テストではわからない!日常英会話が上達したら感じる10の変化

  • 英会話

英語を一生懸命勉強していても、英語の日常会話が上達しているかどうかを測ることは難しいものです。この記事では、アメリカに住んでいたときに私が「英語うまくなっている!」と実感した日常の変化をご紹介します。

日常英会話が上達していたら感じる10の変化


1.初対面の人が自分の英語を問題なく理解できる

仲良くしている人や、周りの人たちは自分の日本語訛りのアクセントに慣れていきます。ですから、たとえ間違った発音やわかりづらい発音をしたとしても「この子はこの単語はこう発音するから」と覚えておいてくれるんです。

しかし、初めて会う人は違います。日本語訛りの英語に慣れていない人たちは、今まで通じていた単語も「え?」の連続になることもしばしばです。初対面の人に「え!?」と聞き返されないようになれば、あなたの発音は立派なレベルだと自信を持って良いでしょう。

2.相手に自分が言いたい言葉を言わせない

英語に慣れるまでは単語がわからなかったり、言い回しがわからなかったりして話し相手に予想してもらいながら会話することになります。So, you mean, after school program?(放課後学校のことだよね?)などと言いたいことを確認されてしまうんです。

しかし、この確認されることがなくなれば、あなたの単語力・説明力は理解するのに十分なレベルに達しています。

3.返答を単語ではなく、文章で言える

最初の返答はYes、No。次は単語でtasty、hotのような単語だけで通じる英語を話しますよね。しかし、It’s tasty. I like this crunchy texture.(おいしいね。このカリカリの食感が好きだわ)などと言った具合に英語が上達してくると具体的なコメントできるようになります。

自分の思ったことを文章にして瞬時に言えるようになっていれば、確実にあなたの会話の作文力は上がっています。

4.英語がわかるフリをしなくなった

英語を頑張っているけども、まだまだ実力が追いついていないときにやってしまうのがわかるフリです。わかるフリもその場の雰囲気を保つために大切なことですが、その時間が減って、あなたが聞くだけではなく小気味よく質問したりコメントできているのなら、あなたの理解力のレベルが上がっていると思って良いでしょう。

5.パーティーでのリスニングに余裕ができた

パーティーでは複数人が様々な場所で会話し、雑音も多いのでとにかく会話に乗り遅れないように必死になるのが初心者です。しかし、自分の会話しているグループの話題がきちんと理解できるようになっているならリスニング力に自信を持ちましょう!

6.パーティーで話題の中心になっても動じない

みんなの話を完全に理解できるようになったら、発言するようになります。もちろん、発言している間はその会話グループ全員に見られるので緊張してしまうでしょう。そして自ら発言する前に「でもさ」のような切り出す一言を自信を持って言えないと、もそもそ言ってるだけでは誰も見向きもしてくれません。

あなたの発言を全員聞いてくれるような場面でも動じないようになれば、あなたの度胸と突破力は本物です!

7.ジョークを言って、笑いをとれる

会話を聞き取れるようになったら、心の中で突っ込んだり、揶揄したコメントを日本語で考えるようになります。そして、それを英語で発言しても初心者だと伝わらないのです。「え、なんでそんなこと今この人言ったんだろう」とポカーンとされてしまいます。

しかし、英語が上達していれば的確なタイミングで比喩を交えたツッコミもできますし、相手の話を使って突然ボケても「この子は意図的におもしろくしている」とわかってもらえるので笑ってもらえます。ジョークはタイミングが大切なので、思いついてすぐに言える瞬発力が十分に備わっていると言えるでしょう。

8.ニュアンスを使い分けることができる

単語の微妙な使い分け、言い回しのニュアンスを使い分けられるようになればかなりの上級者です。同じ「これ取って」をどういう言い方で誰に、どんなシチュエーションで言うかなどは最初は初心者にはわからないものです。この力を養うにはネイティブと会話する、ドラマ・映画で関係性に気をつけながらリスニングする必要があります。

9.「英語うまいね」と言われなくなる

頑張って英語を話しているときはYour English is pretty good.(英語かなりうまいね!)なんて褒められることも多いですが、ある程度のレベルになってくると「英語上手だね〜」なんて言われなくなります。「この子は話せて当たり前」という扱いになるのでわざわざ褒められません!

10.英語で喧嘩しても勝てる・論破できる

お店でクレームをつける、絶対ミスを認めない同僚に謝らせる、友達と喧嘩できるレベルになればあなたはすでに英語を自分の言葉として扱えています。感情的になるシチュエーションでも論理的に英語を話して相手を納得させる力があるなら、あなたの英語脳ができてると言っても過言ではないでしょう!

日常会話の変化を大切にしよう

スピーキングテストがあるといえど、普段の会話力はテストで測れるものではありません。周りの人たちの何気ない反応の変化に気づくようになると「前より上手になったみたい」と自分の英語に自信が持てるようになります。是非小さな変化でも、前進していたら自分を褒めてくださいね。


この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2