英語で「確認する」を正しく言う・書く表現まとめ

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

ビジネスシーンでも日常生活でも頻繁に登場する「確認します」という言葉。英語で何と言えばいいですか?と聞かれて最初に浮かぶのは、多くの場面で使われる「check」でしょうか。または、ほとんど使われなくなりましたが、飛行機チケットの予約の「reconfirm(リコンファーム)」、などでなじみのある、「confirm」を思い浮かべる方も多いと思います。

確かにこの2つは、ビジネス・日常生活共に様々な場面でよく登場する使い勝手の良い単語です。この2つの単語といくつかの言い回しを覚えておくことで、大抵のやり取りはこなせると言っても良いです。しかし、このサイトにアップされる記事に興味を持って読んでくださっている皆さんは、さらに一歩踏みこんだ深さのある表現を知りたいと思っているのではないでしょうか?

実際に使われることが多い言葉ほど様々なニュアンスを持っているものです。そして英語には、ニュアンスそのものを伝える「この場面と文脈にはこの単語」という、決まり言葉ならぬ決まり単語が存在します。今回は、「check」「confirm」という「確認する」という意味でよく使われる人気者2つの言い回しをいろいろとご紹介すると共に、それ以外の意味合いやニュアンスで使われる「確認する」ための言葉について、一緒に「確認して」行きましょう。

目次

英語で「確認する」の意味で使われる「check」


「今すぐチェックします」、「チェックしていただけますか?」など、いまや日本語のひとつのようになっている「check」。汎用性の高い単語ですので様々な場面で使われるものですが、checkの意味を「確認する」以外でひとつだけ、使う場面(文章)を思い浮かべながら日本語で定義してみてください。

I’d like you to check my report if I have any grammatical mistake.
ミスがあるかどうか探してみる

They say that there is a problem in the bathroom. Could you please go and check it?
何が問題なのかを見てみる

Please check the attached file.
ファイルが正常に起動するか実際に開いてみる

What’s wrong with this PC? It froze again!! I’ve got to have it checked.
何が故障の原因になっているかハードディスクシステムを見てみる

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:「check」【具体例で解説】

例文をいくつか上げてみました。共通する意味合いは、対象となるものがどんな状態かを「見てみる」ということです。実際に見たり触ったりして、起きていることは何か、問題があるかどうか、などを「点検する」「調べる」「検査する」。つまり、「check」は客観的な事実関係の「確認する」という意味合いで使われる単語です。そこからさらにふみこんだ価値判断は含まれません。

上記のことを踏まえて、さらにいくつか「check」の入る例文を挙げてみます。

Recently, I’ve been checking my credit card statements so that I don’t spend too much money in clothes
「最近、洋服にお金を使いすぎないようにクレジットカードの明細書を確認しているんだ。」
:明細書を見て、支出状況をcheckするということです。

My costumer asked me to check whether our local liquor store sells Japanese wine. I’ve got to go and check it as soon as possible.
「お客さまが、地元の酒屋さんで日本産ワインを売っているかどうか確認して欲しいって言うんだ。出来るだけ早く確認して来なきゃ。」
:お客さまは酒屋さんが日本産ワインを売っているかどうかをcheckして欲しいと言い、実際はどうなのかをcheckしに行く、ということです。

A:What is the current situation with the project?
B:Let me check and get back to you as soon as possible.
「A: 現在のプロジェクトの進捗はどうなっていますか?」
「B: 至急確認し、ご報告いたします。」
:Aさんが知りたい進捗状況について、事実をcheckする、ということです。

A:Haven’t the books I ordered the other day been delivered yet?
B:I’m extremely sorry. Allow me to check and I’ll get back to you as soon as I know the date of shipment.
「A:先日注文した本がまだ届いていないのですが?」
「B:大変申し訳ございません。確認いたします。出荷日が分かり次第、折り返しご連絡いたします。」
:お客さまの注文した本が届いていない状況をcheckし、出荷日をcheckする、ということです。

I’d like to ask you to complete a final check by Friday the 12th. 
「最終確認を12日金曜日までに完了していただければと思います。」
:ここではcheckを名詞形で「final check」として使っています。間違いがないかどうかという事実をcheckして欲しいと言っています。

英語で「確認する」の意味で使われる「confirm」

先ほど挙げた飛行機のチケットの「reconfirm」を思い出してください。この再確認で「確認」しようとしている内容は何でしょうか?飛行機のチケットとはどんなものかを再確認?違います。ここで確認したいのは飛行機のチケットが「間違いなく予約されているかどうか」ということです。

いくつか例文を挙げます。

I’d like to confirm my reservation, please.
「予約が取れているか確認したいのですが。」
:「予約を入れた」ことは確かなのだけれど、それがちゃんと受け付けられているかをconfirmします。

We must confirm whether it’s true or not.
「それが本当かどうか確かめなければなりません。」
:真偽のほどはどうかということを確かめるためにconfirmするということです。

Confirmation mail will be sent after the flight booking.
「航空券予約の後確認メールが送られます。」
:メールを受け取る人が予約を入れたということで間違いないかを確かめるためのconfirmです。

They told me that the meeting is scheduled in this room. Could you please confirm it for me?
「会議がこの部屋で行われると聞いたんですが、確認してくれませんか?」
:会議はこの部屋で行われるはずという事実が変わらず正しいかをconfirmするという意味です。

つまり、「confirm」は、正しい状態であるはずのことについて、「間違いがないかを確かめる」「検証する」「事実の裏付けを取る」という意味で使われる「確認」です。

英語で「確認する」を正しく言う・書く表現:「comfirm」さらに詳しくみてみよう

もう少し例文を見ておきましょう。

I would like to confirm the terms of this agreement.
「契約条項を確認したいと思います。」
:「契約条項=正しいはずのこと」について間違いがないかをconfirmします。

Would you mind holding for a moment while I confirm that information?
「情報を確認しますので、少々お待ち頂けますか?」
:情報は正しいはずだけれど、念のため確認するのでお待ちください、ということです。

Two articles in the press confirm me in that diagnosis.
「新聞に載っていた2つの記事から、その診断が正しいと確認できます。」
:医師が下した診断は正しい(はずの)ものだけれど、新聞記事で裏付けられたということです。

I think it likely that this further information confirmed him in his view that he must have the skills.
「この追加情報によって、スキルが必須なことを彼は確認するだろうと思います。」
:「やはりスキルは必須ですよ」とダメ押しされたようなconfirmですね。

英語で「確認する」と言うときに気をつけたい「make sure」と「ensure」の意味の違い

「confirm」と同じように「間違いがない、正しい」ということ「確認」する意味合いがありますが、この2つは、さらに一歩踏みこんだニュアンスがあります。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:「make sure」事実や行動に間違いがないかを確信できるように「確認」する

例文を見てみましょう。

Let me compare the order with your actual invoice to make sure there are no other errors.
「他に間違いがないよう確認するため、ご注文とインボイスを比較させて下さい。」
:注文とインボイスの内容をひとつひとつ見て、「しっかり確認」するということです。

We should always make sure to speak loudly when giving a speech.
「スピーチをする時には、いつも大きな声で話すようにするべきです。」
:スピーチをするという行動の際に、いつも大きな声で話せているかをその度ごとに「確認」します。

You need to pay close attention to the question each time, to make sure you address it.
「尋ねられた質問にちゃんと答えられるように、各質問は注意して聞かないといけません。」
:質問に答えられるという状態を「確認」しないといけないということです。

Make sure you feed the dog twice a day while we are away. 
「私たちが留守の間は、必ず1日に2回、犬に餌を与えてください。」
:「必ず」与えるように、自分自身に「確認」してくださいという意味です。

My mother made sure that there was no one in the house.
母は、家に誰もいないことを確認しました。
:誰もいないということが確実なものと「確認」して安心したいという強い思いです。

このように、何かをきちんと確実に行うように念押しする、必ず大丈夫だと確信するために行動するというニュアンスで「make sure」が使われます。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現: make sureと confirmを確認しておきましょう

ここで、「confirm」とのニュアンスの違いを見てみましょう。次の例文は「confirm」「make sure」どちらを使っても成り立つのですが、ニュアンスが変わってきます。

I need to make sure about the price he offered me last time. 
I need to confirm the price he offered me last time.
「前回彼が提示してくれた金額について、私は確認する必要があります。」

両方とも、彼が提示してくれた金額が「正しいかどうか確認」していますが、「confirm」では自分が思っている金額が実際に事実と相違ないかを確認するだけなのに対し、「make sure」では、「本当に正しいですね、彼もそう思っていますね」と念押しして相手の同意を得るために確認するというニュアンスがあります。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:「ensure」 確認を取りつける・確かなものとして確保する・保証を得る

主なニュアンスは「make sure」とほぼ同じですが、そこにさらに「(正式なものとして)確証・保証を得る」というニュアンスを加えるのが「ensure」です。「make sure」が口語でもよく使われるのに対し、「ensure」は文語的表現でもあります。例文を見てみましょう。

Always, asking questions is a good way to ensure smooth communication.
「スムーズなコミュニケーションのために、質問をするのは良い方法です。」
:スムーズなコミュニケーションを確保しようとしています。

We need to take steps to ensure that tourists enjoy their visits to Japan.
「観光客が日本での滞在を楽しめるように、対策を講じる必要があります。」
:観光客に日本での滞在を楽しむことを保証しようというニュアンスがあります。

The agreement ensured him a fixed income.
「その協定で彼は定収入を得られることになった。」
:協定が彼に定収入を保証してくれました。

Her calm judgement ensured us from accidents.
「彼女の冷静な判断のおかげで、私たちは事故をまぬがれました。」
:彼女の冷静な判断が事故からまぬがれる状態を確保してくれたということです。

英語で「確認する」の別の表現:「identify」「verify」「authenticate」で真偽を確かめる

「confirm」「make sure」「ensure」は、「正しいはずのものや事実」に立脚していましたが、「identify」「verify」「authenticate」は「正体不明のもの」「間違っているかも知れないもの」について、正しいものとして確認するという意味があります。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現「identify」: 本物・本人であることや誰なのか、何なのかを確認する

身分証明書である「IDカード」は「identify」から来ています。本人であることを確認し、証明するという意味で使われます。例文をご紹介します。

I was quite surprised when I met her after a long time. I couldn’t identify her at once.
「彼女に久しぶりに会って驚きました。すぐに本人だと分かりませんでした。」
:本人だと確認が出来なかったということですね。

The police told the man to identify himself.
「警官はその男に名前を言うように要求した。」
:警官は男に、自分が誰なのかまず名前を言って定義しろと要求しています。

Would you have something to identify yourself?
「何か身分を証明出来るものをお持ちですか?」
:まさに「身分を証明する」という意味ですね。

英語で「確認する」を正しく言う・書く表現:「identify」何か問題を検証する際にその正体を明らかにするという意味もある

Sometimes identifying and verbalizing the problem is more than half of the solution.
「問題を確認して、言語化する作業が、解決の半分以上を占めることがあります。」
:対処法を考えるためには、まず問題の正体、姿かたちを確認するということです。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:「verify」 疑いの残る事実に対して正しいと確認する

真偽が定かではない、疑問が残る事柄に対して、客観的事実や証拠を提示して正しいと確認することが「verify」です。

The computer will verify if the password is correct.
「コンピューターがパスワードが正しいかどうか確認します。」
:正しいかどうか分からないパスワードをコンピューターが客観的事実に照らし合わせて確認します。

This driver license needs verification.
「この運転免許証は正しいかどうか確認が必要だ。」
:「verify」の名詞形で「verification」。警察署にあるリストなど証拠書類から確認するということです。

We can find sources to verify whether it’s true or not.
「それが本当かどうか確認するために、情報源を探します。」
:客観的事実:情報源を探して、疑いのある状態を「正しい」に導けるか確認する行動です。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:「authenticate」本物、実物であることを認証して確認する

美術品や署名、古物などが「authentic(本物)」である、という言葉にもあるように、専門家などの検証を通して本物である、実物である、正しく有効であることを確認するという意味で使われます。

The painting was authenticated as a Raphael
「その絵はラファエル作と確認された。」
:専門家の鑑定によって、正しいと認められました。

Twitter authenticates whether an account is official or not, so we can rely on information from that account.
「ツイッターは、アカウントが公式のものかどうか確認してくれるので、そのアカウントからの情報は信頼できます。」
:Twitterのシステムが専門家として検証して確認してくれるということです。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:「ascertain」突き詰め!「determine」断定!

ここでご紹介する2つの「確認」する単語はさらに強いニュアンスを持った、硬さのある単語とも言えます。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:「ascertain」 突き詰める・究明して確認する

ascertainの構成「as(~であるように)+certain(確か)= ascertain」からもわかるように、調査・研究を通して、不確定さを排除ししっかりした事実として確立するというニュアンスで使われます。

The police have so far been unable to ascertain the cause of the explosion.
「警察は爆発の原因を確認できずにいる。」
:まだ突き止められていない、不確定な事柄が多いという意味です。

Management should ascertain whether adequate funding can be provided.
「経営陣は十分な資金提供があるかどうか確認するべきだ。」
:資金提供が確固としたものかどうかを突き詰めて確認するべき、というニュアンスです。

You should be able to ascertain the problems, by consulting with the customers.
「お客様と話をして、問題を確認できるようにしないといけません。」
:お客さまと話す=調査することで、問題を突きとめる「確認」です。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:「determine」 確認・断定する・見極める

「ascertain」とほぼ同じ意味合いで使います。調査や計算などの客観的・科学的根拠によって、物事を確認、見極めます。「断定」という強いニュアンスも持っています。

An amateur astronomer determined the position of the star at last thanks to his hard work.
「努力の甲斐あって、アマチュア天文学者はついに星の位置を確認した。」
:客観的事実や根拠を積み上げることによって、星の位置を見極めました。

Research means trying to investigate the data, so as to determine if it is factual and true.
「リサーチとは、本当かどうかを確認するために、データを調べることを言います。」
:「determine」とは、正にこの例文通りの意味合いですね。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:柔らかい表現で伝えよう!

ここまで「確認する」を意味するいろいろな単語を見てきました。単体で意味をしっかりと伝える単語は使い勝手が良いものです。ビジネスでも日常でも、誰かに対して「確認する」ということは程度の差はありますが、相手の言動を明らかにして、何かしらの意味づけをすることでもあります。場合や相手の状況などによって、不必要な摩擦や行き違いが起こることもありえるため注意が必要です。

最後に、柔らかい表現で思いやりをこめながら確認する表現をいくつかご紹介します。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:「Let’s look at~/Let us see if~」一緒に確認してみましょうか!

We now have a list of issues and concerns that may be contributing to the disastrous sales results. Let’s look at the problem areas one by one.
「悲惨な状況となっているセールス結果の問題や懸念事項が上がりました。問題となっている部分をひとつずつ一緒に確認していきましょう。」

Let us see if we can go through the problem areas one by one, and come up with some solutions.
「問題となった箇所を1つずつ一緒に確認してみよう、そして、解決策が思い浮かぶか見てみよう。」

誰も責めずに一緒に順番に確認しよう、という姿勢です。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:「Just to be sure~/Just to confirm,~」念のための確認なんですが~

Just to be sure, do you mean that you’ll give us a lower price if we increase the size of our order?
「確認までなんですが、発注量を増やせば、価格を下げて頂けるということですね?」

Just to confirm, you’re saying that we can expect to increase profits?
「ちょっと確認までなんですが、利益を見込めるとおっしゃっているのですか?」

「相手の言っていることは分かっている」とまず伝えたうえで、念のために確認をさせてください、というニュアンスで話をしています。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:「So are you telling me that~/Are you telling me that ~?」つまり、~ということですね?

So you’re telling me that you’d like to go ahead with the campaign idea as we’ve outlined it today?
「つまり、あなたは、今日が概要を話したキャンペーン案を進めていきたいということなのですね?」

Are you telling me that I will be able to receive the ticket there?
「そこでチケットを受け取れるということですか?」

相手が言っていることについて、自分の予想と違っていた場合などに使われます。

英語で「確認する」正しく言う・書く表現:「Does it look like you can ~?/by any chance~?」~出来そうな感じでしょうか?

Does it look like you can come up with an alternate plan before the next meeting?
「次回のミーティングまでに、代替案が出そうでしょうか?」

Have you all reviewed our options by any chance?
「もしかして、もう見直していただいていますか?」

オンライン英会話で話す練習をしてみよう

新しく学んだ英会話の知識は、実際に英会話で使わないといつまでも使える知識にはなりません。話せるようになるには、話す練習をしましょう!

英会話を上達させたい人におすすめなのが、オンライン英会話です。低価格でかつ質の高いレッスンで、学んだ知識をいつでもレッスンで使い練習することができるのでおすすめです。

おすすめオンライン英会話

ネイティブキャンプ

9ad81447 b7f0 4fc6 8a6f cf8be20b9d92
総合ランキング
1位
おすすめ度
★★★★★
コスパNo.1のオンライン英会話
レッスン時間 24時間 レッスン内容 日常英会話
講師の国籍 アメリカ・フィリピンなど 無料体験レッスン 7日間

DMM英会話

Cb063ec5 50a4 42be 8bf7 2333c4a60752
総合ランキング
2位
おすすめ度
★★★★★
サービス満足度No.1のオンライン英会話
レッスン時間 24時間 レッスン内容 日常英会話
講師 英語ネイティブ、フィリピン人 学習サポート 英単語アプリiKnow!利用無料

おわりに:プロが選ぶ英会話おすすめ教材

いかがでしたか?日々の生活は「確認をする」ことが頻繁にあります。人に対しての確認、自分自身に対しての確認、事柄や物についての確認、そして英語の勉強。また、自分の成長を確認したり、知らないことを確認して新たに学んだりすることもあります。

今の自分の姿を知ることで次の自分に進んで行けます。日々の皆さんの英語の勉強の進み具合を確認するためにも、このサイトをぜひ有効活用していただけたら嬉しいです。お読みいただきありがとうございました。

また、こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できるオンライン英会話をおすすめしています。オンライン英会話についてもっと知りたい方は、こちらのオンライン英会話・勉強法ガイドをご覧ください。

英会話教室に通って短期間に圧倒的な学習量で一気に勉強したい方はこちらの記事をご覧ください。

プロがおすすめする英語学習の教材
F4b61241 50d2 4877 a756 18c6872cb324
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
4b07ba80 dd33 403a 829a 4b66fae1da9a
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー