ビジネス英語初心者に朗報!ビジネス英会話の3つのテクニック

  • スピーキング

日本の企業の海外進出はもはや企業の成長の上では避けられない流れであり、この流れによって、企業で働く人たちにとっても、英語力の上達は必要なスキルとしてますます必要に迫られています。

実は現時点の日本人ビジネスマンに必要とされる英語力はそこまで高くありません。高いに越したことはありませんが、実は中学で学んだ英語をうまく活用できれば、十分やっていけたりするのです

ここでは、筆者の経験から得た、これだけおさえればビジネス英語のスタートラインポイントを3つに絞って説明していきたいと思います。

英語が苦手なビジネスマンが使うべき英会話テクニック3つ


1. 発音・文法にこだわりすぎないこと 

まず、正しい発音で話さなければならないという既成概念を捨ててください。あなたの喋る日本語は100%正しい文法を使ってると言えますか?家族は?同僚は?マンションのお隣さんはどうですか?おそらくわからない、という答えになるはず。でも、コミュニケーションという意味ではどうですか?とれているはずですよね。

コミュニケーションが取れている理由は、文法が正しいからでしょうか?間違った文法でも伝わっていますよね。これは英語においても同じことです。伝えたい内容、会話のキーとなるポイントが伝われば、意思疎通はできるということです。

発音も同じことです。たしかに綺麗に発音できるに越したことはありませんし、綺麗な発音を目指すことは大事ですが、そもそも英語はグローバルに話されている言葉で、様々な人種、様々な母国語を使う人が第二言語として使っています。みんな母国語の訛りに影響を受けています。

使う人の数だけ発音があるといっても過言ではありません。そのような状況なので、英語という言語は非常に発音に関して寛容です。いちいち矯正してたらきりがありません。

また、英語を母国語としている人たちはそのような発音の英語に慣れていますので、普通に理解してくれます。義務教育で培った常識を捨て堂々と日本語英語で喋りかけましょう。

2.5W1Hを押さえて話す

日本語でも英語でもビジネスの世界においては5W1Hがしっかりさえしていれば仕事は成り立ちます。もちろん、いかに情緒豊かに伝えるか、相手の心を動かす喋り方とか、テクニックはありますが、そこに飛びつく前にまずは基礎の5W1Hをしっかり押さえましょう。

また、テクニックに走るよりも拙い英語でも一生懸命ポイントを伝えようとする姿勢の方人を惹きつけます。小手先にはしらず、まずは基礎を固めることから始めましょう。

3.場つなぎの言葉で沈黙は作らない

多くの英語学習者がつまづくのはここです。最初に伝えた文法や発音を気にしすぎたり、単語が思いつかなかったりして、ついつい、まごまご…なんてことはよくあります。しかし、ビジネスの世界において、伝えるべきタイミングで黙ってしまうのは、周囲にマイナスな印象を与えます。

場つなぎの言葉として“I mean…”“Well…”“How should I say…”などといった表現がありますので、喋りたいことが整理できるまで場つなぎで発言して、相手にあなたが話す意志があることを示しましょう。こういった表現は初心者だけでなく、上級者も使いますので覚えておきましょう。

ビジネス英語初心者でも怖くない!


はじめはビジネスに関連する言葉や言い回しから覚えるのが第一です。しかし、対面で話すとなった場合はどうしても場慣れするまではしどろもどろになってしまいますよね。

しかし、上記で紹介したことはどれもそんなに難しいことではないので、ぜひ実践してみてください。もし実践する場がないという方は、安価で始められるオンライン英会話などがありますので、うまく利用してください。何より実践が大事です。楽しんでご自身のスキルアップにつなげていきましょう!


この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb 71313ea99d2ef6f1afa2c51127e3152a4c0b733f60060de53d4054ff18589e3c