水を頼んでウォッカが来る!?日本人には難しい英語の発音"water"【マンガで☆えいご上手vol.1】

  • 英会話

英語にまつわるエピソードをマンガで紹介していく『マンガで☆えいご上手』、今回は意外と日本人英語だと通じない"water"についてです。

英語の発音が悪いと水を頼んでウォッカが来る!?

“お水”water(ウォーター)を頼んで“ウォッカ”が出てきたら、逆にちょっとお得かも!?笑

waterは、特に米語圏では、「ワーラー」のような発音になるので、日本語のウォーターと同じ発音だと通じないことがあります。米語では、母音にはさまれた【t】は、【l】や【d】に近い音に変化する傾向があるからです。

ちなみにウォッカは英語で書くと"Vodka"で、日本語で書くと「ヴォッカー」のような音なので、周りが騒がしかったりすると確かにwaterと聴こえなくはないですね。

しかし、水が欲しいだけなのにウォッカが来たらたまらないので、基本的ですが大事なwaterはちゃんと発音できるようになっておきましょう!詳しい発音の練習はこんな動画もあるので参考にしてください。


他にも「コーラ」や「コーヒー」なども、同じく通じにくくて有名な単語ですね。cokeは「コーク」、coffeeは「カーフィー」のように発音します。どうしても発音が通じないときは、メニューを指差してみてもいいかもしれませんね。

LH-aruaru

 provided by えいご上手

この記事が気に入ったらシェアしよう
Ehcamp fb c917d38d90fb864e1de7e85a16e2112f690a296a5816c1b922f6a5fbd90b08f2