「かしこまりました」の英語わかる?ビジネスで使える3つの言い方

  • 英会話

日本語にあって英訳できないものはたくさんありますが、なんとなくニュアンスが近いものは探せばあるはずです。ビジネス英語においても、「これは英語でどう言うのだろう」と思われる言い回しがたくさん出てきます。

今回は、日本語で「かしこまりました」という場面を英語にしたらどのような表現になるのかをシーン別にお伝えいたします。

英語で「かしこまりました」の言い方3つ


1.内容を「理解しました」の意味で使うunderstand

中学英語で習うunderstandという動詞は、直訳すると「理解する」という意味の動詞なのはみなさんご存知でしょう。

しかし、ビジネス英語においてunderstandを使う時は「報告された内容を理解し、かつ承知しました」という意味を持ちます。

何か報告や連絡をもらった時に、その内容を理解しましたと伝えたい時はシンプルに“I understand (it)”という表現を使うと良いです。

よくあるのは、総務や人事からのメールに返信する場合です。こちらからはアクションを起こさず、ただ単に「内容を理解しましたよ」というだけの場合に使うと良いです。友人同士などのくだけた間柄ならば “I got it”でも構いませんが、あまりビジネスシーンでは使いません。

よくメールで使われる表現に、“Noted”というものがあります。これはもらった報告などに対して「確認しましたよ」という意味を持たせます。

2.確認の意味を持つNotedとバリエーション

最初、もしNotedとだけ書かれたメールをもらったら戸惑うかもしれません。大体の方はnoteという動詞からは「メモをする」という意味を連想するでしょう。

具体的にどのようなときに使うかといえば、例えば自分の上司からやってほしい仕事内容をメールでもらった場合に返信する時です。

Notedだけでも良いのですが、目上の方ですので丁寧な方の“Duly noted”をよく使います。“duly”の意味は直訳すると「正確に」という意味ですが、“Duly noted”という形にすると、「確かに貴方様からの連絡を受け、それを確認しました。」という意味で、転じて「かしこまりました」になるわけです。

notedのみだと軽い感じがしたり、年上や目上の方に使いにくいという場合は“Duly noted”や“Noted with thanks”という形にしてみましょう。

3.頼まれごとを承る意味のCertainlyを使う

お客様からのご要望などにお答えするとき、「是非ともそうさせていただきます」という意味で使うのがCertainlyです。直訳では「に」という意味ですが、転じて「確かにそのようにいたします」という意味になります。

お客様から頼まれごとをされたり、注文を受けた際に使うと良いでしょう。似たような表現には、Absolutelyがあります。

Certainlyの方が、ややかしこまったビジネスフォーマルな雰囲気を出します。目上の方に使用する場合は、Certainlyの方がおすすめです。

「かしこまりました」の使い分けでよりプロっぽく!


同じ「かしこまりました」でもニュアンスが異なってきますので、シーン別に使い分けられると、よりネイティブらしい英語になると思います。口語表現だけでなく、メールなどで使用する際にも意識して使い分けてみてくださいね。




この記事が気に入ったらシェアしよう
ライタープロフィール
0c4c50fe 92cf 4be8 8097 409bf568d29b
中原流花
大阪大学大学院 文学研究科修了 専門はソビエト・ロシア映画史と文化研究 東南アジアでの勤務経験有り。受験英語や日常英会話、ビジネス英語などの記事を手がけています。マルチリンガルを目指すフリーライターです。 大学時代から習っていたロシア語や社会人になってから学んだ中国語(台湾華語)を話します。英語やその他外国語を使える喜びを知っていただきたいと思っています。
このライターの記事
関連記事
Thumbnail eea95b0f 94b7 4d6f 9ec8 810463bbf97c
英語会議で司会・進行!国際派ビジネスマンとして抑えるべきフレーズ7選
Thumbnail f23b210c 2034 4044 accf 9a31bdfd9047
電話でアポ取り!ビジネス英語の基礎フレーズまとめ
Thumbnail c1deaec2 2cfd 4798 9e79 56ab664d21c8
朝起きて寝坊した!遅刻の言い訳に使える表現10選
Thumbnail e7cae6eb 7bae 4f53 a1b8 2f3cc30a5505
食事中の会話を彩る!味に関する英語表現10選
カテゴリー一覧
Category list1 c6c3a51d5d25c4740ffdd054390a175babb6966a86b226b5e3aad253fcfd5f78
Category list2 c231b13db8e610b60eff75c970ab4d5e96fb9f5b9e2e4ca7fc7b0589eb3f5d26
Category list3 701c9cd15678162c9a34e11d91cd2a1b30ba7ce9230571c648763c085b025d89
Category list4 9a779a5f4f98e0b644c716bdba657fea01ad0f839547834e452b92e81d7ab60d
Category list5 558d5c4904887e20c0276c225749e03198f24b98837ae3e5fc880f4ef6ef67c1
Category list6 590d9f0a8a4eb0c3df9ee3bfe4bc6dcd292921835507caba2ea78c9fbe45b946
Category list7 d9020886230e916e8ef4e0a02368d0291980adaa4f0f1bb981e2e91e907ee308
Category list8 d4753f0351ba7c325e0382a5687d718b24f2e16c5d522a42d4f379c89b1f3fbe
Category list9 8eb4e461a361a505db5fc451f1ab133c407c17d8fe533292438f9ac99e146cd1