『℃』と『°F』の違いは?英語で気温・温度を表現するポイント

  • 英会話
  • 日常英会話

日本と海外では、気温や温度の単位が違うこともよくあります。例えば、「真冬で20℃なんです」と聞いたら、「あれ?全然寒くないんじゃない?」と思ってしまいますよね。ところが、これはマイナス6℃のことなので超寒いんです!では英語でどう温度を表現すればいいのか、コツを見ていきましょう。

 

『℃』と『°F』の違いと使い分け方


℃の意味と使い方

日本でお馴染み「〜度」という温度の単位は「摂氏(せっし)」で表現され

℃:Celsius(セルシウス)

となります。℃は英語で「degree(ディグリー)」で表します。「程度・度合い」という意味です。例えば、25℃は

25℃:twenty five degrees

となります。

【例文】
Tomorrow's high will be 25 degrees, and the low, 3 degrees.
「明日の最高気温は25度、最低気温は3度の見込みです。」

零下(氷点下)を表すのは、「below zero 」や 「below freezing 」。 また、日本語と同じく「マイナス」を使って 「minus ○○ degrees」や 「negative ○○ degrees」 なども使われます。零下25度なら「25℃ below zero」です。

°Fの意味と使い方

それに対してアメリカでは「華氏(かし)」となり、

°F:Fahrenheit(ファーレンハイト)

が使われています。

これは考案した学者の名前がそのまま付いているのです。華氏はドイツの物理学者Daniel Gabriel Fahrenheitが考案し、水の氷点を32度として沸点を212度とする温度の単位です。これはトリビアですが、知っていると覚えやすくなりますよ。

ちなみに、摂氏はスウェーデンの天文学者Anders Celsiusの名前から用いられていて、水の氷点を0度、沸点を100度とする単位のことを言います。先ほどの例で、華氏20度ということはマイナス6度ぐらい。摂氏0度は華氏32度になります。℃と°Fどっちで表現するかで、同じ数字でもかなり温度が違ってくるのでややこしいですね!

【例文】
I have a temperature of 100 degrees [Fahrenheit].
私は熱が100度あります。

体温の場合も同じくdegreeが使われます。しかし、アメリカだったら体温をはかって100度というと「微熱があるね」、という話になりますが、日本で100℃と聞いたら「何かの間違いだろう!?」と思うくらい、沸騰するほど熱そうと勘違いしてしまいますね!

一般的な適温がどう表現されるのか、見てみましょう。相場を知っておくと、おおよその気温がイメージできるようになります。

℃と°Fの換算表

°F
 0   30
 36  96.8
 100  212

 

オンライン英会話で英語を身に着ける勉強法ガイドはこちら

以上、いかがだったでしょうか?英語圏の文化として、なじみのある摂氏だけでなく華氏もぜひ知っておきましょう!

また、新しく学んだ英語の知識は、話す練習をしないと使えるようになりませんので、オンライン英会話で英語講師を相手に練習をするのがおすすめです。

オンライン英会話について知りたい、サービスを比較したいという方はこちらのオンライン英会話・勉強法ガイドをご覧ください。

プロがおすすめするオンライン英会話32サービス比較ランキング【2018年最新版】

プロがおすすめする英会話教材ベスト3
32a6b6cb f864 4373 8c7d 5d034780db50
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★★
✔サービス満足度No.1
✔最高品質の教材カリキュラム
✔1レッスン129円から受講可能
Ba1d3a85 bac0 4e1b 931b 79af0b65f2f3
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★☆
✔スマホで24時間レッスン受講
✔カランメソッドで短期上達
✔日本人の学習相談あり
8c994c26 5c02 49c9 abff 0d78b87302cd
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★☆
✔2分から始める英会話レッスン
✔ドラマ形式で楽しく学習
✔英語レベル診断あり
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー