ロングセラー参考書「英文標準問題精講」で大学受験英語を攻略しよう

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

入試最難関大と呼ばれる東京大学、京都大学、東京外国語大学では非常に高い英文解釈の力が要求されます。そういった大学の英語入試でリードを奪える力が身につく参考書が、英文標準問題精講 新装5訂版です。初版が1933年と、非常に長い間大学受験英文解釈参考書のトップに君臨しているこの参考書を全て解き明かしていきます。

英文標準問題精講 新装5訂版の内容と特長

英文標準問題精講 新装5訂版

英文標準問題精講 新装5訂版

必要とされるレベル

英文標準問題精講 新装5訂版は非常に難易度の高い参考書です。ですので、一定以上のレベルがなければこの本を消化することは出来ません。具体的な目安は、河合塾全統模試で英文解釈の点数が8割以上取れることが最低条件です。大学入試のレベルで言うとMARCH程度の英文は普通に読めるレベルがなければいけません。また、ある程度の日本語力や常識力も求められます。

英文標準問題精講 新装5訂版に挑戦するべき人

東京大学の要約問題や和訳問題で圧倒的な点数を取りたい人

英文標準問題精講 新装5訂版では東京大学で必要とされる、英文への深い読解力が身につきます。また英文を日本語で要約したり、別の英語で置き換えるなどの問題の解き方が載っているため非常に高い国語力が身につきます。英文和訳問題・要約問題が出てくる東京大学受験生に非常に向いている参考書です。

京都大学レベルの和訳問題で自然な日本語を書けるようになりたい人

京都大学の英語入試問題では日本一と言っても過言でないほどの難しい英文和訳問題が出題されます。英文和訳と言ってもただの英文解釈というだけでなく日本語としての表現力も採点対象となるので、この参考書のこなれた和訳表現は京都大学の英文和訳問題としても有効です。

英文標準問題精講 新装5訂版が必要ない人・向かない人

英語をセンター試験でしか使用しない人

センター試験の勉強の為に英文標準問題精講 新装5訂版に挑戦するのは明らかにオーバーワークです。センター試験とは問題の傾向も全く違いますし、何より英文標準問題精講 新装5訂版に載っている英文はセンター試験の英文とは異質と言って良いほどレベルが高すぎるからです。

マークシート式のテストでしか英語を使用しない人

英文標準問題精講 新装5訂版の問題はほぼ全て記述問題で出来ています。マークシート式の客観式のテストとは問題の傾向が全く違ってきますので、他のマークシート式の問題集を使用した方が勉強の効率が良いはずです。

到達するレベル

この参考書をマスターすると、大学入試の英文解釈問題ではほぼ満点近い点数が期待出来ます。それが例え大学入試最高峰の京都大学の英文和訳問題であっても、東京大学の英文要約問題であってもです。ですから、この参考書が出来るようになれば、大学入試で英語の点数では合格者平均点を軽く越えられるようになります。

内容

三つに分かれているパート

この参考書は「初期10日間」「中期10日間」「後期10日間」とパートが分かれていて、問題も徐々に難しくなっていきます。しかし、英文の内容を理解する時間や分量を考えるとこの参考書を30日で終わらせるのは物理的に不可能に近いです。また復習の時間も考えると、半年近くは完成するまでに見ておいた方が良いでしょう。

問題は英文和訳がメインなのですが、「後期10日間」になると、問題も様々になってきます。英語を英語で入れ替える問題があったり、英文の理由を日本語で説明する問題があったり、難しい構文で出来た英文の要約問題があったりします。

問題の多様性

この問題集が他の問題集と比べて優れている点はこの問題の多様性にあります。英語力だけでクリア出来る入試問題もありますが、超難関大学の入試問題には英語力だけでなく、国語力が必要になってきます。この問題集では英語とリンクした高い国語力や常識力が求められるため、超難関大学の入試問題も突破できる圧倒的な力が身につきます。

使い方

順番に、丁寧に解く

基本的には最初から順番に問題を解いていきます。和訳問題は面倒くさがらずにキチンを和訳をノートなどに書いて、答え合わせをしましょう。また自分の受ける大学には出題されなくても、要約問題や説明問題もキチンと解くようにしましょう。要約の字数制限がある問題を解くときには、マス目の付いたノートを使うと文字数がわかりやすくて便利だと思います。そして、解説を見ても理解出来ない場合は、英語の先生のような分かる人から説明を受けましょう。

音読で仕上げる

最後の仕上げとしてスラスラ読めるまで音読をしましょう。その際、読みながら意味がしっかり分かっていなければなりません。字の上っ面を眺めて読むのではなく深く理解をしながら読むようにするのです。最終的にはスラスラ読めるようになるまで音読をしましょう。ここまで十分に仕上げれば、英文解釈に関しては全国模試で名前が載るほどの力が付きます。

大学合格後も使える英語力を身につけよう

この参考書は大学入試だけでなく、大学院入試などにも使われている参考書で、ほとんどの大学入試の英語問題のレベルを越えています。ですので、英語でぶっちぎりの成績を取って大学に入った後、英語を使った専門職になったり、英語の原文を読めるようになる力まで身につくのです。英語が得意で大好きな人にはピッタリな参考書ですので、末永く愛用できますよ。

おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

効率よくスコアアップするためには、リーディングとリスニングが同時に勉強できるTOEIC対策アプリを利用するのがおすすめです。

特に、TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

プロがおすすめする英語学習の教材
F4b61241 50d2 4877 a756 18c6872cb324
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
4b07ba80 dd33 403a 829a 4b66fae1da9a
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー