"pretty"は「可愛い」の意味じゃない!アメリカ英語でよくある強調表現【マンガで英語vol.16】

  • 英会話

カッコイイ男のコに思い切って「元気?」と挨拶をしてみたら、「かわいいね」だって。私の見た目が「かわいい」と言ってくれたのかと思ったら…。

"pretty"は「可愛い」の意味じゃない!実は"very"と同じ意味

「pretty」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは「かわいい」という単語。でも「pretty」には単に「かわいい」という以外に別の意味もあるのを知っていますか?アメリカ英語では

This is pretty good!

などという形でよくprettyを使ったりします。実はこれgoodなどの形容詞の前に持ってくると「けっこう」や「かなり」というveryと似た強調する表現なのです。フォーマルな書き言葉では使われないのでTOEICなどではお目にかからないと思いますが、日常英会wあではよく使われる表現の1つです。

日常英会話で"Pretty good"と言うとネイティブぽい

意味を強めるので"pretty good"は「とても良いよ」という意味になりますね。これはそのまま覚えておきたくらい、アメリカ英語ではよく使われます。例えば英語の挨拶で最も使われる"How are you?"の返事でも…

  • How are you?(元気かい?)
  • Pretty good.(かなり元気だよ)

と返すととてもネイティブっぽい英語になりかっこいいです。また、「ほとんど」や「だいたい」という意味でも使うことができるので、使い所が意外と多いのです。

  • Have you finished your homework yet?(宿題は終わった?)
  • Pretty much.(だいたいね)

などという具合ですね。「とても」と「ほとんど」の2つの意味をおさえておけばprettyはバッチリです。本当に「可愛い」の意味で使われることももちろんあるので、その時の会話の内容から上手に意味を察してくださいね。

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2