受験勉強で終わりじゃない!大学入学後の英語学習は何をやるべきか?

  • コラム

大学入試が終わり、入学式を迎え、いよいよ大学生となった方は今までの受験勉強から解放されて、とても清々しい気持ちでしょう。もう詰め込み型の勉強が終わり、安心しているところだと思いますが、大学入学後こそ、英語の勉強を続けていくべきなのです。その理由は主に3つあります。1つは、まず大学の英語クラスは大抵がレベル別に行われるのでクラス分けテストがあるからです。高いレベルのクラスに入れれば、それだけ高い英語教育を受けることができます。2つ目に、もしあなたが海外留学をしたいと思っているのなら、TOEFLなどが必要になるからです。3つ目は、就職活動前に焦ってTOEICの勉強をしなくても済むように今から鍛えておくためです。

質の良い英文をたくさん読むことが重要!

大学3年次になると、理系は研究室に、文系はゼミに所属します。特に理系や国文学以外の学科では、創業論文を書くために参考として英語の論文を読まねばならないことが増えてきます。1次文献として、英語で書かれたものを大量に読むためには、英語に慣れていないと時間が大変かかります。

そのために、1年次から質の良い英文に触れることが大切です。おすすめの教材は、『速読英単語(1)必修編 改訂第6版』から『速読英単語(2)上級編 改訂第4版』です。難関大学合格レベルの英単語が無理のない分量で読めますので、電車の中など移動時間やスキマ時間に1ページずつ読むことができます。

また、英字新聞のジャパンタイムス英語学習サイトであるThe Japan Times STはニュースを英語で読めるだけでなく、日本語訳も全文載っています。このサイトのコンテンツは無料で使用できますので、活用しない手はありません。スマートフォンからでも見やすくなっていますので、いつでも読める手軽さが便利です。

ニュースだけでなくエッセイもありますので、読み物としても面白いでしょう。

単語力を身につけるなら、手軽なアプリを使用してみると良いです。英語にそこそこ自信のある方は、アプリ『究極英単語!TOEIC800点突破編』や『Drag TOEIC 900』などを試してみましょう。ゲーム感覚でサクサク進めまられますので、勉強しているという感覚よりも楽しんで英単語が身につけられます。

大学入学後は英語の文法などを勉強することはほぼありませんので、いかに語彙力を増やすかが大切です。特に、大学院に進学しようと思っている方は、英語での学会発表や論文読解、英語論文の執筆が待ち受けていますので、学生のうちに語彙力を増やしておくことが大切です。

お堅い文章はどうしてもとっつきにくい!という方におすすめなのは、BuzzFeedです。こちらはアメリカやイギリスだけでなく世界各国の面白ニュースが読めます。英語は楽しく学びたい、読むならまずは面白いものを読んで慣れたいという方は是非試してみてください。

おすすめの英文学習サイトやアプリ

リスニングはただ受身で聞いているだけでは身につかない

おすすめのアプリはTED Audio Booksです。字幕もつけられますし、スピーチの全文が英語でも読めます。音を聞きながら字幕を読んだり、しゃべっている部分の訳を読むことができるので、実際の発音と照らし合わせることができます。もちろん日本語の全文訳も付いています。1文ごとに英語と日本語が併記されるように設定を変えることもできますので、このアプリだけで字幕付きで見る、英語のテキストを見ながら聞く、文ごとに英文を区切って自分もリピートしてみるという勉強法ができます。

また、現在は国立の単科大学として1つしかない東京外国語大学の東京外国語大学言語モジュールも無料で利用できます。基本的にどの言語も基礎会話を重視していますが、生の発音を聞くことができますし、アメリカ英語だけでなく、イギリス英語、オーストラリア英語など様々な英語が会話を通して学べます。TOEICのリスニング試験は、アメリカ以外の英語もリスニングに取り入れられていますので、様々な英語の発音を耳で聞き分けられるようになるための入門として、使用すると良いと思います。

もちろん、画面には字幕もつけられますので、字幕を見ながら会話シーンを見てから、字幕を消して繰り返し見ることもできます。これも全くの無料で利用できますので、音に慣れるためには活用しない手はありません。

また、学生向けとしてはCNN Student Newsなどがおすすめです。CNNニュースを補助教材として英語が学べますので、時事英語にも強くなれます。時間のある学生だからこそ、ニュースを英語で読んだり聞いたりしましょう。

無料で使えるおすすめのリスニング教材サイト

英語の学習は大学生こそ行うべきである

英語の学習に終わりはありません。進学したり、就職することで、より英語に触れる機会が増える方もいるでしょう。今はまだ英語ができることはアピールポイントの1つとなりえますが、これからは英語ができて当たり前の時代が来ることと思います。まだ吸収力の高い大学生のうちこそ、英語を勉強しておくことで他国のライバルに差をつけられないよう切磋琢磨してきましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb 71313ea99d2ef6f1afa2c51127e3152a4c0b733f60060de53d4054ff18589e3c