英語でLとRの音を聞き分けるコツとおすすめ勉強法

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

英語リスニングで最も間違えやすい音である"R"と"L"、正しく発音できますか?日本人からすると「どっちも変わらないじゃないか!」と思うかもしれませんが、英語ネイティブはしっかりと聴き分け&発音の使い分けもできているのです。

つまり、正しく認識して発音する方法はちゃんとあるということでもあります!今回はそのポイントをご紹介したいと思います。

英語のLとRを正しく聴き分けて発音する3つのポイント

なぜネイティブは"L"と"R"の音を聞き分けられるの?

日本で、日本語のみを使用して育ってきた日本人にとって、最も聞き取りや発音が難しいことで有名なものの一つに、よく’L’と’R’の音の区別が挙げられます。海外でも、日本人がこれらの区別に苦労しているらしい、というのは、もはやよく知られた話で、ジョークに使われているのも良く見かけます。

例えば、昔アメリカの選挙で、候補者が

  • election:選挙
  • erection:直立な(性的な意味で使われることもある)

という単語の発音を間違え、大騒ぎになったという例もあるほどです!LとRが1つ違うだけでかなり意味が変わってしまう英単語もあるので、やっかいですね。

一般的に、言語学の世界では『臨界期』(Critical Period)、つまりある一定の年齢に達すると、言語習得がきわめて困難になる、という定説があります。この説によると、外国語の言語習得が全く不可能になってしまうということではありませんが、音声面に限って言えばかなり早い年齢で母語にない音(日本人からしたら日本語にない音)が聴き取れなくなってしまうようです。

なので、これはある意味、日本語ができるようになる代償なので、日本語にないL"と"R"の音が普通にしていても聞き取れなくなるのは、どうしようもない事実なようです。ですが、正しい訓練をすれば、きちんと聞き取れるようになったり、少しでも正しく発音できるようになります!大切なことは、日本の成人だから、出来ないと否定的な自己暗示をかけないことです。

LとRの正しい発音をする3つのポイント

1.舌の位置と口の動かし方を確認

LとRでは、舌の位置が全く違います。

  • L・・・舌の先を、上あごの歯ぐきの裏につけ、舌の横を空気が通って出て行く音
  • R・・・舌は、口の真ん中あたりでどこにもつかず、口を丸め、下あごを少し下げて出す音

文章にすると難しいのですが、口腔内で舌の位置を確認できる断面図や、横・正面などからの角度で、実際にネイティブが発音しているところを動画でも確認してみましょう!それぞれの音を出す時の舌の位置に注目です。

2.実践練習:"Lux Super Rich"を発音してみよう!

今度は、実際に、自分でも舌の位置と唇の動きを意識して、発音してみます。ネイティブの口の動かし方を真似してみてください。そして練習のために、シャンプーで有名なLux Super Rich"が発音の練習としてうってつけです!この1文に"L"と"R"どちらの音も入っているので、正確に発音しないと全て同じ音になってしまうのです。ネイティブの発音は、CMの動画で確認しましょう。

3.スペリングをはっきり認識する

発音や聞き取りがうまくできないため、書く時にも、うろ覚えの単語だと、LとRを間違えて書いてしまうケースがあります。実際に辞書などで綴りを確認し、音声を聞き、発音して書くよう感覚をフルに活用することで、記憶に残りやすくなります。もし、ネイティブの方と話していて、LかRか分からない時は、スペリングを教えて頂くことで、話の理解や今後の学習の助けにもなります。逆に、意識して自分が発音した時、どうしても通じない場合も、スペリングを伝えることで、会話がスムーズに流れることも多いので、スペリングをしっかり記憶することも、とても大切なポイントです。

 

以上、いかがでしたか?リスニングもやはり英語ネイティブにはかなわないかもしれませんが、練習することで100%ではないにせよ”LとRの問題”を解決することはできます!。耳と目と口、(書く時は手も!)しっかり意識的にフル活用して、慣れていってください。

LとRをチャンツで練習するおすすめ勉強法


冒頭でも触れましたが、日本人が一番苦手とする“LとR”。今日はチャンツで練習してみたいと思います。チャンツとは、日常的な場面での話し言葉をリズムに乗せて表現したもので、いわゆる『言葉あそび』のことです。

つまり、LとRの音を交互に繰り返すことで違いがよく分かるようになる練習をすると違いが分かりやすくなるということです。では、早速動画でチャンツの練習をしてみましょう!

さあ、それでは練習の成果をチェックしてみましょう!


いかがでしたか?

動画のテストのように、単語だけを聞かされて「さあ、どっち?」と英語のネイティブに詰め寄られることは現実の世界ではまずありませんので安心してください(笑)

この動画を観てLとRの音を聞き分けられるようになるまで練習すれば、英会話でも困ることはないでしょう。

  1. writeとlite
  2. rightとlight
  3. wrongとlong

この3つの英単語もよく聞き取りで間違えやすいLとRの音なので、辞書などで発音を確認して聞き取れるか確認してください。

“LとR”の発音にまつわる『都市伝説』アナタは信じる?信じない?

最後に、LとRと言えば、知る人ぞ知る都市伝説があるのをご存知でしょうか?そうです。

「Lux Super Rich(ラックススーパーリッチ)」と唱えると“LとR”の発音が上達する

というアレです。私も同僚と一緒に何度か練習してみたのですが、確かにLとRの違いを意識しながら発音練習するのは効果的なような気がします(実際に上達したかはすぐには分かりにくいかもしれませんけど)。 

英語のネイティブにも発音が苦手な英単語がある

英語のネイティブたちにも“発音したくない単語”が存在するって知っていましたか?よく考えてみれば、日本語にも

  • 「暖かく」
  • 「手術中」
  • 「派出所」
  • 「骨粗鬆症」
  • 「きゃりーぱみゅぱみゅ」

などなど、日本人の私たちでも思わず舌をかんでしまいそうな単語は想像以上にたくさんありますよね。それではここで、ネイティブが発音が苦手だとする英単語のいくつかをご紹介したいと思います。

  • choir  (教会の)聖歌隊
  • sixth  第 6 (の), 6 番目(の);
  • rural  田舎の, 田園の,
  • February  二月
  • squirrel   リス
  • similarly  似ている, 類似した

どれもノンネイティブの私たちにとって発音しずらい単語ばかりですが、英語のネイティブも同じように感じているんですね。(squirrelにいたっては、「こんな単語作ったの誰だ!?」なんていうダイレクトな不満の声までありました。w)

でも、こうして見てみると、「なーんだ」と、少しホッとしませんか?発音練習もゆるゆるマイペースに進めていっていいんだって気持ちに余裕ができますよね。 

発音というものは母語によっていろいろな苦手な音があり、国によっては苦手な音が“BとP”だったりもするようです。母国語にない音を発音するということはすべてのノンネイティブにとって、やはり難しいものなんですね。

LとRの発音が苦手な人は多いと思いますが、必ずしも100%正しくなくても通じるのが言葉です。焦らず1つずつ発音を良くしていってください!


終わりに:プロが選ぶ英会話おすすめ教材

また、こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できるオンライン英会話をおすすめしています。オンライン英会話についてもっと知りたい方は、こちらのオンライン英会話・勉強法ガイドをご覧ください。

プロがおすすめする英語学習の教材
F4b61241 50d2 4877 a756 18c6872cb324
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
4b07ba80 dd33 403a 829a 4b66fae1da9a
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー