TOEICリスニング対策!PART1を攻略して勢いと自信をつけよう!

  • TOEIC対策
  • TOEICリスニング

TOEICのリスニングPARTで一番初めに解くことになるのがPART1の写真描写問題です。リスニングPARTで高得点を狙うには、このPARTを自信を持って解くことで自分のペースを作ることが不可欠です。

PART1は写真が載っていることもあり、リスニングPARTの中では解きやすい部類に入ります。また、過去に出た問題と似たような問題が表れることも多いので、対策も比較的立てやすいです。TOEICが新形式になってからPART1の問題数は減りましたが、ハイスコアを狙うには落としたくないPART1につてご紹介します。

単語の意味が独特なPART1


TOEICは基本的にビジネス英語を使った問題が多いのですが、PART1に関してはその原則は当てはまりません。PART1は他のPARTではまず出ないような表現が出ることが多いのです。

例えば、お店の中で男性が商品を見物しながら歩いている写真を表す表現があります。

A man is browsing items in a shop. (男性が店で品物を見ている)

ここで出てくる、browse(~を見渡す、~をざっと見る)という単語は他のPARTでは目にすることはないと思います。

しかし、PART1だけで見ると、このbrowseという単語はかなりの頻度で表れる単語で、覚えておかなければいけない表現の一つです。しかもbe browsing(~を見ている、~をざっと見渡している)という現在進行形で表れることが多いことも知っておかなければなりません。

これはほんの一例にすぎませんが、PART1はPART1独特の表現の対策をしっかりしておかないと高得点は取りにくいんです。つまり、他のPARTの単語やイディオムだけ覚えているのでは、PART1の表現について行くことは難しいということです。

PART1は瞬間的な判断力が必要

PART1は1問に付き4つの英文が放送されます。決して一つ一つの英文が流れるスピードが早いわけではないのですが、解答に迷っていると、次の英文が流れ始めて聞き逃してしまうことがあります。そういった迷いを少なくするためにも、本番までに数多くの問題に当たって、語彙力やリスニング力、判断力を鍛えておく必要があります。

また、普段から新しい問題に取り組むときには、連続して問題を解くことによってPART1の音声の間がどれくらいなのかを体感しておくことも重要です。

PART1の対策をすれば自信がつく!


PART1は簡単なPARTとは言われていますが、決してあなどれないPARTです。

そしてPART1の攻略はリスニングPART全体の攻略につながります。TOEIC全体の攻略のためにも、しっかり対策をしておきましょう。TOEICリスニング対策・PART2で高得点を確実に取る秘訣の記事も参考に是非TOEICの高得点を狙ってくださいね。


この記事が気に入ったらシェアしよう