英語で曜日を表現する英単語と発音まとめ

  • 英会話
  • 勉強法

英語で曜日を表現することは今では珍しいことではありません。例えば、カレンダーやスマートフォンなどでも、よく曜日の英単語を目にするのではないでしょうか。一見簡単に見える曜日の英単語ですが、中にはスペリングが難しいものや、発音が難しいものもあります。この記事では曜日の英単語について詳しく説明していきます。

英語で曜日を表現する英単語と発音まとめ


月曜日:Monday

月曜日は「Monday」、音節は「Mon・day」で発音は「マンディ」「mˈʌndèɪ」となります。省略表記は「Mon.」「Mo.」のどちらかになります。省略して表記する場合は最後にピリオド「.」をつけます。月曜日の由来は「Moon day」の月の日という意味から来ていて、ローマ神話に登場する月の神様のルナからきています。

火曜日:Tuesday

火曜日は「Tuesday」、音節は「Tues・day」で発音は「チューズデイ」、アメリカ英語で「t(j)úːzdèɪ」、イギリス英語で「tjúːzːzdèɪ」となります。省略表記は「Tue.」「Tu.」のどちらかになります。火曜日の由来は「Tyr(チュール)」という北欧神話の軍人の名前から来ています。チュールというのは、北欧神話の神であるオーディンの3番目の息子であり、自身の右手を犠牲に神々の国を救ったという勇気ある英雄と言い伝えられています。「Tuesday」の「es」はチュートン語では所属を表し、そのことから「Tuesday」は「チュールの日」となりました。

水曜日:Wednesday

水曜日は「Wednesday」、音節は「Wednes・day」となります。スぺリングが少し難しいですね。発音は「ウェンズディ」、アメリカ英語で「wénzdèɪ」、イギリス英語で「wɛdənzdeɪ」となります。省略表記は「Wed.」「We.」のいずれかになります。水曜日の由来は北欧神話の主神のオーディン「Odin」から来ています。「Odin」というスペリングが「Woden」に変化し、所属を表す「es」が加えられ「Wednesday」となりました。

木曜日:Thursday

木曜日は「Thursday」、音節は「Thurs・day」となります。発音は「サーズディ」、アメリカ英語で「θˈɚːzdèɪ」、イギリス英語で「θˈəːzdèɪ」となります。「θ」の発音が日本人にとってはかなり難しいかと思います。省略表記は「Thu.」「Th.」のどちらかで表します。木曜日の由来は北欧神話の神トール「Thor」から来ています。トールは怪力の神・農耕神・雷神として知られています。また巨人から神々の国を守ったという言い伝えもあります。

金曜日:Friday

金曜日は「Friday」、音節は「Fri・day」となります。発音は「フライディ」、「frάɪdèɪ」となります。省略表記は「Fri.」「Fr.」のどちらかになります。金曜日の由来は北欧神話の女神、フレイヤ「Freija」から来ています。フレイヤは愛と美しさと豊穣の女神でした。フレイヤの夫が行方不明になった際に、フレイヤが流した涙は地中に流れ金へと変わったという言い伝えがあります。

土曜日:Saturday

土曜日は「Saturday」、音節は「Sat・ur・day」となります。発音は「サタディ」、アメリカ英語で「sˈæṭɚdèɪ」、イギリス英語で「sætədeɪ」となります。省略表記は「Sat.」「Sa.」のどちらかになります。土曜日の由来はローマの神話の農耕神であるサトゥルヌス「Saturnus」から来ています。サトゥルヌスの英語での名前はサターン「Saturn」で、土星の守護神です。

日曜日:Sunday

日曜日は「Sunday」、音節は「Sun・day」となります。発音は「サンディ」、「sˈʌndèɪ」となります。省略表記は「Sun.」「Su.」のいずれかになります。日曜日の由来はそのまま太陽の日として「Sun day」から来ています。


英語での「曜日」の表現方法と気をつけるポイントまとめ

【原則】英語の曜日にaやtheなどの冠詞はつかない

基本的に曜日に冠詞(「a」、「the」)はつきません。曜日は不可算名詞(数えられないもの)として扱われます。また、曜日の前に来る前置詞は"on"ですので、"on Monday"などとなります。書くときには気をつけましょう。

英語で曜日を表現するときに気をつけるポイント

そもそも、「曜日」という単語自体は英語でどのように表せば良いのでしょうか?日にちは「Date」、週は「Week」、月は「Month」、年は「Year」というのは馴染みがありますが、「曜日」はどう表すかは知らない人が多いのかもしれません。「曜日」は「day of the week」または「day」で表します。例えば、今日は何曜日か聞きたいときには、

  • What day of the week is it today?
  • What day is it today?

この両方が使えます。2文目の方が使われる頻度は高いです。答え方は、

  • It’s Monday.

となります。

また、「○日は何曜日ですか?」ということを聞きたいときには、

  • Which day of the week is the ○ (1st,2nd) ?

となります。ちなみに、今日が何日(日にち)かを聞きたいときには、

  • What’s the date?

となります。紛らわしいので、覚えるまで注意が必要ですね。

「平日」と「週末」の表し方

英語で平日は「Weekday」、週末は「Weekend」と表します。例えば、月曜日から金曜日までの平日毎日どこかに行くと表したい場合は、

  • I go to < 場所 > on weekdays.

となります。ここで「weekend」ではなく、月曜日から金曜日までの5日間ということで、「weekends」と最後に「s」を付けることを忘れないでください。

英語で「〜曜日以外は」など頻度の表し方

基本的に曜日の前に来る前置詞は「on」となります。他にも毎週○曜日、と決まったことを表したいときは曜日の前に「every」をつけます。また、○曜日以外と表したいときは曜日の前に「except」をつけます。例えば、

  • I go to the gym on Monday.(私は月曜日ジムに行きます。)
  • I go to the gym every Monday.(私は毎週月曜日にジムに行きます。)
  • I go to the gym except Monday.(私は月曜日以外はジムに行きます。)

となります。前置詞を変えるだけで簡単に意味を変えられるので、覚えてしまえばとても便利ですね。

曜日を時制のキーワードにする場合

例えば、「金曜日までに仕事を終わらせなければいけません」や「月曜日から授業を受けます」などと、曜日と時制が絡む場面はたくさんあります。ここでは例をあげながらいくつか紹介していきます。

  • by ~までに
    例:I have to finish my homework by Friday.(私は宿題を金曜日までに終わらせなければなりません。)
  • from ~から
    例:I will take the class from Monday.(私は月曜日から授業を受ける予定です。)
  • after  ~以降に
    例:Let me know the detail after Monday.(詳細は月曜日以降に教えてください。)
  • next  来週の
    例:I’m going to go to the gym next Saturday.
    (私は来週の土曜日ジムに行く予定です。)
  • last  先週の
    例:I quit part-time job last Monday.(私は先週の月曜日にアルバイトを辞めました。)

このように曜日の前に何を持ってくるかによって、色々な時を表すことができます。

曜日を含む日付の書き方

日本語で曜日を含む日付を書く時は「2018年12月1日土曜日」というような順番で大きい範囲から小さい範囲に向けて書きますね。

例えば、英語のウェブサイトでクレジットカードの有効期限を入力する際や、海外のホテルを予約した日にちを見た際にお気づきの方もいるかもしれませんが、日本語での日付の表し方と英語での日付の表し方は違います。そして、英語での日付の表し方にはアメリカ式とイギリス式の2種類があります。これから「2018年12月1日土曜日」を例に挙げて確認していきましょう。

アメリカ式

  • Saturday, December 1, 2018(曜日→月→日にち→年)
  • 12/1/2018(月→日にち→年)

イギリス式

  • Saturday, 1st December 2018(曜日→日にち→月→年)
  • 1/12/2018(日にち→月→年)

このように順番が異なります。特にスラッシュ(/)を使って記載された日付を見たときは、アメリカ式とイギリス式で月と日にちの順番が間逆になるので気をつけなければいけませんね。曜日はアメリカ式でもイギリス式でも、一番初めに持ってきます。


オンライン英会話で話す練習をしてみよう

新しく学んだ英会話の知識は、実際に英会話で使わないといつまでも使える知識にはなりません。話せるようになるには、話す練習をしましょう!

英会話を上達させたい人におすすめなのが、オンライン英会話です。低価格でかつ質の高いレッスンで、学んだ知識をいつでもレッスンで使い練習することができるのでおすすめです。

おすすめオンライン英会話

ネイティブキャンプ

9ad81447 b7f0 4fc6 8a6f cf8be20b9d92
総合ランキング
2位
おすすめ度
★★★★★
コスパNo.1のオンライン英会話
レッスン時間 24時間 レッスン内容 日常英会話
講師の国籍 アメリカ・フィリピンなど 無料体験レッスン 7日間

DMM英会話

Cb063ec5 50a4 42be 8bf7 2333c4a60752
総合ランキング
1位
おすすめ度
★★★★★
サービス満足度No.1のオンライン英会話
レッスン時間 24時間 レッスン内容 日常英会話
講師 英語ネイティブ、フィリピン人 学習サポート 英単語アプリiKnow!利用無料

おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

ここまで英語での曜日を表現する英単語や発音、曜日に関連した英語のフレーズや文などについて触れてきました。英語で曜日を表現する英単語は、カレンダーや普段の生活の中で馴染みがありますが、スペリングや発音が難しいものも含まれているので注意が必要です。また、「曜日」という単語の英単語は知らない人が多かったかもしれませんね。ぜひポイントを押さえて、「曜日」に関する英語をマスターしましょう!

こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

プロがおすすめする英会話教材ベスト3
E99ee74b f819 43b6 b964 fcc80e4ad95d
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔定額でレッスン受け放題
✔カランメソッドで短期上達
✔圧倒的コスパNo.1
8263a192 d942 420e 9e85 a60f104a6820
DMM英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔世界104カ国の講師が在籍!
✔7000以上の教材が利用可能!
✔24時間365日レッスン受講可能
8c994c26 5c02 49c9 abff 0d78b87302cd
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★☆
✔2分から始める英会話レッスン
✔ドラマ形式で楽しく学習
✔英語レベル診断あり
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー