英会話で必須の「ありがとう」を伝える英語表現まとめ

  • 英会話
  • 勉強法

誰かに心からの「ありがとう」を伝えたい。それは世界共通の思いです。海外の旅先で思いがけず親切にしてもらった時や心温まる笑顔を向けられた時。またはオフィスで外国人の同僚に手助けをしてもらった時。心に沸きあがった感謝の気持ちを伝えたいのに、日本語での言い回しはある程度思いついても、英語となると「Thank you」までは言えてもその後がなかなか出てこなくてもどかしい。そんな思いをしたことはありませんか。

毎日の生活の中でも、ほんの些細なことから大きなことまで、「ありがとう」を伝えたい瞬間は得てして不意にやって来ることが多いものです。気の利いた言葉で感謝を表したくてもとっさのことでなかなかうまく言い表せないこともあるのではないでしょうか。心が喜びで浮かび上がるような幸せな気持ちを伝えられないのはもったいないことですね。

日本語でもそうであるように、英語にも「ありがとう」そのものを表す単語自体はそれほどたくさんあるわけではありません。けれど、「Thank you」に自分の気持ちを表す言葉をつけ加えることで、多様で豊かな表現が生まれてきます。

ここでは「Thank you」に言葉をつけ加えることで自分の伝えたい「ありがとう」や相手への親愛の気持ちを表すフレーズを中心に、カジュアルな表現からビジネスシーンやフォーマルなシチュエーションで使える丁寧な表現まで、様々なフレーズをご紹介して行きます。さらに、「Thank you」をあえて使わないことで特定の思いを伝えられる表現についてもいくつかご紹介したいと思います。

目次

"Thank you."だけじゃない英語で「ありがとう」を伝える基本表現


短いひと言でも思いが伝わる英語の「ありがとう」

Thanks. 「ありがとう」 
「Thank you」と全く同じ意味ですが、Thank youからyouを取ることでくだけた分、より相手との親しさの度合いが表わされたニュアンスになります。小さなことですが、今まで「Thank you」と言い合っていた相手から「Thanks」と言われると、何だかくすぐったいようなほんのり嬉しい気持ちになります。

この「Thanks」に友だちに対する呼びかけをつけるとさらに親しげになります。

Thanks, man. / Thanks, bro. / Thanks, dude. (アメリカ英語)
Thanks, mate. (イギリス英語)
Thanks a lot. 「(本当に)ありがとう」

意味はThanksとほぼ同じですが、a lotの分だけほんの少し「本当に」のニュアンスが入ります。どこでもいつでも親しい相手なら誰にでも、一番よく使われている「ありがとう」です。

Many thanks / Thanks a million / Thanks a bunch 「本当にありがとう」
相手が少し手間をかけて何かしてくれた時などに、ただのThanksですませるよりもありがたい気持ちを表して言う「ありがとう」です。

Thank you, seriously. 「ああ、ありがとう!」
またさらに少し強調された表現です。何かで手助けしてもらった時など、してもらったこと自体は小さくても「助かったー」という気持ちを表すことが出来ます。Seriouslyを強めに言う、はっきり言う、少し間を置いてから言うなど、言い方を変えることで込めるニュアンスを変えることが出来て便利です。

Thank you as always. 「いつもありがとう」
相手が頻繁にしてくれることに少し丁寧にお礼を言う時に使います。いつも気にかけてくれたり手助けしたりしてくれる人には気負いなく、けれど時にはきちんとお礼を言いたいものです。

シチュエーション別の英語で「ありがとう」

ここからはシチュエーションを盛り込んだ言い回しをいくつかご紹介します。

Thank you (Thanks)に前置詞のfor+名詞や動名詞などをつけて、「〇〇について」ありがとう、と伝えたい時に使い勝手がいいフレーズです。

Thank you for the beautiful gift. 
「素敵なプレゼントをありがとう」

Thank you for a nice present, I like it very much. 
「素敵なプレゼントをありがとう、とても気に入っています」

Thank you for lending me CD. It was very good!
「CDを貸してくれてありがとう。とても良かったよ!」

Thank you for your worrying about me. 
「心配してくれてありがとう」

Thanks for the message.s for the message.
「メッセージをありがとう」(SNSでのコメントやメールでのメッセージなどに)

Thank you for being born to our child. 
「私たちの子供として生まれてきてくれてありがとう」

両親にこんなことを言われたら思わず泣いてしまうかも知れませんね。

Thank you for being yourself. 
「あなたでいてくれてありがとう」
少し落ち込んでいた時に、私の友だちが実際に言ってくれた言葉です。

Thank you for everything. 
「何もかもありがとう」
家族や親しい友だちに、贈りたくなる言葉です。

お友だちに自宅での食事に誘われて、帰り際に言う言葉として、

Thanks for the meal. 
「ごちそうさま」

Thank you for inviting me to the dinner. 
「食事に誘ってくれてありがとう」

言われた方はこんな風に返しましょう。

Pleasure! Thank you for coming today. 
「どういたしまして。来てくれてありがとう」

少し言い方に気をつけて効果的に伝える「ありがとう」

Ta. 「ありがとう」
「Thank you」を略した言い方で、これもイギリスで使われるとても簡単な「ありがとう」です。アメリカでは使いません。短くて聞き逃してしまいがちですが、もしイギリス人の友だちにこの言葉を言われたら「nothing. (どういたしまして)」と返してあげてください。

Thank God. / Thank goodness. / Thank heavens 
「ああ、よかった!」
こちらは目の前の人へのお礼の言葉ではなく、「ああ、よかった」という感嘆の言葉です。困った状況や心配事が解決されて「神さま、ありがとうございます」ということですが、特に宗教的な意味はありません。

Thanks anyway. 
「とにかくありがとう」
相手に何かをお願いしたり尋ねたりしたけれど、思うような手助けや返事がもらえなかったような場合に、それでもあなたの努力に「とりあえずありがとう」という意味で使われます。

I'm good. Thanks though. 
「結構です。でもありがとう。」
何かを勧められて断る時に使う言葉です。「No thank you」と同じ意味です。

この2つのフレーズは、言葉そのものは問題ありませんが言い方に少し気を使いたいフレーズです。ぶっきらぼうに言ってしまうと相手にとても気を使わせてしまいますが、笑顔で和やかに言えばほっと安心してもらえます。

英語で「ありがとう」:ビジネスシーンで親しさを!一緒に働く同僚へ

オフィスで一緒に働く同僚は、ビジネス上のつき合いではありますが日々の仕事を協力して行う仲間です。家族や友だちのような親密さはないけれど、近しさ感じることも多いと思います。丁寧ではあるけれど、少しカジュアルな表現も入れて、親しみと仲間意識を育みましょう。

短いフレーズ!英語で「ありがとう」を伝えたい時

Thank you for the help. / Thank you for giving me a hand. 
「手伝ってくれてありがとう」

Thank you for giving me good advice. 
「アドバイスをくれてありがとう」

日々の業務でちょっとした手伝いをしてもらった時や、こうしたら?というアドバイスをもらった時などには、そのたびにすぐに言いましょう。

Thank you for your concern. 
「気にかけてくれて(心配してくれて)ありがとう」
「この間のプロジェクト、どうだった?」「先週のプレゼンはうまく行った?」などと、自分が抱えていた大きな仕事について気にかけてくれていた優しい同僚。一緒に働いている仲間だと感じられるひと時です。すぐにお礼を言って、さらにいろいろと相談し合える仲になれるといいですね。

Thank you for the compliments. 
「ほめてくれてありがとう」
ちょっとしたほめ言葉を言われた時には、照れて「いやいや、そんなことありません」と返すよりも、笑顔で堂々とこの言葉を言えば、良い意味での自信を持っている人として信頼度がアップします。

Thank you for the reply. 
「返信をありがとう」

Well noted. Thank you. 
「了解しました。ありがとう」
この2つのフレーズは社内メールなどでよく使われる表現です。返信をもらって、「OK, then・・・」などといきなり本題に入るのではなく、「ありがとう」を伝えて相手を受け止めてから次の話を始めると、何気ないやり取りにも余裕が生まれます。

さらに具体的な協力に「ありがとう」

同僚が自分の時間を使って便宜を図ってくれたり協力をしてくれた時は、その内容を具体的な言葉にしてお礼を言うことで、相手は「やってあげて良かった」と喜んでくれます。

Thank you very much for introducing Mr. Sasaki of English Hacker to me.
「English Hackerの佐々木さんを紹介してくれて、ありがとう」

Thank you so much for agreeing with me at yesterday’s meeting.
「昨日の会議で私に賛成してくれてありがとう」

Thank you for setting up my computer and the internet connection.
「私のPCとインターネットを設定してくれてありがとう」

I hang in there because you all are here for me, thank you.
「君がいてくれるからがんばれているよ。ありがとう」

自分がリーダーをつとめるプロジェクトで、いつも積極的に協力しサポートしてくれる仲間たちに感謝の思いを伝える言葉です。

転勤や転職などで離れることになるけれど「今までありがとう」

異動の季節や転職などで同僚を送り出すとき、送り出してもらう時に言いたいフレーズです。

Thank you so much for all you’ve done. 
「今までありがとう」

Thank you all very much up until now. 
「皆さん、今まで本当にどうもありがとうございました」

Because you always support me, I could do my best. Thank you.
「皆さんがいつもサポートしてくれたから、私は自分のベストを尽くせました。ありがとう」

英語で「ありがとう」:ビジネスシーンで丁寧に敬意を伝えよう(上司、取引先、目上の人々へ)

上司や目上の人へ「ありがとう」を伝える

上司や目上の人が、自分のために時間を使って何かをしてくれた時には、そのことへの感謝の思いをしっかりと伝えて「ありがとうございます」の思いを伝えます。

Thank you for your approval. 
「ご承認をいただきありがとうございます」

Thank you for permitting me to move forward. 
「(プロジェクトを)進める許可をありがとうございます」

Thank you for reviewing my resume the other day.  
「先日は私のレジュメをご覧いただきありがとうございました」
こちらは、転職などで履歴書を送った後に出す手紙でよく使われるフレーズです。

Thank you so much for your kind concern. 
「お心遣いとご配慮をありがとうございます」

Thank you for your valuable advice. 
「貴重なアドバイスをありがとうございます」

相手がしてくれた配慮やアドバイスは、「心のこもった」「貴重な」ものだという単語を加えて、感謝の度合いを増すことが出来ます。

取引先に「ありがとう」をたくさん伝えて協力を引き出す

メールなどでのやり取りが多くなりがちな取引先の担当者には、「ありがとう」を惜しんではいけません。相手が対応してくれている(してくれた)ことに感謝していると伝えて、気持ちよく協力してもらえればそれ以上のことはありません。

Thank you for your prompt reply. 
「素早いご返信をありがとうございます」

Thank you for contacting us. 
「お問い合わせをありがとうございます」

Thank you so much for the other day. 
「先日はありがとうございました」

Thank you for your consideration.
「ご配慮をありがとうございます」

Thank you very much for your kind help. 
「親身にご協力いただきありがとうございます」

Thank you for your understanding and cooperation. 
「ご理解とご協力に感謝します」

Thank you for your continued support. 
「いつもありがとうございます」

この3つのフレーズは「どうぞよろしくお願いします」と言いたい時にも使えるフレーズです。

I can never thank you enough. 
「お礼のしようもありません」

Thank you from the bottom of my heart. 
「心から感謝しております」

この2つのフレーズは短いですが、とても強い感謝の気持ちを表したい時に使います。あまり頻発せずに、ここぞという時にさらっと使うとスマートです。

取引先に「ありがとう」を伝える表現:直接会った時

メールではなく直接会ってのやり取りする場合はチャンスです。相手が時間を使ってくれていることにまず感謝の意を伝えることで、その日のミーティングのすべり出しを友好的なものに出来ます。

Thank you so much for coming all the way to our company today.
「今日はわざわざ弊社までお越しくださって本当にありがとうございます」

Thank you for giving your valuable time for us, we know you are very busy.
「お忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございます」

Thank you very much for your positive feedback. 
「前向きなご意見をいただきありがとうございます」

ミーティングの後など、提案に色よい意見をもらった時に言いたい言葉です。

英語で「ありがとう」:改まった席での表現(祝いの席、会議・ミーティング、式典などで)

祝いの席や式典、大規模な会議など、人が多く集まる場所でスピーチやプレゼンテーションをする時に高まる緊張感。そんな時には、聴いてくれる人たちや司会者に「ありがとう」を伝えて場の雰囲気を緩めることでリラックスしましょう。

始まりの言葉で場の雰囲気をつかむ「ありがとう」

Thank you Mr. Sasaki, for your kind introduction. 
「佐々木さん、ご紹介ありがとうございます」

I’d like to give my thanks to Mr. Sasaki for his kind words of introduction.
「佐々木さんのご親切な紹介のお言葉に感謝いたします」

Thank you for taking the time to attend this ceremony today in your busy schedule.
「皆さま、お忙しい中、この式典にご参加くださりありがとうございます」

スピーチで自分を助けてくれた人に「ありがとう」

My heartiest thanks to each one of you for your unparallel contributions.
「君たちの類を見ないほどの貢献に、心からひとりひとりにありがとうを伝えたい」

My special thanks to my team, thank you all for sticking together when the company needed it the most.
「心からのありがとうを私の部下たちに。会社が一番必要としている時に一緒になってがんばってくれて、本当にありがとう」

最後を感謝の言葉で締めくくる英語表現

Thank you for your attention. 
「ありがとうございました」

That's all about it. Thank you for your attention. 
「私からは以上です。ご清聴ありがとうございました」

I’d like to give my heartiest thanks to you all here today.
「今日、ここに来てくださったすべての皆さまに心から感謝します」

Thank youを使わない英語で「ありがとう」の伝え方

日本語と同じように英語にも同義語・同意語はいろいろとあり、同じ意味でも時と場合によって選ぶ単語や熟語が変わります。ネイティブではない私たちにはなかなかハードルが高い点ではありますが、同時に、適切な言い回しで表現できるニュアンスの深さにはワクワクするものです。

ここでは、「Thank you」以外の言い方で「ありがとう」を伝える、ニュアンスに満ちた表現をご紹介します。

ありがとう以外でカジュアルに相手を褒める言葉表現

英語で「あなたは素敵!」と伝える表現

You're the best! / You’re my angel! / How lovely you are! 
「きみって最高!」

You’re too kind! 
「あなたは優しすぎます!」

How kind of you. / It’s very kind of you. 
「あなたはなんて優しいの」

You’ve been very helpful. 
「助かりました」

私を嬉しい気持ちにしてくれて「ありがとう」

I owe you one. / I owe you a lot. 
「仮が出来たね!(必ずお礼をするからね)」

I’m so glad to hear that. 
「そう言ってくれてありがとう」

I’m so happy if you like it. 
「気に入ってくれてありがとう」

何かプレゼントや食べ物などをあげて、相手が気に入って「ありがとう」を言ってくれた時に返す「ありがとう」です。

It means a lot to me, you know. 
「それは僕にはとても意味あることだよ。ありがとう」

何気ない小さな親切でも、自分にとっては本当に嬉しいことだった時。こんな風に感謝の気持ちを伝えましょう。

言い方に気をつけて適切に伝える「ありがとう」

Cheers. 「ありがとう」
イギリスで使われるとてもカジュアルな「ありがとう」です。目上の人やまだそれほど親しくない人には言ってはいけません。また、アメリカでは「乾杯」の意味でしか使われないので、アメリカ人にも言わない方がいいです。もしイギリス人に笑顔でこの言葉を言われたら、相手はあなたに近しさと親しみを感じているということです。

Hat tip to my mom! 
「お母さんに感謝!」

Shout-out to my sister. 
「お姉ちゃんに感謝」

「Hat tip」「Shout-out」は共に「感謝」を表すスラングです。お母さんやお姉さんのように親しい家族であれば問題ありませんが、相手との親しさの度合いによって使うかどうかを決める必要があります。

You shouldn’t have. 
「ここまでしてくれなくて十分なのに」
このフレーズは、言い方に注意しましょう。思いがけないプレゼントや相手の大きな好意などを受け取った時に、嬉しすぎる位の気持ちを表す感謝の言葉ですが、「やりすぎです。こんなことしないで欲しかった」と受け取られないように、喜びを満面にたたえて言ってください。

英語で「ありがとう」:上司や取引先への感謝を表現

少し改まった単語にはそれ自体に品格があり、うまく使うことで感謝の思いや言う人自身にも品格を与えてくれます。

「appreciate」は感謝を表す優秀な単語

ビジネスシーンや目上の人に対する言葉でよく使われるのが「appreciate」です。動詞としても名詞としても使うことが出来て、かしこまりすぎないのに品が良い優秀な言葉です。

I appreciate it. / I really appreciate it. 
「感謝します」「心から感謝します」

I appreciate everyone.
「皆さまに感謝します」

I appreciate your kindness. 
「あなたのご親切に感謝します」

We appreciate your understanding. 
「ご理解ありがとうございます」

I would appreciate it if you would reply as soon as possible.
「できるだけ早くご返信いただけると幸いです」

Please let me express my appreciation. 
「お礼を言わせてください」

There are no words to express my appreciation. 
「言葉に表せないほど感謝しています」
「appreciate」を名詞形で使った言い回しです。

It would be much appreciated if you could send me an estimate as soon as possible.
「見積書を早急にお送りいただけると幸いです」

「appreciate」を受け身にし、「would」「could」の仮定法を使って、最大限に丁寧に伝える「ありがとうございます」です。相手にとって負担になりそうなことがらに使うと良いでしょう。

「obliged」「blessed」「indebted」など受け身形の単語で表す丁寧な「ありがとう」

I am much obliged. 
「感謝いたします」

Much obliged. / Greatly obliged. 
「本当にありがとうございます」

I am so blessed to be here. 
「ここにいられて、とてもありがたいです」

I am indebted to you for this. 
「今回のことは恩に着ます」

「indebted」は一義では「負債がある」という意味です。先にご紹介した「owe」と同じように、相手にしてもらったことで恩義を感じる、お返しをしたいというニュアンスがあります。

「感謝」や「喜び」幸せな気持ちを表す単語を使って英語で「ありがとう」

「happy」や「glad」よりも少し改まった単語を使うことで、幸せな気持ちを伝えながら丁寧に「ありがとう」を伝える表現です。

I am grateful for your support. 
「あなたのサポートに感謝します」

Please accept my deepest gratitude. 
「心から感謝します」

It was really my pleasure to meet you today. 
「今日はお会いできてとても嬉しかったです。」

Please allow me to somehow show my gratitude next time.
「次回、何かしらかお礼をさせてください」

感謝の思いを示させてください、で「お礼をさせてください」という意味になります。

I am so grateful for everything you've done. 
「あなたがしてくれた何もかもに感謝します」

I'm thankful that you put so much efforts into that. 
「あなたがこのこと(仕事)で大変な努力をしてくれたことに感謝します」


オンライン英会話で話す練習をしてみよう

新しく学んだ英会話の知識は、実際に英会話で使わないといつまでも使える知識にはなりません。話せるようになるには、話す練習をしましょう!

英会話を上達させたい人におすすめなのが、オンライン英会話です。低価格でかつ質の高いレッスンで、学んだ知識をいつでもレッスンで使い練習することができるのでおすすめです。

おすすめオンライン英会話

ネイティブキャンプ

9ad81447 b7f0 4fc6 8a6f cf8be20b9d92
総合ランキング
2位
おすすめ度
★★★★★
コスパNo.1のオンライン英会話
レッスン時間 24時間 レッスン内容 日常英会話
講師の国籍 アメリカ・フィリピンなど 無料体験レッスン 7日間

DMM英会話

Cb063ec5 50a4 42be 8bf7 2333c4a60752
総合ランキング
1位
おすすめ度
★★★★★
サービス満足度No.1のオンライン英会話
レッスン時間 24時間 レッスン内容 日常英会話
講師 英語ネイティブ、フィリピン人 学習サポート 英単語アプリiKnow!利用無料

おわりに:プロが選ぶ英会話おすすめ教材

いかがでしたか?「ありがとう」を伝える表現をあれこれご紹介してきましたが、そんなフレーズが集まっているのを見るだけで何だか心が柔らかくなって来るような気がします。それほど感謝を表す言葉というものは温かいパワーを持っています。

嬉しい思いを伝えたいのは世界共通。たとえうまく言えなくても、「ありがとう」を伝えたい場面に出会ったらすぐさま相手に伝えましょう。それが何より大切なことではないでしょうか。今回ご紹介したフレーズが皆さんの日常の中で笑顔を生む場面に少しでもお役に立てたら、こんなに嬉しいことはありません。

この記事を書かせていただいて私も気持ちが丸くなりました。心からありがとうございました。

Thank you for sharing your valuable time with me!

また、こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できるオンライン英会話をおすすめしています。オンライン英会話についてもっと知りたい方は、こちらのオンライン英会話・勉強法ガイドをご覧ください。

英会話教室に通って短期間に圧倒的な学習量で一気に勉強したい方はこちらの記事をご覧ください。

プロがおすすめする英会話教材ベスト3
E99ee74b f819 43b6 b964 fcc80e4ad95d
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔定額でレッスン受け放題
✔カランメソッドで短期上達
✔圧倒的コスパNo.1
8263a192 d942 420e 9e85 a60f104a6820
DMM英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔世界104カ国の講師が在籍!
✔7000以上の教材が利用可能!
✔24時間365日レッスン受講可能
8c994c26 5c02 49c9 abff 0d78b87302cd
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★☆
✔2分から始める英会話レッスン
✔ドラマ形式で楽しく学習
✔英語レベル診断あり
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー