子供の英語力を測るテスト!TOEFL Primaryって知ってる?

  • 幼児英語教育

TOEFL」という試験は、英語学習者の多くが耳にしたことはあると思います。TOEFLの正式名称は「Test Of English as a Foreign Language」、英語を母国語としない人のための英語運用能力を計るためのテストです。海外の高等教育機関への留学を目指す場合、必須ともいえるテストとなっています。「英検」が日本国内に特化して英語力を計るテストという反面、「TOEFL」は世界標準で使われている英語力を計れる試験なのです。

「TOEFL Primary」とは?


TOEFL対象者より小さい子供向けの試験

しかし、TOEFLはその性質上、大学内や講義内の会話や行動についての設問が多く、小さい子どもでは、あまりピンとこない設問も多く用意されています。そのため、もう少し小さな生徒向けに「TOEFL junior」と「TOEFL Primary」の2種類があるのです。「TOEFL junior」はおおまかに中学生~高校生向けのテスト。「TOEFL Primary」は小学生~中学生向けのテストと言えます。

「TOEFL Primary」の受験対象

TOEFL Primary」は、先ほどもご紹介した通り、おおまかには小学生~中学生向けのテストですが、受験の年齢制限はありません。もう少し小さい子どもでも受験できますし、大きい子どもでも受験できます。試験時間は1時間程度。受験料は3,880円(税込み、20174月時点)となります。

「TOEFL Primary」が人気の理由

TOEFL Primary」が人気の理由は、TOEFL開発元の「Educational Testing Service」が開発していること。将来、TOEFL受験を前提に、設問等もすべて英語表記されているなどTOEFLの雰囲気に慣れられる、というメリットがあります。

そして、TOEFL同様、覚えたことを試されるテストではなく、「どれだけ英語を使えるか」という部分を中心に見られます。ペーパーベースの試験で、リーディング力と、リスニング能力を計ることができます。これから国際社会で活躍する子どもたちの将来を思うと、このように国際的で、実際に英語を使えるかどうかを計れるテストの存在は魅力的ですね。

「TOEFL Primary」のテストレベルは?

ステップ1で英検4級程度

TOEFL Primary」のテストレベルは、どれくらいかわからない人も多いと思います。英検で言えば、「TOEFL Primary」ステップ1は英検4級くらい。ステップ23級くらいになります。子どもたちにとっては、やりごたえのあるテストでしょう。

英検4級のレベルがなくても受験OK

しかし、英検4級くらいのレベルはないから受験は無理…とあきらめないでください。特にステップ1は、学校や学校、外遊びなどの身近な内容となりイラストも多いので、英検は少し難しくても「TOEFL Primary」ならわかるというお子さんもいます。

子供の英語力を適切に測るテスト

筆者もですが、英語学習が学校で本格的に始まっていない子どもと英語を学習していると、今、子どもにどの程度の英語力がついているのかわからなくなる時があります。そんなとき、「TOEFL Primary」や「英検」などの外部試験を活用することで、「今何ができて、何ができていないのか」を客観的に見ることができます。

次の試験では、「以前できていないところをできるようにする」というような気持ちで、試験に望んでみることで、徐々に英語力もアップするでしょう。特に「TOEFL Primary」は、子どもの生活に密着した内容のため、小さいお子さんから受験することができるので近年人気が高まっている理由も頷けますね。

「TOEFL Primary」公式サイト

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb 71313ea99d2ef6f1afa2c51127e3152a4c0b733f60060de53d4054ff18589e3c