IELTS(アイエルツ)とは?試験の特徴と対策まとめ

  • 英語試験
  • 英語試験対策

英語試験といえば英語検定、TOEICが日本では有名ですよね。しかし、英国圏(イギリス、オーストラリア、カナダなど)への海外留学を目指すにはIELTSやTOEFLのスコアが必要です。そこで日本ではまだまだ知名度の低いIELTSについてご紹介します。 

 

IELTS対策の前に知っておくべきこと

IELTSで計測できること

IELTS(アイエルツ)はInternational English LanguageTesting Systemの略称です。海外での留学、就業や移住の際、英語スキルを客観的に評価するものです。テストはアカデミック(A)とジェネラルトレーニング(GT)の大まかに2つに分けられ、それぞれListening・Reading・Writing・Speakingと4つ試験を受けます。

また、スコアも○○点満点という言い方はせず、0~9の10段階で標記されます。さらに、この試験はケンブリッジ検定らとともに最も難しい分類に位置付けられています。


出典:英語4技能試験情報サイト

大学・企業に入るための必要なIELTSスコア

外国の大学や企業にIELTSのスコアを提出する際にどのぐらいの点数が必要かは募集要項等に記載されているはずです。しかし、一般的に大学進学にはアカデミックモジュールで6.0以上、大学院進学には6.5以上が必須です。Bandscore (Overall)とは、4つの技能の試験結果を平均して算出した値です。

<例>
L6.0、R6.0、W5.5、S5.5 = 6.0
L6.0、R7.0、W5.0、S5.0 = 6.0

しかし、多くの大学では各セクションで最低○○以上といった基準があり、合計スコアが6.0を超えていたとしても、ひとつの科目の点数が著しく低くては、入学許可をしないといったこともあります。

IELTSの試験内容

テスト内容について簡単に説明します。基本的には世界中どこで受験してもListening、Reading、Writing、Speakingの順番に受けます(Speakingは別日に行われることもあります)。

IELTS Listenig(30~40分)

全40問あり、4つのセクションで構成されています。A・GTとも同じ問題を受けます。

Section1:電話や店舗での会話。穴埋めが中心。

Section2:地図に関する会話やインフォメーション。選択問題が中心。

Section3:学術的な話題(会話)。穴埋めと選択問題が半々。

Section4:学術的な話題(スピーチorプレゼン)。穴埋めが中心。

IELTS Reading(60分)

同じく全40問あり、3つのパッセージから構成されています。しかし、AとGTでは別々の問題を受けます。文章自体の難易度はアカデミックがより専門的な単語や話題が題材となっています。

1つのパッセージはおおむね700~800単語で構成されています。ジェネラルトレーニングはテキストのほかに図表があったりと、アカデミックよりやや読みやすい文章と言われています。

問題形式はいくつかあり、ヘディング・YES-NO-NOT GIVEN・TRUE-FALSE-NOT GIVEN・マッチング・選択問題などです。

IELTS Writing(60分)

ライティングは4つの技能の中で最も難しく、多くの人が苦しむ試験です。Task1とTask2の二部構成です。これもAとGTではテスト形式が異なります。アカデミックはタスク1ではグラフや地図、フローチャートを見て、それに関して150単語以上でレポートするといった形式です。

一方、ジェネラルトレーニングはビジネスやプライベートレターを150単語以上で書きます。タスク2はともに250単語以上のエッセイを書きます。

IELTS Speaking(約15分)

Part1:簡単な会話(自己紹介や自分自身の経験など)

Part2:お題に沿って2分間のスピーチ

Part3:Part2のトピックに沿った一般的な質問(Part1と比較すると説明や例をあげる 必要あり)。 

面接官とマンツーマンでインタビューを受けます。これはリスニングと同様に両モジュールとも同じ問題を受けます。これは3つのパートに分かれており、面接官の質問に答えるといた形式で行われます。

IELTSを制覇して留学・海外勤務に近づこう!

ノンネイティブスピーカーが海外の学校で勉強するにあたり、TOEICや英検のように偏ったスキルだけではなく、全体の英語スキルを評価してくれる非常にすぐれた英語試験だと言えるでしょう。現在は約135カ国の企業や団体がこのスコアを英語能力の指標として採用しています。海外留学や就業を考えている方はぜひ挑戦してみてくださいね。

おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

効率よくスコアアップするためには、リーディングとリスニングが同時に勉強できるTOEIC対策アプリを利用するのがおすすめです。

特に、TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

プロがおすすめする英語教材
69855cc3 391a 4366 8e6f 9cad89a7479e
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
1329a5d0 98f4 43ab b6b0 9870655b6104
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔英語試験対策コースあり
✔サービス満足度No.1
✔最高品質の教材カリキュラム
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー