クリスマスの英語メッセージ表現集まとめ

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

クリスマスの季節になると、街も色めいて楽しくなってきますね!そんなクリスマスに使いたい英語のメッセージ、ちゃんと言えますか?

アメリカのクリスマスカードは、日本の年賀状のようなものです。日本の年賀状と同様、薄れている文化ではありますが、やはりプレゼントときれいなカードをもらうと嬉しいものです。プレゼントを渡すときにメッセージを添えてあげると喜ばれますよ。

目次

 

クリスマスの挨拶を伝えるメッセージ表現まとめ

クリスマス_英語_メッセージ

友達など仲の良い人に送る英語クリスマスメッセージ

Merry Christmas! 「メリークリスマス!」

定番ですね。私は、merryは日本語でバッチリはまる言葉はないように感じています。パーティーで誰かを招待するときに、You can bring your friends. More is merrier(友達も連れてきていいよ。多い方が楽しいし)と使ったりします。merryは単語の意味より、フレーズで使い方を覚えたほうがいいでしょう。

Happy Holiday! 「ハッピホリデー!」

クリスマス以外にも使えるフレーズです。12月に入れば、What’s your holiday plan?(ホリデーの予定は?)など、よく言います。11月にこのフレーズを言われたら、感謝祭のことです。

We Wish You A Merry Christmas「良いクリスマスを」

歌詞でも有名ですよね。対面のご挨拶でも、別れ際に言うこともあります。クリスマスの時期のお決まりフレーズと言えますね。

Season’s Greeting 「季節のご挨拶」

これは会話では使わないです。手紙やクリスマスカードなど、何かのお知らせやお便りのタイトルとして使うことがほとんどです。

May this day bring you laughter, joy and happiness.(この日が笑いと、喜びと幸せを運んできますように)

May「は~でありますように」と何かを願う時にも使えます。少し改まった言い方で、あまり日常会話で聞くことはありませんが、”May God bless you”(神のご加護がありますように)や、クリスマスカードなどでは、このMayを使った表現が良く出て来ます。

May your Christmas wishes come true.(あなたのクリスマスの願い事が叶いますように)

こちらも、先ほどと同じようにMayを使った表現で、クリスマスには定番のメッセージです。日本では初詣に願い事をしますが、欧米ではクリスマスに願い事をします。あなたの願いが叶いますようにという意味です。

No matter how cold it gets outside, I hope you’ll find someone who keeps the fire in your heart.(外がどんなに寒くなっても、誰かがあなたの心を暖かく包んでくれますように)

Now matter は疑問詞と組み合わせて使われ、「たとえ~でも」という意味になり、“No matter what happens”(たとえ何があっても)という表現などでよく使われます。ここでは疑問詞はhowなのでNo matter how「たとえどんなに~」となります。 

Wishing you and your loved ones all the wonder and magic of Christmas.(あなたとあなたの大切な人に奇跡とクリスマスの魔法が訪れますように)

Wonderが名詞で使われる時は、不可思議なもの、奇跡、魔法などという意味があります。クリスマスは不思議な力にあふれた時期とのイメージもありますので、このようなロマンチックなメッセージも喜ばれます。

You make the most wonderful time of the year even more special.(あなたが1年で最も素晴らしい時をより特別なものにしてくれます)

ここでのEvenは比較を強める用法で使われていて「よりいっそう」という意味になります。“He is working even harder than before”(彼は以前よりもより一生懸命働いている。)など、比較して、より度合いが強まったことを表すことができます。ここでは、クリスマスはすでに素敵な時期だけど、あなたのおかげでより素敵になるという意味になっています。

I hope you get to spend a wonderful time with your loved ones.( あなたが愛する人々と素敵な時を過ごせますように)

Loved oneは「愛する人」と言う意味で、恋人や配偶者、家族など身近な大切な人を表します。Loved onesと複数形になっている場合は「家族」を表し、「ご家族と素敵な時間を過ごせますように」と言ってもいいでしょう。

ビジネスの相手へのクリスマスメッセージ

We would like to express our appreciation for the trust you have placed in us.(私たちに信頼を寄せて頂いたことに感謝いたします。)

ビジネスのクリスマスカードでは、お祝いの言葉だけでなく、1年を振り返り感謝の言葉も添えることが多いです。Appreciation for 以下を少し変えて“We would like to express our appreciation for the support you gave us”(あなたの支援に感謝いたします。)などと表現できます。

We wish to have many more successful milestones with you in the coming New Year.(新しい年によりよい節目を共に迎えられるように願っています。)

こちらもビジネスに使える表現で、クリスマスの魔法を強調するよりも、新しい年がよい年になりますようにと願いを込めています。With you(あなたと共に)ということで、来年もいい関係を継続したい気持ちを表しています。

Many good wishes for a new year full of happiness and prosperity.(新年のご多幸と繁栄を願っています。)

日本の年賀状にも、相手の発展を願う表現はよく使われています。少し改まっているのでビジネスにもぴったりですが、友人に贈るカードにも使えます。


クリスマスはX'masじゃない!?ミスしやすいポイント

英語_クリスマス

また、日本でよく見る「X’mas」のアポストロフィーはいりません!間違ってもつけないようにしましょう!「Xmas」は間違いではありませんが、Christmasの方が多く使われてように思います。

  • ◯:ChristmasまたはXmas
  • ✕:X'mas

このように、よく見かける英語フレーズもミスしてるものがあるので、気をつけましょう。

 

また、クリスマスの時期に特別きれいなカードをもらったら、クリスマスデコレーションとして飾ることもあります。アメリカでは2〜5ドルで売られており、日本との大きな違いは、スーパーやドラッグストアーでも買えるということでしょう。可愛い雑貨店や文房具屋さんに行かなくても買えます。

カードを読んでからクリスマスプレゼントを開けるのがマナーです。クリスマスだけの特別なコミュニケーションを楽しみましょう♪


日本人が知らないクリスマス文化の英語10選

Ugly sweater contest(ダサいセーターコンテスト)


クリスマスらしいデザインのセーターを着て、誰が一番ダサいか競います。学校や友達、職場で開催されるイベントです。わざわざダサいセーターを探しに古着屋を回ったりするぐらい力を入れてしまうイベントです。

今年はフランスにて世界で最初のUgly Sweater World Championshipsが開催されました。世界一ダサいセーターコンテストの出場者が紹介されているのでぜひチェックしてみてください!

Nutcracker(くるみ割り人形)

日本では全面的に出てくるキャラクターではありませんが、アメリカのクリスマスのデコレーションといえばくるみ割り人形です。一般家庭にもありますが、大きなものがデパートに飾られていることも多いです。

バレエの演目でもクリスマス時期の定番なので、家族で見に行ったりします。バレエを見なくても、劇中で使われる音楽はクリスマスミュージックの定番なので、パーティーのBGMとしてかかっていることも多いです。


Jewish Christmas(ユダヤ式クリスマス)

日本ではあまり知られていませんが、ユダヤ教徒はクリスマスをお祝いしません。彼らは同じくらいの時期にHannukuh(ハヌカー)というイベントを祝っています。

アメリカではクリスマス当日は、日本の元旦のようにほとんどのお店は閉店しています。唯一開いているのはクリスマスをあまり祝うことがない中華料理レストランのみ。クリスマスの前日までに食料を用意しておかないと中華料理レストランにいくか、中華の出前しか選択はありません。遊びにいける場所は映画館のみ。ショッピングモールも軒並みお休みです。

そこで、クリスマスに中華の出前を食べること、映画館にいくことをJewish Christmasと言います。クリスマスの準備は大変なので、「(面倒臭くてやりたくないから)私今年はユダヤになるわ」なんて冗談をいう人もいます。

Tree skirt (ツリースカート)

ツリーの下に敷くラグのようなものです。アメリカではサンタクロースはプレゼントを枕元におかず、ツリーの下に置いていきます。家族間のプレゼント交換も、準備ができたらどんどんこのツリースカートの上にプレゼントを置いていき、クリスマス(またはイブ)当日の朝に家族で一緒にクリスマスプレゼントを開けるのが伝統的です。

Christmas stocking(クリスマスの靴下)

日本語では靴下といってしまいますが、英語ではstockingです。日本ではただのデコレーションで終わってしまいがちですが、ツリーの下にはメインのプレゼント、そしてChristmas stockingの中にもstocking stuffersと呼ばれる、小さなプレゼントを入れます。入れるものはチョコレート、リップクリームなど細かいものが多いです。

Christmas spirit(クリスマス精神)

クリスマスは心を穏やかに、優しく、慈悲深く、許し、今持っているもの、環境、人に感謝する日です。もともとは童話クリスマスキャロルに出てくる三人の精霊のことですが、特別に優しくしたり心温まる行動を駆り立てる気持ちをさします。

Christmas budget(クリスマスの予算) 

アメリカのクリスマスはプレゼントを一人につき複数与えるので、お金がかかります。調査によると、2017年にアメリカ人が使った平均金額は906ドル。およそ10万円です。クリスマスの予算を決めて、お金を貯めることは珍しくありません。

Christmas village (クリスマス村)

その名の通り、クリスマスの町の様子をオブジェにしたものを飾ります。こちらは伝統的な飾りではありますが、スペースも必要なので、Christmas Stockingとは違い、どこの家庭にでも置いてあるわけではありません。ただ好きな人はとことんオブジェを集めるのが好きなので、「来年は◯◯も仲間に入れよう」という感じでコレクションを楽しんでいます。

Nativity scene(イエスキリスト誕生のシーン)

イエスキリストが誕生しているシーンを再現している模型です。宗教的なオブジェなので、こちらもどこの家庭にでも見るツリーやリースのようなポジションのデコレーションではありません。

Christmas shop(クリスマスショップ)

クリスマスシーズンのみ開設されるクリスマスのデコレーションを中心に売っているお店のことです。ポジション的にはハロウィンショップのようなものと言えるでしょう。オーナメントや上記で紹介したようなデコレーショングッズが揃うお店で、中を歩くだけでワクワクした気分になります。

White elephant gift exchange(がらくたプレゼント交換会)

yankee swapと言う言い方もします。こちらはパーティーのゲームです。プレゼントを持ち寄り、番号をつけておき、くじで誰がどのプレゼントを受け取るかを決めます。

しかしこのプレゼントが本当に面白いポイントは、プレゼントがくだらないものという点です。家にあるガラクタや、もらっても「これどうすればいいの?(笑)」という物をプレゼントしてみんなで笑うゲームです。「これ私が持ってきたやつ!」と後でネタばらしをします。

紙くずや、生ゴミなど本当のゴミを持ってくるのではなく、もらってなんだか苦笑いしてしまう、じわじわくる物をプレゼントにします。筆者が遭遇して一番じわじわしたのは、プレゼントした人本人が、ビーチでものすごく楽しそうにしている写真がプリントアウトされたオリジナルシャツです…!

英語圏のクリスマスのシンボルワード

1.Christmas lights:イルミネーション

アメリカで「イルミネーション見に行きたい」と言ったら、ぽかーんとされてしまいました(笑)。英語ではイルミネーションでクリスマスの綺麗なライトという意味はなく、正しくはChristmas lightsと言います。

ちなみにアメリカでは、住宅街のイルミネーションが盛んなスポットを訪れるのがおすすめです。一般家庭でも結構こだわっています。区画によっては、「景観を守る」ということで、全ての家が気合の入ったイルミネーションを施しているエリアもあります。ただの住宅街にも関わらず、夜はテーマパークかのような風景になりますので街が一気に色めいて素敵ですよ。

2.elk:トナカイ

deer(鹿)ではなく、elk(トナカイ)です。発音はエルクですね。普段トナカイの話なんてしないから、聞いたことないですよね(笑)。ちなみにソリはsleightsと言います。

3.fire place:暖炉

確かに火の場所ではある…定番の靴下は、socksではなくstockingと言われることが多いです。暖炉の側に家族の分だけかけておくことが多いですめ。

4.candy cane:クリスマスキャンディー

可愛いあれですね。candyはそのままキャンディ、caneは杖という意味です。本当の飴を買ってきて、ツリーのデコレーションに使ったりします。ちなみにこれは、ミント味です。

5.tree hunting:ツリーハンティング

家に飾ってある大きなツリー、あれ本物の木です!感謝祭が終わると、気持ちはホリデーモード。家族で郊外の山に出かけて、好みの大きさの木を買いに行きます。我が家の木は、2mくらいでした。すでに切った木を、スーパーの駐車場で売っていることもあります。いずれにせよ、生の木なので、水やりもしますよ。

6.ginger house:ジンジャーハウス

ジンジャークッキーを使って、デコレーションして家を作ります。子供のすることですが、芸術作品として、展示会が開かれていることもあります。作り終わったら飾っておくので、もちろん食べることはありません。

7.eggnog:エッグノッグ

アメリカで初めて見て驚きました。おいしいですが…卵黄と牛乳ベースの甘い飲み物なので、お菓子作りの途中の材料を飲んでいるような味です(笑)普通の牛乳パックのようなものに入っていて、シーズン限定で売られています。ラム酒と混ぜて飲んだりするホリデードリンクです。(レシピもあります)

 

いかがだったでしょうか?後半はアメリカでは一般的なクリスマスのシンボルのご紹介でした。映画やドラマで見かけたことがあるかもしれません。「前にEngish Hackerで読んだやつだ!」となるアイテムが出てきたら、きっともっと英語の勉強が楽しくなりますね☆

子供も楽しめる英語のクリスマス・ソング10曲

シンプルな歌詞で子供と一緒に楽しめる歌をまとめました。一緒にクリスマスツリーの前で音楽をかけながら、一緒に歌詞を追って口ずさんでみてください♪

1. Jingle Bells


By Super Simple Songs

字幕付きで、フレーズごとに練習しながら歌えます。

2. We Wish You a Merry Christmas

By Pink Fong

こちらも字幕付きです。歌詞は、全てではありませんが、後半部分は、ちょっと早いので、まずは、こちらの動画で楽しんでみてください。

3. Silent Night

By Kids Stuff and Things

おなじみ、『きよしこの夜』の英語バージョンです。こちらは、ネイティブの子ども達が歌っている動画です。ぜひ字幕に合わせて一緒に練習してみましょう。

4. Deck the Halls

『ひいらぎ飾ろう』で知られる、ウェールズ地方のクリスマスキャロルで、Yuletideはゲルマン語由来の、Christmas timeの古い言い方です。

5. Santa Claus Is Coming to Town

こちらも、クリスマスの定番で、『サンタが街にやってくる』。”Have you been good?”, “ Are you on Santa’s nice list ( or naughty list)?”

6. Rudolph the Red Nosed Reindeer

『赤鼻のトナカイ』ルドルフの歌です。ゆっくりしたテンポなので、小さいお子さんにも歌いやすいと思います。

7. O Christmas Tree

By Little Fox Kids

『もみの木』evergreenのクリスマスツリー。葉っぱは、leavesではなく、needlesといいます。色々

8. Little Snowflake

By Super Simple Songs

こちらは、歌詞がついていませんので、下に載せています。head, nose, handでそれぞれ動作をしながら歌ってみるとより楽しめるかもしれませんね。

〔歌詞〕
Snowflake, snowflake, little snowflake
Little snowflake falling from the sky.
Snowflake, snowflake, little snowflake.
Falling, falling, falling, falling, falling, falling, falling, falling, falling... falling on my head.

Snowflake, snowflake, little snowflake.
Little snowflake falling from the sky.
Snowflake, snowflake, little snowflake.
Falling, falling, falling, falling, falling, falling, falling, falling, falling...falling on my nose.
Snowflake, snowflake, little snowflake. Little snowflake falling from the sky. snowflake, snowflake, little snowflake. Falling, falling, falling, falling, falling, falling, falling, falling, falling...falling in my hand.
Falling on my head. Falling on my nose. Falling in my hand.
Snowflake, snowflake, little snowflake...

9. Ten Little Elves

By Super Simple Songs

こちらは、『10人のインディアン』の替え歌で、サンタクロースのワークショップでお手伝いをしているエルフ達を歌った歌詞になっています。動作をしながら一緒に歌ってみましょう。

1 little, 2 little, 3 little elves,
4 little, 5 little, 6 little elves,
7 little, 8 little, 9 little elves,
10 little elves are making toys.

1 little, 2 little, 3 little elves,
4 little, 5 little, 6 little elves,
7 little, 8 little, 9 little elves,
10 little elves are sewing. [ou]

1 little, 2 little, 3 little elves,
4 little, 5 little, 6 little elves,
7 little, 8 little, 9 little elves,
10 little elves are painting.

1 little, 2 little, 3 little elves,
4 little, 5 little, 6 little elves,
7 little, 8 little, 9 little elves,
10 little elves are sawing.[o:]

1 little, 2 little, 3 little elves,
4 little, 5 little, 6 little elves,
7 little, 8 little, 9 little elves,
10 little elves are hammering.
1 little, 2 little, 3 little elves,
4 little, 5 little, 6 little elves,
7 little, 8 little, 9 little elves,
10 little elves are wrapping.

1 little, 2 little, 3 little elves,
4 little, 5 little, 6 little elves,
7 little, 8 little, 9 little elves,
10 little eleves are sleeping.

10. The First Noel

By Little Fox Kids

これも、定番曲の一つですね。最初のクリスマスの様子を歌っています。クリスマスの文化背景にも、目を向けてみましょう。

楽しいクリスマスの歌で子供を英語好きにしよう!

出来るだけ、馴染みのあるメロディ・ストーリーのある歌詞つき・ゆっくりめの速さの動画を意識して選びましたが、同じ曲でもアレンジ次第で、随分感じが違いますので、慣れてきたら、聞き比べをして楽しむことも出来ます。

クリスマスで変わる街と人々

外国でクリスマスを過ごしたことはありますか?人口の75%以上がキリスト教の国アメリカではクリスマスはとにかく大切なイベントです。街は大騒ぎ、お母さんはパーティーの準備に大忙しです。お金も人も大きく動くアメリカのクリスマスについての文化を知るとよりクリスマスが楽しめますよ。

店や学校が休み

クリスマスはオフィスや学校がお休みになります。また、25日はショッピングモールやレストランもほとんど閉まっています。スターバックスなど大型チェーン店でも午後からはお休みになるところが多いです。そのため、プレゼントを買うのにギリギリ当日まで待っていると買えなくなります。パーティーの食材の買い出しも前日までに済ませる必要があります。

オフィスもクローズ

24日までいかずとも、クリスマスが近くなってくると早めに休暇を取ってしまう人も多いです。ですから、誰かに仕事を振るときはクリスマスよりも相当前にお願いする必要があります。クリスマスが近くなるとオフィスにいる人も少なくなってくるので、全体的にだらけた雰囲気ですが「まぁクリスマスだしいいじゃん」という感じです。
休み下手な日本人とは違い、アメリカ人はクリスマス休暇中は本格的に連絡がとれなくなります。日本人だとどうしても気になって仕事のメールをチェックしてしまうなどもありますが、アメリカ人は本当に見ません。仕事をきっちりまとめておくのがベターです。

普段教会に行かない人も行く

キリスト教徒人口が多いといいつつも、全員が全員毎週日曜日に教会に行っているわけではありません。しかし、クリスマス休暇を利用してみんな地元に帰り、地元の教会に行けば懐かしい顔ぶれに会えるということもあってクリスマスの日はいつもより教会が混み合います。礼拝は大体午前9時から10時くらいに始まり、お昼前には終わります。

モールにホリデーストアができる

ショッピングモールに期間限定でholiday storeと呼ばれるクリスマスグッズだけが売っているお店がオープンします。大体感謝祭が終わったころにオープンします。キャンドルやオーナメントなど、クリスマスデコレーションに必要なものは全てここで揃います。見に行くだけでもウキウキする素敵なお店です。

店員さんがやたらハイテンションになる

ショッピングモールやカフェの音楽はもちろんクリスマスミュージックです。定番の音楽がかかったり、ノリが良い音楽がかかると歌っちゃう店員さんも多いです。また、この時期になるとトナカイのカチューシャやサンタ帽をかぶっている店員さんも多く、接客業の人たちのテンションは高めです。

一般家庭でもイルミネーションをする

テーマパーク顔負けのイルミネーションを一般宅でも飾ります。屋根の淵や階段の手すり、庭の木などに無数のライトがつけられます。もちろん義務ではないのでやらない家もありますが、地区によっては「全員やって盛り上げましょう」みたいな場所もあるので、その場合は強制参加です。
イルミネーションが有名なエリアは、一般住宅街にもかかわらず多くの人が訪れてイルミネーションを楽しみます。

泥棒が増える

クリスマスといえばやはりパーティー。家族で出かける人が多いので、誰もいない空っぽの家が増えるので泥棒が増えます。出かけるといはあえて電気や音楽・テレビをつけっぱなしにすることも多いです。

優しくなる

holiday spiritと呼び、クリスマス時期にはみんなが少し優しくなっています。誰かに何かをしてあげる、接する人には優しくあげようという心を持ちます。ですからこの日は寄付も多く集まります。私が行った教会では缶詰などの保存がきく食べ物を集めていました。恵まれない地域の子供達に寄付するそうです。

アメリカのクリスマスプレゼント文化

クリスマス大国アメリカ。ギフト交換はかなりビッグイベントです。サンクスギビング(感謝祭)が終わった次の日は ブラックフライデーと呼ばれ、大きなセールがありますがクリスマスプレゼント商戦はそのときからすでに始まっています。

家族全員に渡す

日本では小さい子供がいれば子供にプレゼントを、カップルであればカップル同士でプレゼントを交換しますよね。家族でも例えば弟や姉には渡さないのが普通だと思います。しかしアメリカでは家族全員に渡します。パーティーで会ういとこや親戚のおばさんにも渡すこともあります。

同僚・仲良し全員に渡す

身の回りの仲良しにもプレゼントを配ります。お歳暮も兼ねているので同僚にも渡すこともあります。お菓子やハンドクリーム程度の小さな物でOKです。前の職場で私は上司にAmazonギフトカードをもらったのですが、$150分くらいいただいてしまい、私は何もあげてなかったので恐縮でした・・・

ウィッシュリスト

クリスマス前には欲しいものを一覧にしたウィッシュリストを作ります。合理的なアメリカならではですよね。ウィッシュリストから全く同じものを選ばなくても「これが好きならあれも好きかも!」のようなヒントにもなるので便利です。「最初はそんな図々しいことできない」と思ってましたが、慣れるともらう方も欲しいものがもらえるので嬉しいですよ!

返品レシート

アメリカではgift receiptというものがあります。もらった相手がプレゼント本体を気に入らなかった場合、そのレシートを持っていくとstore creditと呼ばれるお店で使える商品券などをもらえ、自分の好きなものが買えます。gift receipt自体にプレゼントの値段は書いてないので、返品しに行かなければ値段はばれません。26日は返品を求める人でショッピングセンターのカスタマーサポートは大変混み合います。

クリスマスギフトは一人につき二つ以上

日本でクリスマスプレゼント交換をするときは何か見栄えがよく立派なものを一点渡しますよね。しかしアメリカ人はまとまった予算があれば分散して複数個のプレゼントをあげます。クリスマスの日に行われる家族間でのクリスマスプレゼント交換では人数が少なくても自分の周りにギフトボックスや華やかな袋がたくさん集まって良い気分になります。

ギフトラッピングは自分でする

アメリカでは基本的にギフトラッピングはしてもらえません。デパートではラッピング特設会場などが設けられるところもありますが、それはごく一部です。一般的には文房具屋さん、スーパー、ドラッグストアで包装紙を大量に購入して家で自分でラッピングします。

クリスマスカードは必須

日本人はクリスマスプレゼントを渡すときはラッピンングにこだわってもカードにはこだわりませんよね。アメリカでは小さなプレゼントにもカードを添えます。カードの値段もデザインも様々で、$1~$3のものを使うことが多いです。プレゼントを受け取ったら包みを開ける前にカードを読むのがマナーです。

クリスマスが終わったらギフト解体セール

クリスマスプレゼント用のギフトセットが多く販売されています。しかし、クリスマスが終わればそんなものはもちろん必要なくなります。そこでギフト解体セールが各ショップで行われ、お買い得商品が多く並びます。売れ残ったものをさばくChristmas After Saleは絶好のショッピングチャンスです。

アメリカではクリスマスプレゼントをたくさんもらえるのでとても楽しいです。もちろん、自分もその分渡しているのですがこのシーズンは買い物がとにかく楽しい時期です。ある記事によると2016年にアメリカ人がクリスマスプレゼントに使う予算は$929だそうです。こちらの記事では一人の子供につき$224と書かれています。日本よりもダイナミックなアメリカのクリスマス、一度は経験してみるのも楽しいですよ!



英語圏でのクリスマスは、キリストの生誕と結びついた行事ですから、他にも”Away in a Manger”, “I saw Three Ships”, “We Three Kings” なども有名なクリスマス・キャロルですので、ぜひ、好きな動画で触れてみてください!

おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

効率よくスコアアップするためには、リーディングとリスニングが同時に勉強できるTOEIC対策アプリを利用するのがおすすめです。

特に、TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー