英会話で使える褒め言葉の英語表現フレーズ10選

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

英語で褒め言葉をサッと言えると英会話が盛り上がってスムーズに進むものですが、実際何を言えばいいの?と分からない人も多いんじゃないでしょうか。

そこで今回は、数ある褒め言葉の中でもネイティブが最もよく使う、かつ応用がきく便利フレーズ10選をご紹介します!

英会話で使える褒め言葉の英語表現フレーズ10選


1. Very good!:いいね!

goodだけだと褒めている感じがあまりしないので、Veryを付けてセットで伝えてあげると良い褒め言葉になります。goodだけで言う時は気持ちを込めて、少し大げさにGood!と言うと同じような意味で伝えられます。

2. Great!:すごい!

最もよく使う褒め言葉の1つです。英語圏では日本語で考えるよりもずっと大げさに表現するくらいがちょうどいいので、Great!と何かあったらサッと言ってあげると会話がスムーズに進むでしょう。

3. Awesome!:最高!

こちらはやや若者言葉で、最高だね!という気持ちを伝える時に使います。Awesome!と単品でも使えますし、Awesome job!と後ろに具体的な何か褒める対象を持ってくるのもOK。主にアメリカ英語ですが、かなりよく使われるのでおさえておきたい表現です。

4. Excellent!

意味としてはAwesomeと似ていますが、こちらはアメリカでもイギリスでも最高だね!という気持ちを伝える時のややフォーマルな表現です。大人同士での会話やビジネスシーンでサッと使えるとかっこいいでしょう。

"Good Job"だけじゃない!頑張った人への褒め言葉

日本語だと「グッジョブ!」や「いいね!」にあたる、何か頑張った人への褒め言葉のバリエーションを見て行きましょう。英語だと褒め言葉はかなり多種多様なフレーズがありますが、今回のものを最低限おさえておけば問題ないものを厳選しました。

5.Not bad.:悪くないね。

日本語では「悪くないね」は使うこともあるかもしれませんが、英語にすると実はあまり褒めてない表現になります。「すごくはないけど、そこそこだね」というニュアンスになるので、あまり多用はしないようにしましょう。英語圏ではストレートに大げさに褒めるのがマナーと覚えておきましょう。

6.I'm proud of you.:(あなたを誇りに思うくらい)素晴らしいね

be proud of~で「~を誇りに思う」という表現で、最上級の褒め言葉で使われるフレーズの1つです。慣れないうちに言われても褒められていると気付かないこともあるかもしれませんが、英語圏ではよく使われる褒め言葉なので喜んで全然OKです。

7.That's it!:それだ!

何かしたことが的を射ている時は「まさにそれだ!」という意味で使われます。直訳すると「あれがそれだ!」とよく分からない意味になりますが、英語圏ではかなりよく使われる表現なので使えるようになればグッとネイティブっぽい英会話ができるようになるでしょう。

8.Good work!:グッジョブ!

日本語で言えば「グッジョブ!」と同じ意味ですが、Good Jobよりもよく使われるこことが多いフレーズです(どちらも意味はほぼ同じですが)。スポーツ中などにチームメイトへ言ってあげると良いでしょう。

9.That's better.:良くなってきた!

進歩や成長があった人に言ってあげると喜ばれるフレーズです。「成長してるね!」というニュアンスなので対応~目下の人へ向けて言うことが多いですね。

10.Way to go!:その調子!

wayは今のやり方を意味していて、「今のやり方いいよ、そのまま行こう!」というニュアンスになります。似た意味で”Keep going.”などもあります。

仲良くなりたい、今日はなんか素敵だな!と思ったことをちょっと気になる女性に素直に伝えたい。「英語圏の人ってそういうのをストレートに表現するから自分もそうしてみよう!」と思って褒めて、大失敗する可能性があります。褒め方も文化の違い、特に男性はしっかり覚えて上手に褒めましょう!

逆効果!?英語圏で言ってはいけない褒め言葉とは

外見だけを褒めるのはNG!

英語圏では外見だけを褒めるのは実はNGです。例えば日本人にも馴染みがあるであろう、

You are beautiful.:美人だよね。

きっと日本人にとってbeautifulが一番わかりやすい褒め言葉の一つじゃないでしょうか。でも、「女性の外見だけしか見ていない=女性を物として見ている」という判断になるので、同僚に言うのは禁物です。もちろん奥さんや恋人には言っても大丈夫ですが、同僚やあまり仲良くない女性には言わないようにしましょう。

また、スタイルが良いことを褒める時に、

You have a nice body. :スタイルいいよね。

と言いたくなるかもしれませんが、これを言うと女性からは「そういう目で見てるの?気持ち悪い」と思われます。即通報されても文句は言えません。褒め言葉ではありませんが、「Did you gain weight? 太った?」も日本人同士だと冗談やからかったりでよく言うフレーズですが、アメリカでは全く面白くありません。体型のことについては自分からは絶対に口にしないようにしましょう。

綺麗さに順番を付けるのもNG!

会社で綺麗な女性がたくさんいると、男性はついこんな会話しているかもしれませんね。

I think Tina is the most beautiful girl at our company. :ティナってうちの会社で一番の美人だよね。

ですがこれ、最低です。それを聞いたTina以外の女性の身にもなってください。日本ではこっそり誰が一番きれいかなどの話題がよくありますが、アメリカではプロフェッショナル失格になります。相当な仲良し以外には言わないようにしましょう。日本語でも失礼ですが、英語圏は特に外見にとてもセンシティブなのを知っておいてください。

ニックネームも要注意!

親しみを込めてニックネームを付けることが英語圏でもよくあります。
She is ********. :彼女は********。(美人そうなニックネームをつける)

例えば日本だったら、学生時代にミス◯◯を受賞した女性だったら、「あの総務部のミス◯◯ね」など、本人ではない人がつけたポジティブな影のニックネームがあったりしますよね。しかし、これをアメリカでやると意味がポジティブでも影でやっているということ、女性が物として見られているという理由で失礼になります

ちなみに私は実際に中国人の同僚に「东洋之花(訳:日本の花)」と呼ばれていたらしく、アメリカ人女性とカナダ人女性は全員「きもい!通報だよ!」と絶叫していました。一方で、他の中国人男性・女性たちはは「なんで?褒め言葉じゃん!」と言っていました。やはりここでも文化の違いが…ちなみに私は嫌でした。あとそれ中国のシャンプーの名前らしいし…

日本人はフランクな場面で女性の外見の話や下ネタ、交際ステータスなどを聞いてさらに仲良くなろうとする傾向がありますが、アメリカでは最低です。「この人何なんだろう…」と思われる可能性がとても高いので、オフィスやパーティーでは注意しましょう。日本の居酒屋やサークルのノリで話すと、とても常識がない人と思われて評判を落とします。


英語で相手を正しく褒めるために知っておきたい3つのポイント

英語で褒めるとき、なんとなく褒めるのではだめです!褒めるにはポイントがあるので、ポイントをおさえて褒め上手になって良い関係性を築きましょう!

ポイント1.身に付けているものを褒める

I like your shoes. いい靴だね。

靴でもなんでもいいのですが、体の部位以外を褒めましょう。例えばshirt, bag, watch, earringあたりだったら、センスを褒められているということで、好意的に受け取ってもらえます。話のきっかけにもなりやすいのでWhere do you usually shop?などの質問で話を広げましょう。

2.知性・品性を褒める

You are smart. 賢いよね。

smartは鉄板の褒め言葉です。アメリカでは日本のような可愛くて「何もわからないからやって♡」という女性はあまり好まれません。demanding(注文が多い)やneedy(ネガティブな意味で愛情を強く欲している)と思われてしまう文化です。自立していて賢いというのは最高の褒め言葉です。彼女のことを何も知らないのに、いきなり言うと「私の何を知ってるの?」と思われるので、彼女のことを理解してきたら言いましょう。男性も言われたら当然喜びます。

3.性格を褒める

You are always stylish. いつでもおしゃれだよね。

fashionableでももちろんOKです。センスを褒めましょう。

You are sweet. 優しいよね。

何か彼女が良いことをしていたり、あなたのことを褒めてくれたらこの言葉で褒めましょう。kindでもOKですが、sweetのほうが可愛げがある感じも含みます。例えば、かわいい子犬をHe is such a sweet puppy.という言い方から見れるように、文脈によってはちょっと愛でる言い方にもなるので、性格を褒めるには最適です。

You are fun. 楽しい人だね。

会話してて楽しいなと思ったらこう言いましょう。パートナーの話題で、性格を紹介するきによく聞く言い回しがHe/She is fun to be with. (一緒にいて楽しい)。自分が一緒にいることを好意的に思ってることを伝えましょう。

You are interesting. 面白い人だね。

話が面白かったらこうコメントしましょう。「話が面白いね!(あなたに興味を持って聞いるよ)」という意味なので、ちゃんと話を聞いていますよということを伝えられます。

You are inspiring. 刺激を受けるよ。

彼女が何か頑張ってたり、良いことを言ったらこうコメントしましょう。感嘆文のWowや一語でgreatよりも、具体的に感銘を受けていることを表現できます。自分の行動が人にそれだけ影響を与えたんだと思ってもらえて、気分をよくしてくれるでしょう。

 

いかがだったでしょうか?アメリカでは容姿ではなく、性格を褒めることが好意的に受け止められます。ちなみに私は上記の言葉は老若男女、関係性を問わず何度も言われました。私はちょっとおもしろキャラなところもあるのでYou are funny/hilarious(うけるね)もよく言われましたね。やっぱり容姿の褒め言葉から入られると「なんだこいつは!?」と思います。路上のナンパと変わりません。良いと思ったところは適切な言い回しで上手に伝えていきましょう!

終わりに:プロが選ぶ英会話おすすめ教材

以上、いかがだったでしょうか? 日本語ではちょっと言いづらい褒め言葉も、英語ならさらっと言いやすいものです。 にっこり笑顔で力強く言ってあげられるとグッと英会話もスムーズに進むでしょう。ぜひ使ってみてください!

また、こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できるオンライン英会話をおすすめしています。オンライン英会話についてもっと知りたい方は、こちらのオンライン英会話・勉強法ガイドをご覧ください。

プロがおすすめする英語学習の教材
F4b61241 50d2 4877 a756 18c6872cb324
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
4b07ba80 dd33 403a 829a 4b66fae1da9a
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー