米国公認会計士試験に必要な英語レベルの目安とおすすめ勉強教材

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

最近、米国公認会計士の資格の広告を電車や新聞でよく見ようになりました。

日本でも広告を目にする機会が増えてきており、資格の知名度が上がっています。米国公認会計士の資格は、英語が出来てキャリアアップを目指したい方たちには気になる資格だと思います。

この記事では、働きながら10年もかけてこの資格を取得した、ダメ受験生だった私が予備校が絶対教えられない米国公認会計士という資格の裏話をお伝えいたします。そして、この資格について実際に英語力はどれくらい必要とされているのか、この試験が日本人受験者の英語学習にどれだけ役に立つかという側面を中心にご紹介していきたいと思います。

米国公認会計士試験に必要な英語レベルの目安

予備校のサイトをチェックしてみると、「英語も会計も初心者で大丈夫です。」「学校の教科書は日本語ですから安心してください。」との宣伝広告が目に飛び込んできたりします。しかし実はこれ、間に受けると大変痛い目に合います。

この試験は予備校が助けてくれるものの、ほとんどの手続きを英語で行わなければならず、試験制度などがコロコロ変わるアメリカの試験らしく、さまざまなところで自力でアメリカの試験事務所にコンタクトを取らなければいけない場面が発生します。

この試験の受験予備校に払う額、試験料、諸手続きの煩雑さ、継続教育の必要性などを考えると、資格の旨みばかりに目を奪われて、授業料を予備校に払い込んでしまう前に熟考しておきたいポイントがいくつかあります。

この試験は、4つのパートから構成されています。財務会計、税務、ビジネス論、会計監査です。この試験の難しいところは4科目それぞれを制限期間内に合格しなければいけないんです。それぞれの特徴をご紹介します。

ハイレベルな英語力が求められる「企業経営環境・経営概念」と「監査および諸手続き」

最も英語力を問われるのは「企業経営環境・経営概念」と、「監査および諸手続き」の二科目です。「企業経営環境・経営概念」では英語でのライティングがあり、何が出題されるのか傾向をつかむことが難しく、いまやこのライティングが日本人合格を阻む最大の難関となっているのではないかと思われます。米国公認会計士の試験はほとんどが4択問題で構成されているのですが、このうち「監査および諸手続き」では、正解に似たような2つの選択肢が用意されていることが多いのです。ですから微妙なニュアンスから正解を確実に導き出すには、相当の勉強量と、英語力が必要になってきます。

英語よりも数字を使う「財務会計」

「財務会計」が数字を多く使うため、日本人がやや合格しやすいとはいうものの、4時間の試験で問題は全て英語なのですから、相当の集中力と英語力が必要とされるのはいうまでもありません。財務会計は英語力が比較的低く、数字が得意な日本人がもっとも点数が稼ぎやすい分野です。

ニッチな問題が出題される傾向のある「諸法規」

ビジネス法と税法の二部から構成されている「諸法規」。そこまで数字、数字しておらず、ビジネス法は常識から回答が出しやすいため、私にとってとりかかりやすい科目でした。しかし70%以降点数が伸び悩み、3回不合格になった苦い思い出のある科目でもあります。最後の最後になり、AICPA (The American Institute of CPAs) がリリースしているモデル問題を解き、出題の傾向に偏りがあることに気づきました。その時々の出題の傾向をしっかり把握して、出そうなところは徹底的にマークしておくことが合格の鍵となる科目です。

TOEIC800点、英検準1級が目安

これらを全て考慮した上で、私が思う合格に必要な英語のスタートラインはTOEIC800点。TOEFLではiBT 80~89/CBT213~230/PBT550。英検では準1級です。予備校にお金を払ってしまった後に、このような事実に気づき、慌てて英語力をあげようとしても後の祭りです。英語力なんて、一夜漬けで何とかなるものではありません。受験を決める前に、英語は上記のレベルに近いところまでもってきた上で、自分の好きなカテゴリーで良いので、洋書を数冊読破しておいて下さいね。

公認会計士合格の鍵は読解力

会計監査の試験は長文読解力が物を言います。あと1点で届かなかったという不合格者がたくさん出るのがこの試験の特徴です。数点の差は、日本人受験生にとって語学力の差であることも多く、微妙なニュアンスや、試験中にわからない単語などが出てきてしまうのは大変不利になります。あと1点で不合格は大変悔しいものです。ましてこの試験は全科目合格に時間制限があるのですから、そのような形で1科目を落としてしまうことが命取りとなってしまいます。

確固たる英語力を身につけてからの挑戦しよう

この試験は予備校が助けてくれるものの、試験制度などがコロコロ変わるアメリカの試験らしく、さまざまなところで自力でアメリカの試験事務所にコンタクトを取らなければいけない場面が発生します。また、合格後の継続教育も英語で行っていかなければいけません。一部試験では高度な英語力が求められる部分もあり、受験準備としてTOEIC800点、英検準一級をスタートの目安とし、その上で洋書を数冊読破して、長文読解のスタミナをつけておいてください。


おすすめ勉強法:まずは米国公認会計士試験の参考書を制覇せよ

この試験の手続き的な煩雑さも考えると、米国公認会計士の専門予備校に通われるのが合格への近道です。メジャーな専門予備校はどこもそれなりのカリキュラムに仕上がっていると思います。基本中の基本ですが、まずは予備校のカリキュラムをほぼ完璧に仕上げることです。

最初はあれやこれやと手広く違う教科書に手を出さないことです。最短で合格したいのなら、出来た問題ではなく、出来なかった問題に焦点をあてて、出来るようになるまで仕上げていくことです。そして、問題集の一周目、二周目と、正答率のパーセンテージを記録していってください。

イメージ的には一周目の正答率40%、二周目は60%、三週目は70%、四週目で80%というところでしょうか。正答率80%以上までもってこれるように同じ教科書を制覇してください。一周目よりも二周目に正答率の改善がみられていない場合、何か根本的な概念が理解出来ていない可能性がありますので勉強方法を見直しましょう。

予備校の教科書を丁寧に仕上げるだけで、合格のボーダーラインまでに実力をもっていくことは可能です。

最新の試験対策の傾向を掴む

この試験はあと1点で不合格になるケースも多く、この1点を確実に乗り越えるために予備校のカリキュラム以外に必ずやっておいたほうが良いことがあります。それはAICPAがリリースしているモデル問題を必ず事前に解いておき、試験の傾向を掴むことです。

私自身、このモデル問題を解き、こんな重箱の隅をつつくような問題が出るのかと、目から鱗でした。そして、出る部分を重点的に対策を練っておきました。それぞれの予備校のアドバイザーの方も、必死に試験の傾向を把握されていると思いますので、しっかりと全般的に基礎を固めたうえで、アドバイスを利用してください。

米国公認会計士試験ためのオススメの参考書

特に1点差で不合格者が出やすい会計監査論に関しては、時間に余裕があればその時に評判が良い洋書版の問題集を予備校のアドバイザーに聞いて一冊仕上げて下さい。予備校の教科書以外の洋書で代表的なものはWiley、Gleimです。Amazonから購入可能です。

Wiley CPAexcel Exam Review 2019 Study Guide + Question Pack: Complete Set
Wiley
Wiley
売り上げランキング: 13,047

 

CPA Review, Financial 2013
CPA Review, Financial 2013
posted with amazlet at 19.02.19
Irvin N. Gleim
Gleim Pubns
売り上げランキング: 1,046,403


私はそれぞれペーパー版もPC版も使用した経験がありますが、こちらで紹介した洋書はどれも試験対策本としてはアメリカ本国で定評があり、予備校の教科書を終わらせた後の最後の仕上げの一冊として使用すれば試験対策として大変有効です。予備校のカリキュラムがしっかりこなせているレベルであれば60%位は最初から正答できると思いますので1か月もあれば一冊終わらせられるでしょう。

財務会計に関しては、初級、中級と内容量が多く、恐らく予備校の問題集を仕上げるだけで精一杯になると思います。財務会計に関しては、予備校の問題集の正答率を確実に上げ、丁寧に仕上げることに集中しましょう。また、簿記2級の試験は財務会計の内容とかなりかぶっていますので、簿記2級をもっていない方は、米国公認会計士の試験に挑戦する前に取得しておくことを強くお勧めします。

この資格の試験に合格したらそれで終わりではなく、会計関連の実務経験や、英語での継続教育も必要となる点も注意が必要です。米国公認会計士試験では英語で勘定科目を勉強するので、日本語でもしっかり会計用語を覚えておかないと就職してから大変苦労することになります。

米国公認会計士試験を英語学習の延長とする考え方もアリ

ビジネスコンサルティング、金融、会計、経理、簿記などの分野の実務経験、または学習経験のある方で、既にTOEICも800点前後まで来ている場合、ご自身の英語をブラッシュアップされるためにこの試験を目指されるのはありだと思います。

この試験は一科目3時間、4時間の長時間の試験です。その間、集中力を途切れさせずに英語を読み続ける読書量的な体力をつけるトレーニングが必要となります。私自身も、現在、海外のビジネスパートナーと会計的な話をするときに、すぐに勘定科目などが英語で思い浮かぶのは、この試験を乗り越えたおかげで、日常のビジネスにとても役立っています。

前述のモデル像の方が、更に国際的なビジネスの舞台でご活躍されたいと思っている場合は、海外での知名度は抜群、かつ比較的コストパフォーマンスも良い資格ですので、是非挑戦してみてください。合格して名刺にライセンス名をかけるようになれば、やはりビジネスパーソンの間ではそれなりのネームバリューのある資格であり、初対面の方の対応も変わります。一度覚悟を決めて予備校にお金を払ってしまったら、死ぬ気で合格を勝ち取ってくださいね。

おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

効率よくスコアアップするためには、リーディングとリスニングが同時に勉強できるTOEIC対策アプリを利用するのがおすすめです。

特に、TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

プロがおすすめする英語学習の教材
F4b61241 50d2 4877 a756 18c6872cb324
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
4b07ba80 dd33 403a 829a 4b66fae1da9a
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー