英会話教室に通わなくていい!自宅で英語ができる子供を育てる方法

  • 幼児英語教育

「英語ができる子に育てたい」と感じているご両親が増え、英会話教室に通っている子どもたちが増えてきました。しかし、その反面、何年か教室に通った後で「思っていたような英語の力が育ってない」と感じるご両親も増えているように思います。今回は英会話教室ありきの英語学習ではなく、英会話教室に通わずに英語ができる子を育てるをご紹介します。

そもそも「英語ができる子ども」とは?


英会話教室に行っても目標があやふやで失敗する

幼児期に英会話教室に通わせるとき、「外国人に物おじせずに話しかけられるように」など、なんとなくの目標を決めていることが多いのですが、実際、何年も通った後に「ローマ字で自分の名前も書けなかった」「会話もまともにできなかった」など、「思っていた英語力がついていない」という結果を受けて、英会話教室を辞めるというご家庭も多いものです。


つまり、それだけ「英会話教室は結果が見えにくい」のです。そのため、多くの英会話教室では、広告などで「英検〇級、何歳で合格」などの具体的な結果を載せることが増えてきました。

1年後の目標は英検5級に

・英語の簡単な文なら理解できる

・簡単な英会話なら聞き取れる

みなさんが思われているような英語学習の目標を具体的に言語化すると、というような人が多いのではないでしょうか。

これくらいの目標であれば、英語を1年学習すれば修得させることができます。しかし、客観的にその力を計るのは難しいので、ここではあえて上の目標を網羅している「英検5級」という目標を立てて、その目標を達成してみることをお勧めします。結果が出ないあいまいな英語学習はもうやめましょう。

英語学習開始後1年で英検5級を取得するには?

英語が読めるようになる多読

まず英語が読めるようになるには、たくさんの英語の文に触れることが大事です。それには、英語の絵本がお勧めです。日本語と違って、意識しないとなかなか触れることができない英語だけに、英語絵本でたくさん触れるようにしましょう。具体的には1日に10冊以上は読み聞かせをしてあげることを目標とします。最近では図書館でも英語絵本を置いてあるところも増えていますので、幼児でも英語の絵本が読める子に!親が読み聞かせすべき英語絵本10選の記事をぜひ参考にして、借りて読むことも視野に入れましょう。

英語の教科書は鉄板!