バイリンガル教育には必須?英語幼稚園について徹底解説!

  • 幼児英語教育

最近、従来のような外国籍のお子さんを対象にしたインターナショナルスクールではなく、日本人のお子さんを中心に英語のみで保育を行う英語幼稚園が増えています。今回は、そんな今注目の英語幼稚園について取り上げます。

英語幼稚園は必要か?


気になる英語幼稚園卒業後の英語レベルの目安

一日5時間近くを3年間英語のみで過ごすようになりますので、一体どれ位の英語力が身につくのか一番気になるところですね。園の方針にもよりますが、一般的には卒業時には日常会話レベルと、簡単な読み書きが出来るようになります。ただし期待される発音に関しては、ご家庭で日本語を使われている場合は、日本語のアクセントが残る場合がほとんどです。しかし大人になってから留学した人に比べると、ネイティブにとって聞き取りやすいクリアーな英語に仕上がる可能性があります。

一日5時間英語環境で過ごしたとして、大体の目安は下記になります。石の上にも三年です。

  • 3歳 単語がポツポツで始める
  • 4歳 簡単な文章でコミュニケーションを取り始める
  • 5歳 成功例では生徒同士で流暢に英語を話しはじめる。ネイティブの先生がいないときも子供同士が英語で話しているようならば、大成功。

英語幼稚園最大のメリットは英語耳ができること

早期英語教育の一つのゴールとして、約2000時間(5.5時間×365日)の英語のリスニングの壁を破れるかということが挙げられます。約2000時間英語漬けになることにより、基本的な英語耳が出来上がってきます。海外の英語圏に移住したお子さんでも英語が出てくるまで1年位かかる場合もありますので、英語幼稚園に通った場合でも、英語のインプットに1年位(2000時間以上)かかることは覚えておきましょう。

2000時間のリスニングは自宅学習で英語のDVDを子供に見せることによって到達可能な目標ですが、お子さんの性格により、日本語以外の番組をみたがらなくなるというのは多いに考えられることですので、そう容易な事ではありません。ですが、英語幼稚園に通うことにより、この2000時間の壁をいとも簡単に打ち破ることが出来ます。卒業時に英検5級(中学初級レベル)を取得することはそんなに難しいことではありません。

英語幼稚園に関し、考慮しなければならない点

外国人先生の高い離職率

日本の幼稚園では考えられないことですが、外国人の先生の離職率が高く、年度内に突然担任の先生が変更になってしまうことがあります。

また、通常の日本の幼稚園に比べてしまうと園庭などが限られている場合が多く、その場合、幼稚園と別に運動系のお稽古に通わせたり、放課後に思いっきり体を動かせることも必須になってくると思います。また、園の規模も小さく、アクティビティーの幅も限られる為、さまざまな場面でフォローを入れていく保護者の余裕が必要になります。

預ける親の英語力

親が思ったように先生と英語でコミュニケーションが取れないのは意外にストレスになってきます。そのため、ご自分も入園をきっかけに英語の勉強を始める保護者さんが結構いらっしゃいます。

園によって全く異なる教育方針

現状、ほとんどの英語幼稚園は特に認可をうけておらず、英語教室の延長である場合が多いため、教育方針が園によって全く異なります。欧米系、インド系、日本語教育をバランス良く組み入れている園など様々です。これは保護者の方たちが足を運んで、現場の空気を読むしかないところですので、学校見学は入念に行いましょう。

バイリンガル教育にデメリットはある?

日本語の遅れは心配しなくてもOK

バイリンガル教育を行うと、言葉の情報量が多くなりますので負荷がかかることは確かです。この傾向は特に言葉より体を使ってコミュニケーションを取っていく、男の子に見られます。しかし、一日5時間を英語で過ごしたとしても、家に帰ったら日本語の環境の場合は、日本語の方が強くなるのが普通です。特に幼児の間は、母親(最も一緒に時間を過ごす人物)の母国語に一番影響を受けるものです。ですので、この場合、お家で多少日本語の読み書きを練習させてあげていれば、英語幼稚園に通ったとしても特に日本語の遅れは心配されるものではありません。

大変な卒業後の英語維持

英語幼稚園卒業後に英語教育をやめてしまうと、この年齢での帰国子女の子供達が帰国と同時に英語を忘れていくのと全く同じ現象が起こり、瞬く間に英語を忘れてしまいます。小学校入学前の子供の読み書きの力は母国語の日本語でもまだまだあやふやなものです。

小学校入学後のフォロー

小学校に上がったら、英語を定着させるのに大切になってくるのが、読み書きの力です。小学校入学後、子供達の読み書きの力はぐんと上がりますので、週一回でもいいので、読み書きをきちんと勉強できる学校に通わせるのも英語力維持に非常に有効です。英語の幼稚園に通っているお子さんは、英語のDVDやアニメ、You Tubeを理解できるレベルだと思いますので、是非小学校に入ってからも続けましょう。又、英語幼稚園に通っているお子さんは基礎英語力が十分にできていますので、卒業後はスカイプ等を利用して、お稽古に通う時間を節約してもいいでしょう。

バイリンガルの種を植えてあげる

賛否両論ある英語幼稚園ですが、一度出来た英語耳はずっと残り、例え成長過程で一度衰えてしまったとしても本人の努力で英語力を取り戻し、さらに飛躍していく可能性の種を幼少期に植えてあげることになります。もしも通学範囲に英語幼稚園があるようでしたら、一度見学に行ってみると良いでしょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb 71313ea99d2ef6f1afa2c51127e3152a4c0b733f60060de53d4054ff18589e3c