英語の発音矯正ができるフォニックスを徹底解説!

  • 英語勉強法
  • 英語勉強法

ここでは、フォニックスを利用した発音矯正の解説はもちろん、フォニックスとはそもそもどのようなものなのか、なぜ日本人は英語の発音で苦労するのか等も含めて解説します。フォニックスにはルールがあります。発音矯正をして、初めて出会う単語を読む事ができれば、学習速度が上がります。ぜひ参考にしてくださいね。

目次

英語の発音矯正ができるフォニックスとは


フォニックスとは元々英語圏の子どもに正しい英語の読み書きを教えるために開発された指導法です。現在、日本では正しく英語を発音するためにフォニックスがとても役に立つと注目されています。フォニックスでは、アルファベットの文字と発音との間にルールを設け、それに従って読むことにより正しい発音で読むことができるという仕組みになっています。

英語の発音矯正!日本人が英語の発音に苦労する理由

日本語では、ひらがな・片仮名の1つの文字の音は1つしかありません。従って、ひらがなや片仮名の文字の読み方をすべて覚えてしまえば、単語の意味を知らなくても読むことはできます。しかし英語では、アルファベットを覚えても単語を正しい発音で読むことはできません。なぜなら英語は、前後にどのアルファベットが来るかによって発音が変化していくからです。

英語の発音矯正!フォニックスを覚えることによるメリット

フォニックスを覚えることにより、さらに理解を深めることができます。フォニックスを知っていると、初めて見る読み方のわからない単語を読むことが出来たり、発音が自然にできるようになったり、英語を聞いて書けるようになったりと様々なメリットがあります。

フォニックスは絶対にやらなければならないというものではありませんが、実際に英語圏で子どもたちが5、6歳の頃から始めており、更には英語圏以外の人たちが英語を正しい発音で読めるようになるために使っている手段ということで効果はかなり高いと思います。

英語の発音矯正フォニックスの基本ルール1:アルファベットの読み方

ここからは実際にフォニックスの基本ルールを見ていきましょう。ここからそれぞれのアルファベットの読み方を片仮名で表記していきますが、英語の発音を完全にアルファベットに当てはめることは出来ないので、目安としてみてください。

英語の発音矯正フォニックス:母音のルール

母音には「短母音」という文字それぞれの音と、「長母音」という私たちが普段文字を読むときと同じ音に分かれます。

英語の発音矯正フォニックス:短母音

アルファベット 読み方(目安)
a
e
i
o
u


英語の発音矯正フォニックス:長母音

アルファベット 読み方(目安)
a
エイ
e
イー
i
アイ
o
オウ
u
ウー


英語の発音矯正フォニックス:子音のルール

アルファベットの中から母音の「aeiou」5文字を除く21文字が子音にあたります。

英語の発音矯正フォニックス:子音

アルファベット
読み方(目安として)
b
ブッ
p
プッ
d
ドゥ
t
トゥ
f
フッ
v
ヴッ
s

z
ズ
c
ク・ス
g
グ
k

j
ジュ
m

n
ンヌ
l

r
ウル
h

q
クウ
w

x
クス
y
イヤ


英語の発音矯正フォニックス:子音二重音

アルファベット 読み方(目安)
gh・ph
フッ
ch

sh
シュ
th
ス・ズ
※下を歯と歯の間に置く
wh
フウ
ng
ング

※子音2つの文字で1つの音になります。

子音混合音:sp、st、sc、sm、sw、sl、bl、pl、fl、cl、gl、br、pr、dr、tr、fr、cr、gr、spl、spr、str

英語の発音矯正フォニックスの基本ルール2:アルファベットを組み合わせたときの読み方

ここからは上記で説明したアルファベットを組み合わせるとどのように読むのか、またフォニックス上でのルールも解説していきます。

英語の発音矯正フォニックス:母音+子音のルール

母音の後に、子音が1つだけくる場合には母音の発音は短母音になります。ここで例をいくつか挙げてみましょう。

フォニックスの短母音:a→ア・e→エ・i→イ・o→オ・u→ウ

単語→発音のヒント→発音方法

  • cat→ク・ア・トゥ→キャットゥッ
  • dog→ドゥ・オ・グ→ドゥオグ
  • hat→ハ・ア・トゥ→ハァット

英語の発音矯正フォニックス:母音+子音+eのルール

母音、子音、eの順番に並んでおり、eが最後で終わっている時にはこのeを発音せずサイレントeになります。そして同時に母音は長母音になります。

フォニックスの長母音:a→エイ・e→イー・i→アイ・o→オウ・u→ウー

  • cake→cak→ク・エイ・ク
  • make→mak→ム・エイ・ク
  • like→lik→ル・アイ・ク

英語の発音矯正フォニックス:母音が2つ続くときのルール

母音が2つ連続で続くときには、1つ目の母音は長母音になり、2つ目の母音はサイレントになります。

フォニックスの長母音:a→エイ・e→イー・i→アイ・o→オウ・u→ウー

  • beat→be t→ブッ・イー・トゥ
  • coat→co t→ク・オウ・トゥ
  • seak→se k→ス・イー・ク

英語の発音矯正フォニックス:子音+母音のルール

子音の後に母音のみがあり、母音の後に子音がない場合には母音は長母音になります。

フォニックスの長母音:a→エイ・e→イー・i→アイ・o→オウ・u→ウー

  • go→グ・オウ
  • me→ム・イー

英語の発音矯正フォニックス:母音+子音+子音+eのルール

母音の後に子音が2つまたは3つあり、その後にeが来る場合には初めの母音は短母音の発音になります。

フォニックスの短母音:a→ア・e→エ・i→イ・o→オ・u→ウ

  • chance→チ・ア・ンヌ・ス
  • sample→ス・ア・ム・pl(プル)

英語の発音矯正フォニックス:「c」の持つ2つの発音のルール

「c」は次に続く母音により、発音が「ス」または「ク」に変わります。

  1. 「c」の次が「i」または「e」→「ス」の音になる
  2. サイレントeで終わる単語であり、サイレントeの前に「c」があるとき→「ス」の音になる(例:cell、city、century、rice、raceなど)
  3. 「c」の次が「a」、「u」、または「o」→「ク」の音になる
    (例:cat、cube、cookなど)

英語の発音矯正フォニックス:子音にも母音にもなれる「y」のルール

「y」は状況により、子音にも母音にもなることができます。

  1. 「y」が子音になる場合→単語の頭に来るとき
    (例:yellow、yet、yesなど)
  2. 「y」は母音となる場合→それ以外・発音は短母音「i・イ」または長母音「i・アイ」になる
    短母音「i・イ」と発音する場合→happy、history、photography
    長母音「i・アイ」と発音する場合→why、apply、type
  3. 「y」が「a」の後ろに来るとき→「エィ」のような発音になる
    (例:say、astray、playerなど)
  4. 「y」が「e」の後ろに来るとき→「イ」のような発音になる
    (例:honey、money、alleyなど)

英語の発音矯正フォニックス:「ow」の2パターンの発音のルール

「ow」は「オゥ」または「アゥ」どちらかの読みになります。

  1. 「ow」を「オゥ」と読む場合
    (例:know、show、shadowなど)
  2. 「ow」を「アゥ」と読む場合
    (例:now、town、allowなど)

英語の発音矯正フォニックス:「igh」の発音のルール

「igh」は「アィ」と読むことがほとんどです。

  1. 「igh」を「アィ」と読む場合
    (例:high、night、brightなど)

英語の発音矯正フォニックス:「oo」と「o」が2つつながる読み方

「oo」と「o」が2つつながる時には「ウゥ」と読むことがほとんどです。

  1. 「oo」を「ウゥ」と読む場合
    (例:tool、foolish、kangarooなど)


フォニックスを学べるおすすめ教材

さて、ここまでフォニックスについて解説してきましたが、実際に読んだだけでは発音の矯正はなかなかできません。実際に教材を使いながら、練習をする必要があります。

そこで、最後にプロがおすすめするフォニックスを学べる教材を紹介します!

オンライン英会話のネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ

9ad81447 b7f0 4fc6 8a6f cf8be20b9d92
総合ランキング
1位
おすすめ度
★★★★★
コスパNo.1のオンライン英会話
レッスン時間 24時間 レッスン内容 日常英会話
講師の国籍 アメリカ・フィリピンなど 無料体験レッスン 7日間

オンライン英会話の中にもいくつかのサービスはフォニックスに対応しています。その中でも、ネイティブキャンプは定額料金でレッスン受け放題、スマホからいつでも利用可能と英語学習者にとって嬉しいサポートが多くあります。

独学で学ぶより講師からフォニックスについて教わると、より効率よく発音矯正ができるのでおすすめです。

サービスについてより詳細に知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

まずは無料体験レッスンを受けてみるとサービスについてより理解できるでしょう。

参考書:CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK 

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)
ジュミック今井
明日香出版社
売り上げランキング: 6,106

参考書でフォニックスについて学びたいのであれば、こちらの1冊をおすすめします。フォニックスについて体系的にまとまっており、英会話の勉強をするなら手元に置いておきたい1冊です。

おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

この記事ではフォニックスとはそもそも何か、フォニックスはどうして発音矯正に役立つのか、実際のフォニックスのルールの紹介などをしてきました。文章の中で片仮名で発音を表すのは限界がありますが、少しでもニュアンスを感じ取っていただければ嬉しいです。

フォニックスを覚えると発音がきれいになりますし、初めて見た単語であっても読むことが出来るようになります。読むことが出来ると単語を覚える速度もグンと上がります。フォニックス全てを覚えることは難しいですが、よく使われるルールから少しずつ覚えてぜひ英語学習に役立てましょう。

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

プロがおすすめする英語学習の教材
F4b61241 50d2 4877 a756 18c6872cb324
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
4b07ba80 dd33 403a 829a 4b66fae1da9a
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー