英語で「~を使って」を表すbyとwithの使い分けポイント

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

「by email 」は「Eメールで」、「with a pen」は「ペンで」。

日本語に訳をすると全く同じに「~で」になってしまうこの二つ。大した違いではない様に思うかもしれませんが、間違えて使ってしまうと、ネイティブスピーカーには不自然に聞こえてしまいます。この二つの違いを学び、しっかりと使い分けられる様にしましょう。

英会話で「~を使って」という意味のbyの使い方


byの意味を辞書で調べると、「...のそばに、のかたわらに、の手元に、…のそばを、…を過ぎて、を通って、…に沿って、…を経由して、…によって、…で」と出てきます。今回学ぶのは、その中の、「~で」「~によって」という表現です。

「手段」「方法」の「by」

Please send us the contract by mail.(郵送で契約書を送ってください。)

Please send us the invoice by email.(メールで納品書を送ってください。)

byの後は、 “by mail” “by email”の様に、冠詞なしになり、通常複数形にしません。「手段」「方法」は目に見えないものであり、数えようがないからです。

中学で習うけれど実は不自然な「by」

I go to school by bike. (私は自転車で学校に行きます。)

My father goes to work by car. (私の父は車で仕事に行きます。)

これらの表現は、文法的には全く間違いではないのですが、ネイティブスピーカーはこの様な言い方はほとんどしません。

I bike to school.  (私は自転車で学校に行きます。)

My father drives to work.  (私の父は職場まで運転して行きます。)

「bike」「drive」という動詞を使う方がより自然な表現となります。

英会話で「~を使って」という意味のwithの使い方

withの意味を辞書で調べると、「…で、…とともに、…と一緒に、…を連れて、…の一員として、…に勤務して、…をあわせて、…を含んで、…と、…に賛成して、…に」
と出てきます。今回学ぶのは、その中の、「~で」「~とともに」という表現です。

「道具を使って」の「with」

I wrote my address with a pen.(ペンで住所を書きました。)

Chop vegetables with a knife.  (包丁で野菜を刻みなさい。)

その道具を人が使って何かをするので、手段、方法のbyではなく、「~とともに」という意味を含む「with」が使われるのです。「~を使って」というイメージです。

違いをマスターして、より自然な英語に

日本語に訳をした時にはどちらも「~で」となりますが、この二つを使い分けられる様になれば、より自然な英語に近付きます。また、TOEICでも、品詞を選ぶ問題がありますので、TOEICでも点数アップに繋がります。この二つの違い、是非マスターして下さいね。

おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

効率よくスコアアップするためには、リーディングとリスニングが同時に勉強できるTOEIC対策アプリを利用するのがおすすめです。

特に、TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

プロがおすすめする英語学習の教材
F4b61241 50d2 4877 a756 18c6872cb324
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
4b07ba80 dd33 403a 829a 4b66fae1da9a
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー