英語メールの正しい署名の書き方をプロが解説

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

ビジネスメールを出す際、メールの末尾に必ず入れなければならないのが署名欄です。日本語で書く場合と同じく、英語でも送信者の名前、会社名、役職名、連絡先などを盛り込む必要がありますが、書き方は異なります。今回は英語のビジネスメールで必ず必要になってくる、正しい署名欄の書き方をご紹介します。

英語メールの正しい署名の書き方

英語_メール

一般的な署名欄で書くべきこと

一般的なメールの署名欄は、以下のような順序で書くのが普通です。

  1. Name(名前)
  2. Position(役職)
  3. Company Name (会社名)
  4. Tel / Fax(電話、ファックス)
  5. Address(住所)
  6. Email address(メールアドレス)
  7. URL(ウェブサイト)

ここで注意したいのが、英語での住所の書き方です。日本とは逆に、英語では住所の最後から書き始めます。この書き方に慣れていないと、ついうっかり間違えてしまうもの。

例)123-456東京都渋谷区5-6渋谷アパート123号室

これが、こうなります。

Unit 123, Shibuya Apartment, 5-6 Shibuya-ku, Tokyo,123-456 ,Japan

となります。

部屋番号はUnitで表わす場合が多いです。郵便番号は最後にきます。

英語署名のお手本テンプレート

実際の英語の署名欄は、このような感じになります。

  • Alexander Smith
  • Regional Marketing Manager (Asia)
  • New Star Electronics Co., Ltd.
  • TEL: xxx-xxx-xxx- Fax: vvv-vvv-vvv
  • 178/1 Brown Street, Ashfield NSW 2131 Australia
  • Email:alex@xxxx.com.au
  • Website:http://〜〜

一番最初に会社のロゴを入れている署名も多く見かけます。フォントを変えて、会社や仕事内容のイメージに合うよう、工夫している署名も多く見かけますよ。

自分で署名を作る時は、このテンプレートを入れ替えていけばOKです!

ちゃんと作ると、例えばこんな感じになります。写真を入れるのもよく見かけますね。

英語_メール署名_サンプル

英語署名欄のテンプレートを自動挿入にしておくと便利!

毎回メールを書くたびに手書きで署名を書くのは面倒。そこで、自動的に署名欄が挿入されるようにメールの設定をしておきましょう。たいていのメーラーは署名を自動的に設定できる機能があるので、最初にしっかり作って、あとは自動的に挿入されるようにするのがベストです。

 

メールの署名は名刺代わりともいえる、ビジネスシーンにおいて大切な部分です。しっかり押さえておきましょう!

おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

効率よくスコアアップするためには、リーディングとリスニングが同時に勉強できるTOEIC対策アプリを利用するのがおすすめです。

特に、TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

プロがおすすめする英語学習の教材
F4b61241 50d2 4877 a756 18c6872cb324
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
4b07ba80 dd33 403a 829a 4b66fae1da9a
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー