「失敗した!」を英語で言うと?ミスしたときに使いたいとっさの一言まとめ

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

「間違えた」と言いたい時に、真っ先に頭に浮かんでくるのはこのフレーズではないでしょうか。

I made a mistake.(失敗した)

しかし何か失敗したとき、私たちはその場の状況や心理状態によって「ミスった」「しくじった」「やってしまった」なんて色々な日本語表現を使いますよね。

それは英語でも同じです。今回はカジュアルな表現を中心に、ミスしたときに使える英語フレーズを紹介していきます。

ミスしたときに使える英語表現まとめ

 I made a mistake. 「間違えた」

冒頭でも紹介したこちらのフレーズは、一番オーソドックスで比較的冷静なニュアンスの表現です。make a mistakeは「間違える、失敗する」という基礎表現なので覚えておきましょう。

【例】

A: I made a mistake at work.
「仕事で失敗してしまった」

B: No worries! I believe things will work out.
「心配しないで!どうにかなるよ」

 I messed up. 「ミスった」

mess upは「めちゃくちゃにする、台無しにする」という意味の句動詞ですが、そこから転じて「ミスった、失敗した」ときにも使われる口語的な表現です。

【例】

A: I really messed up on the exam yesterday!
「昨日の試験は本当にミスっちゃったよ」

B: Never mind. Cheer up!
「気にしないで。元気出して!」

 I screwed up. 「やっちゃった」

こちらは先ほどのmessed upに比べ、よりカジュアルなフレーズで、「なんてバカな失敗をしてしまったんだ…」というニュアンスが含まれます。留学中に、ネイティブがフランクな会話でよく使っていたのを覚えています。

【例】

A: How was your date last night?
「昨夜のデートはどうだったの?」

B: Don’t ask about it. I screwed up…
「聞かないでくれ。ダメだったんだ…」

 I fucked up. 「やっちまった」

こちらはF ワードが入っていることからも分かる通り、汚い表現になりますので、使うときはくれぐれも注意してください。fuck upは「しくじる、めちゃめちゃにする」を意味するスラングです。上記二つのフレーズと合わせて、「messed up→screwed up→fucked up」の順にカジュアル(汚い)表現となります。

【例】

A: He completely fucked up our plan.
「あいつがガチで俺たちのプランを台無しにしやがったな」

B: I can’t put up with that!
「我慢できねえよ」

 I brew it. 「ドジった」

blewは「吹き飛ばす」という意味のblowの過去形ですが、I blew itのような使い方をする場合、ほとんどが「(それを)吹き飛ばす」ではなく、「ドジった」「ミスった」という意味になります。「上手くいっていたことを吹き飛ばす→失敗する」と考えれば覚えやすいのではないでしょうか。

【例】

A: I have a crush on someone and I’m going out with her tomorrow.
「明日は好きな子とデートするんだぜ」

B: Seriously? Don’t blow it!
「マジで?ドジるなよ!」

 I did it again. 「またやっちゃった」

これは文字通り、「またやってしまった」という意味なのですが、ほとんどの場合、過去の失敗や過ちを指して「また失敗しちゃったよ」という感じに使われます。ブリトニー・スピアーズのヒット曲「Oops!... I Did It Again」にもなっているように、Oops!やOh no!などを前につけて一緒に用いられることが多いです。

Oops!、Oh no!は「しまった」を意味する感動詞なので、まずは何か失敗したときにこれらが自然に出てくるようになれば、ネイティブに一歩近づけますよ!

【例】

A: Oops! I did it again…
「しまった!またやってしまった…」

B: These things happen.
「そういうこともあるさ」

「ちぇっ!」「クソ!」イラダチを表すその他の感嘆詞や一言表現

先ほどのOops!やOh no!と同様、何かミスをしたときに、とっさに出る英語表現を紹介します。以下の表現は、ちぇっ!クソ!まずい!しまった!を意味する感嘆詞ですが、どれもあまりキレイな英語ではないので注意が必要。

また、ネガティブな場面では上記のようなネガティブな意味になりますが、ポジティブな場面で使えば「すげー!ワオ!」のようなイイ意味にもなるので、なかなか使いこなすのが難しい表現です。いずれにせよ、親しい仲間内だけで使うようにしましょう。

Shit!  /  Shoot!  /  Damn it!:くっそ!

映画などでも「シット!」や「ダミット!」と言っているのを見たことがありませんか?失敗した時のとっさの一言でよく使われます。

Holly shit!  /  Holly crap!:「くそったれ!」

こちらもシットと同じように使われます。ちなみに"crap"は「ごみ・がらくた」と言う意味です。

「やっちゃった」を英会話で使えるとネイティブっぽく話せる!

いかがでしたでしょうか。

日本語と同様、英語でも同じ意味を伝えるのに、表現や言い方は多数あり、使える表現の幅が広がるほど言語は面白くなるものです。

人間生きていれば、日々たくさんのミスをするので、今回ご紹介したフレーズは必ず役に立つことでしょう。(失敗しないのが一番ですが…)

映画や海外ドラマなどでもこれらのフレーズはよく使われているので、注意して聞いてみてください。そして実際にどのような場面でどのように使われているのか、細かいニュアンスも掴んでいってくださいね。

ミスした時に「わざとじゃない」と伝える英語表現

何かのミスをしたり失敗をしたり、自分の言ったことが誤解を与えたり、「それはわざとじゃないんだよ!」と言いたい時もあると思います。意図してやったわけじゃない、そんな気持ちを伝えたいときに使える表現です。

 an accident.(事故だ)

A: Did you break it again? (またこれを壊したの?)

B: It was an accident.(わざとじゃないよ。)

accident「事故」の意味するように、起こったことは事故であり自分の意思でしたことではない=わざとじゃない。という意味になります。子どもが母親に怒られたときなど、よく耳にすることが多いのではないでしょうか。

 on purpose(わざとじゃない)

A: Why are you always late?(なんで君はいつも遅れるの?)

B: Sorry, It was not on purpose.(ごめん、わざとじゃないんだよ。)

on purposeには「意図して、目的」などの意味があります。起こったことを目的としていたわけじゃない=わざとじゃない。逆にあえてそうした、そうするつもりだったと言いたい時は、It was on purpose.「それが目的だった。」Did you do that on purpose?「わざとやったの?」と聞きたいときにも使えます。

not intentional(意図したわけじゃない)

A: I can't believe you would do that!(そんなことするなんて信じられない!)

B: I know, but it wasn't intentional.(分かってるけど、わざとじゃなかったんだ。)

intentionalは形容詞で「意図的な、故意の」という意味です。purposeよりも若干堅い表現になります。名詞では intention「意図、意思、目的、ねらい」、副詞でintentionally「故意に」となります。合わせて覚えておくといいと思います。

an honest mistake(正真正銘のミス)

Don't blame me! It was an honest mistake.(私を責めないで!わざとやったわけじゃいよ。)

honest mistakeは直訳すると「正直な間違い」なので、そこから「意図してやった間違いじゃない、うっかりミスしてしまった。」というようなニュアンスになります。悪意があったわけじゃない、よいうことを強調できる表現です。

誤解を解きたいときの英語表現

That's not what I meant.(そんなつもりじゃない)

A: So, you're telling me I'm wrong?(つまり、君は僕が悪いって言ってるの?)

B: No, that's not what I meant. (違うよ、そういう意味じゃないよ。)

「そういうつもりじゃなかった。」と、自分がしてしまったことや言ってしまったことに対して誤解を解く表現になります。I mean~. 「私が言いたいのは~」など、meanを使う表現は沢山あるので、覚えておくと便利です。

No offense(悪気はない)

I meant no offense.(悪気があったわけじゃないよ。)

攻撃などを意味するoffense. No offenseで「悪気はない。」の意味になります。会話の始まりに前置きとしても使うと、今から言うことを悪く取らないでね、と相手を気遣う言い方になります。良く使われる表現です。

I didn't mean to~(そんなつもりじゃない)

A: I can't stand your bossy attitude.(あなたの偉そうな態度に我慢できない。)

B: I didn't mean to make you feel bad.(気を悪くさせるつもりはなかったんだけど。)

こちらもmeanを使って、I didn't mean to~.「~のつもりじゃなかった。」と、自分の発言や行動に対する真意を伝える表現です。反対に、I mean it.と言うと「本気で言ってるんだよ!」と相手に強く言う言葉になります。

やむを得ない状況を説明する英語表現

have no choice(選べなかった=仕方ない)

I had no choice but to quit job.(仕事を辞めるしかなかった。)

I had no choice but~.で「仕方なく~した」という意味になります。~するしかchoice「選択肢」がなかったんだ、ということを伝えることが出来ます。I had no choice but to do.「そうするしかなかった」などと使います。I had no choice.だけでもやむを得なかったということが伝わります。

can't help it(どうしようもなかった)

A: Why didn't you go to the hospital?(どうして病院に行かなかったの?)

B: I couldn't help but cancel the appointment.(予約をキャンセルするしかなかったんだよ。)

 I couldn't help it.で「仕方なかった」という意味になります。butで繋げると、「仕方なく~した」という意味になり、「したくなかったけど仕方なかったんだよ。」とやむを得なかった状況を説明することができます。

It's not like~(そういうわけじゃない)

It's not like that I hate you. (あなたが嫌いとかそういうわけじゃないよ。)

It's not like that I want to do it.(やりたくてやってるわけじゃないよ。)

It's not like~.は「~というわけじゃない」の意味になります。相手に詰問されたときなど、「別にそういうんじゃないんだ。」と言い返したい時もありますよね。that以降には自分が否定したい内容を続けるだけなので、簡単な言い回しで覚えることができます。

あらぬ誤解を招かぬよう、しっかり説明しよう!

言い訳ばかりするのは善くないですが、時には意図せず「わざとじゃない」間違いも起こしてしまうものです。そのことで自分を誤解されたままでいるのも困りますよね。自分の言動の真意を相手に正しく伝える意味でExcuse「言い訳」を使いましょう。


おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

プロがおすすめする英語学習の教材
F4b61241 50d2 4877 a756 18c6872cb324
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
4b07ba80 dd33 403a 829a 4b66fae1da9a
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー