オンライン英会話で英語を話せるようになった勉強法

  • オンライン英会話
  • オンライン英会話の活用法

日々忙しい私たちにとって、いつでも、どこでも格安に英会話のレッスンを受けることが出来るオンライン英会話は欠かせないものになってきています。

しかし、いざ始めてみても、本当にこのままレッスンを続けていて英語を話せるようになるのかと不安を感じている方、実際に数か月継続していても自分が成長しているのか実感出来ない方もいるのではないでしょうか。

そんな皆さんにオンライン英会話を最大限に活用にして、英語を話せるようになった勉強法をまとめました。

オンライン英会話で英語を話せるようになった勉強法


オンライン英会話のレッスン中にした勉強法1:復習するためのノートを作成する

復習することを念頭において、レッスンを受ける際にはノートやメモを用意し、以下の5つのことを書き留めるようにします。

  • 頭に思い浮かばなかった単語等(日本語でのメモでOK)
  • 始めて聞いた表現/聞き取れなかった表現
  • 発音を指摘された単語
  • 間違いを指摘された英文

この時に丁寧に書こうとはせずに、メモ程度で構いません。復習をする際にきちんとまとめればよいので、自分が分かる程度に書き留めておきます。

1番目の「頭に思い浮かばなかった単語等(日本語でのメモでOK)」は忘れがちなポイントですが、しっかりとメモをしましょう。案外後から思い出そうとしてもなかなか思い出せないものです。

勿論その場で、「こんなことを英語で言いたいのだけれど、どういいますか?」と講師に確認してもいいのですが、単純な単語だろうと予想がつく場合などは日本語で書き留めておけばよいでしょう。


2番目の「始めて聞いた表現/聞き取れなかった表現」ですが、初めて聞く表現は聞き取れないことが多いです。ここで重要なのは、必ず講師に聞き取れなかった箇所を確認することです。話の流れを止めてしまう、何度も聞いたら悪い・・などと考えずに、迷いなく自分が分かるまで確認することが大事です。

せっかくのマンツーマンのオンライン英会話です。あなたの思う存分、分からない箇所を確認しましょう。ただレッスンを受け流ししているだけでは、英語を話せるようにはなりません。確実に復習することを頭に入れて、レッスンに臨み実践することが重要になります。

オンライン英会話のレッスン中にした勉強法2:レッスンを録音する

最初は自分の上手くいかない英語を聞くというのは、なかなか勇気のいることかもしれません。しかし客観的に自分の英語を聞くことは、英語を話せるようになるためには必須です。今は簡単に携帯電話でも録音することができる時代です。自宅や自分だけの空間など録音した会話が十分聞こえるような状況では是非録音してみましょう。スマートフォンから録音するだけでOKです。

その録音した会話を復習時間、また空いている時間等に繰り返し聞いてみることで、「この言い回しはこのような表現で言い換えが出来たはずだ」、「焦ってしっかりと質問を聞けていなかった」等、反省点や気が付く点が出てくるはずです。そのような復習ポイントを逃さずに学習する癖をつけると必ず英語力は伸びます。

また、自分の発音がどの程度のレベルなのかということも、客観的に聞くことで再確認できます。是非レッスンを録音して復習に役立てましょう。

オンライン英会話レッスン以外で自習するときの勉強法

自習をするときの勉強法1:あらかじめ必要なフレーズをまとめておく

レッスンを受ける前に必要なことは、まずどのようなレッスンを展開するのかを自分であらかじめ想定しておくことです。最初は細かく想定することは難しいかもしれませんが、絶対必要になるだろうフレーズはある程度想像できるはずです。そのようなフレーズを状況別にまとめておきましょう。

例えば、講師の言っていることがうまく聞こえなかったのでもう一度確認したい状況を想定した場合、以下のようなフレーズを書き出せます。

  • Could you say that again please?
  • I beg your pardon?
  • Could you please repeat it slowly?
  • I'm sorry I couldn't hear you.

実際にそのフレーズを使う際に、その言い回しで合っているのか、他にスマートな言い換えは出来るか等を講師に確認すれば、あなたの使えるフレーズはどんどん増えていくことでしょう。

色んな状況を想定し、1つの言い方ではなく様々な言い回しを覚えておくこと、そして実際にレッスンでアウトプットすることにより、確実にあなたの力になります。

自習をするときの勉強法2:トピックをストックしておく

レッスンをテキストに沿っての学習だけではなく、主体的にレッスン内容を計画しておく方がレッスンを有効に活用できます。

まず最初は自己紹介は絶対に行うテーマになるので、ここから始めておくとよいでしょう。自己紹介というと簡単にも出来ますが、自分のことを深く掘り下げて、さらには家族のこと、職場のこと等いくらでも話題に広がりを持たせることが出来ます。

それを説明するときにはどのような単語が必要になるのか、どの様な言い回しならスムーズに表現できるのかをまとめておきましょう。ここでもこのあらかじめ用意したものを実際のレッスンでアウトプットし、講師に確認することが必要です。

自己紹介だけでなく、日本の食べ物、日本の文化、歴史、現在の社会情勢、各国のニュースについて思うこと等、日々色々なことにアンテナを張り、多くのトピックをストックしていくとよいです。

実際にやろうとしてみると分かりますが、最初は日本語でもうまくまとめることが難しく感じるかもしれません。まずは日本語でトピックを探し、思いついたときにどんどんメモをしておいて、定期的に時間を決めてそのトピックの掘り下げ、英作文をするという勉強習慣を是非身につけましょう。

自習をするときの勉強法3:復習ノートを元に必ず復習する

オンライン英会話で英語を話せるようになるには、必ず毎回しっかりとレッスン内容を復習する必要があります。レッスン中には以下の内容を書き留めておいたメモがあるはずです。

  • 頭に思い浮かばなかった単語等(日本語でのメモでOK)
  • 始めて聞いた表現/聞き取れなかった表現
  • 発音を指摘された単語
  • 間違いを指摘された英文

このメモを元に、復習するためのノートにしっかりとまとめていきます。復習をするにはレッスン終了後からの時間が短ければ短いほど記憶が鮮明なので、早めにすることをおすすめします。あらかじめ復習時間も考慮に入れたうえで、レッスンを計画的に受講することも効果的です。

この復習ノートでは、上記の表現や英文の他に、その表現や英文を使った例文を作成してみるのもおすすめです。その際に是非試してほしいポイントは、主語を自分や家族などに当てはめて、実際に使える英文にすることです。

よく辞書やサイトに載っている例文で、絶対に自分が今後使わないだろうというものに出くわすことがありませんか?そのような例文を覚えるよりも、実際に自分が今後使う可能性のある内容に変えて例文を作成する方がより効率が良いです。

例えば、be fond of~を使用した表現を書き留める際に、辞書で調べてみると、以下のような例文が出てきたとします。

He seemed to be very fond of classical literature.
(彼は古文学が好きらしい)

この例文を例えば以下のような自分が使いそうな文に変えて、ノートに書き留めます。

My sister seems to be very fond of the boy.
(私の妹はあの男の子のことをとても好きなようだ)

このように自分に関係するであろう内容にすることで、頭に入りやすくなりますし、実際にアウトプットしやすくなります。少しの工夫を重ねることで、あなたの復習ノートはより有効的に活用出来ます。

また復習ノートをどこでも持ち運びできるようにしておくと、少し時間が空いた時に見直すことが出来ます。

単語やフレーズなどは、単語帳アプリ等を活用することもできます。単語帳アプリ等の良い点は、携帯電話なら常に持ち歩くのでいつでもどこでも少しの時間でも復習が出来る点にあります。

私の場合は、LINEで自分だけのグループを作成し、そこに復習すべき単語を例文と一緒に入力しています。LINEの良い点は後から検索をかけることが出来る点、また毎日LINEは必ず開くので自然と見直す回数が増える点にあります。自分に合った方法を取り入れて復習すると良いでしょう。

自習をするときの勉強法4:定期的に英語レベルを測る

一生懸命勉強をしていても結果が見えずに不安になるときが来るかもしれません。また時には、モチベーションが下がり継続が難しくなる時もあるでしょう。そのようなことを防ぐためにも、定期的に自分の英語レベルを認識することは大切です。

資格試験を定期的に受ける、オンライン英会話のレベルチェックテストを定期的に受ける、または期間を決めて同じ先生に自分の英語力がどのように変化したかを率直に聞いてみることもよいでしょう。

実際には英語力は着実に成長しているのに自分では分からないこともあります。逆に自分では成長していると思っても、実際はそうでもないこともあるかもしれません。そんな時にでも定期的に英語レベルを測ることで、そこからどのように軌道修正をしていけばよいのか、そして英語学習を続けるためのモチベーションアップにもつながります。


おわりに:オンライン英会話で英語を身につける勉強法ガイド

実際にオンライン英会話で英語を話せるようになった勉強法をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。


オンライン英会話はいつでもどこでも思い立った時にレッスンを受けることが出来るので、活用しない手はありません。せっかく受講するならば、最大限活用し効果的な勉強法を取り入れて英語を話せるようになってください。上記にあげた勉強法を試しながら、是非毎日の意識も変えていくのが大切です。

日々英語を意識した生活をすることをおすすめします。通勤中も、食事中も「これは英語でどのように言うのだろう」、「このような場合はどういったら伝わるのだろう」等と常に意識を英語に向けることが重要です。そうすることであなたのフレーズノート、トピックストックも増え続けていくでしょう。

またオンライン英会話は週に1回よりも3回、出来れば毎日することが一番です。やはり回数を重ねることで英語を話せるあなたに近づくスピードは早まります。これを機に、オンライン英会話で英語を話せるようになりましょう!


オンライン英会話についてもっと知りたい、他のオンライン英会話サービスについてももっと知りたいという方は、こちらのオンライン英会話サービスを比較した勉強法ガイドをご覧ください。

また、こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

オンライン英会話だけでなく英会話教室の利用も考えている人は、こちらの記事をご覧ください。

プロがおすすめする英会話教材ベスト3
E99ee74b f819 43b6 b964 fcc80e4ad95d
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔定額でレッスン受け放題
✔カランメソッドで短期上達
✔圧倒的コスパNo.1
8263a192 d942 420e 9e85 a60f104a6820
DMM英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔世界104カ国の講師が在籍!
✔7000以上の教材が利用可能!
✔24時間365日レッスン受講可能
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー