“inhaled”は「吸引する」という意味です。

6. deadly(致命的な・命取りの)

She fell a victim to a deadly disease. (彼女は恐ろしい病気に取りつかれた。)

“deadly”には「致命的な・命取りの」という意味があるため、「危険な」状態を表します。ちなみに“victim”には「被害者・犠牲者」といった意味があります。つまり、この例文は彼女は致命的な病気を患っているというニュアンスになります。

7. critical(危険な・危機の・重大な)

She was in critical condition.(彼女は危篤状態だった。)

“critical”は生死を分けるような危険を表す際によく使われる単語です。主に、死に至る可能性がある病状を表すときに使います。この例文にある“critical condition”は患者が「危篤状態」や「重態」であることを意味しています。

8. perilous(危険が多い・冒険的な)

It was a perilous journey.(かなり危険な旅でした。)

“perilous”には「危険が多い・冒険的な」という意味があります。実は、“perilous”は“risky”にニュアンスが似ています。どちらもリスクを伴う危険性を表すときに使われる単語なのです。主に“perilous”は旅(journey)の危険性を示すときに使われます。つまり、この例文にある“perilous journey”は「非常に危険な旅」といったニュアンスになります。

9. treacherous(とても危険な・油断できない)

The road becomes treacherous when it is iced up.(その道路は凍結すると非常に危なくなる。)

“treacherous”には「とても危険な・油断できない」といった意味があります。この単語は主に悪天候によって引き起こされる危険を表す際に使わる単語です。台風によって波が高くなってしまう時や、大雪や低温が原因で道路が凍結してしまう時など、危険な状態になってしまう時に使われます。

10. fatal(危険な・命に関わる・致命的な)

This disease sometimes proves fatal.(この病気は命に関わることがある。)

“fatal”には“deadly”と同じように「致命的な」という意味があるため、「危険な状態」を表します。“fatal”には「死の原因となるような」という意味もあり、死が不可避であることを暗示する際にも使われます。

危険の程度、状況によって使い分けよう!


皆さんは、「危険・危ない」を意味する英単語をいくつご存知でしたか?実は、今回ご紹介した英単語の他にも「危険」を表す英語表現が数多くあります。しかし、この英単語10選とその使い分けさえしっかり覚えれば危険の程度や状態を説明するときに非常に役に立ちます。どの単語も微妙にニュアンスが違うので、うまく使い分けてみて表現の幅を広げてみてくださいね。

おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

プロがおすすめする英語学習の教材
F4b61241 50d2 4877 a756 18c6872cb324
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
4b07ba80 dd33 403a 829a 4b66fae1da9a
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー