聞き流しリスニングができる英語アプリまとめ

  • 英語学習アプリ
  • アプリ

英語力を向上させるのには、リスニング力を上げることが必須ですよね。

「リスニングをしたいけど、普段忙しくてじっくり音声を聴くのが難しい。」
「通勤や通学で聞き流しできるリスニングアプリがほしい。」

このような方も多くいると思います。この記事では聞き流しリスニングができる英語アプリと効果のある聞き流し学習法も一緒に解説します!

聞き流しリスニングができる英語アプリまとめ


聞き流しリスニングができる英語アプリを以下の通りまとめました。

BBC News


国際的な時事ニュースを瞬時に聴くことができます。ニュースはジャンル別に分けられているので、自分の興味に沿ったテーマの記事を選択することができます。

リーディングで内容を把握したうえで動画のリスニングに挑戦することも可能です。ネイティヴの英語に触れたいという方におすすめです。

TED


毎年大規模な世界的講演会を開催している非営利団体のプレゼンテーションがお手軽に動画で視聴できます。テーマは非常に幅広く、学問、エンターテイメント、デザインなどから選択することができます。

英語でのプレゼンテーションの構成や話し方も学ぶことができます。また、英語字幕がついているのもリスニングには非常にありがたいですね。

VOA Learning English


話すスピードが英語学習者向けなので、初心者から利用できるリスニングアプリです。アメリカン英語で話されています。

こちらも非常にテーマが豊富で、様々なジャンルの語彙力、時事ニュースに詳しくなります。英語字幕はついていないのですが、ゆっくりと分かりやすく話してくれるため、初心者でも続けやすいアプリです。

VoiceTube


台湾発の英語学習アプリで、2016年に日本でも使用できるようになりました。このアプリのポイントは、YouTubeにアップされている世界中の英語動画を教材として学習できる点です。

アプリ内では学習レベルが3段階に分かれているため、自分に合ったレベルでの学習がとてもしやすいです。YouTubeにアップされているということもあり、教材の親しみやすさはダントツです。楽しく続けられるというユーザーの声が非常に多いです。

NHK World TV


NHKの番組を英語で視聴して英語力をアップできるアプリです。日本の時事問題や伝統に関して、英語の言い回しがわかるようになり、日本のことを英語で説明する練習に最適です。

自身の文化に関することなので内容も理解しやすく英語に集中しやすいため、初心者にもおすすめです。

POLYGLOTS(ポリグロッツ)


世界の豊富なトピックから自由に選択してリスニングができるアプリです。このアプリの強みは、分からない単語をワンタッチで調べられるところです。

語彙力アップに最適のアプリです。ネイティヴが読み上げるナレーションは、スピード調整ができるため自分のレベルに合わせてリスニングの学習ができます。

よみあげ絵本


日本の名作絵本を英語で読み聞かせしてくれるアプリです。日英を選択できるので、お子さまの絵本読み聞かせにもぴったりです。

また、日本人になじみのあるストーリーなので、英語に慣れていなくても話がスッと入ってくるため、英語初心者にもおすすめです。すべての話がダウンロード可能なので、オンラインにつながっていなくても何度でも視聴が可能なのもありがたいですね。

NHKゴガク 語学講座


NHKの語学講座を無料で視聴できるアプリです。このアプリでは英語以外にも中国語、韓国語、フランス語などの語学番組の視聴が可能ですので、英語以外の学習者でも使えます。

アプリ内には英単語テストもついていて、正解率が表示されるため学習の達成感を味わうことができます。


効果がある聞き流しリスニングの方法は?

実は聞き流しリスニングはやり方によって効果が出ることと出ないことがあります。まずは効果が得られる聞き流しリスニングの方法をご紹介します。

「言語を使わない活動」と並行して聞き流しリスニングする

「言語を使わない活動」とは、「家事」「運転」「歩く」「走る」など文字を使わない作業のことです。

家事をしながら、運転をしながら、ウォーキングをしながらなどに聞き流しリスニングをすることをおすすめします。

逆に、「読む」「書く」などの活動と並行して聞き流しリスニングをしていても、脳はどちらかの作業にしか集中できないため効率が悪くなります。

語彙、文法などを十分理解する。

リスニングをする上で、単語や文法が頭に入っていることが重要です。多少知らない単語が出てきても、文脈でそれを補うことができるようになるからです。

リスニングをしてみて、「何を言っているのか全く分からない」と感じた方は、語彙や文法が十分頭に入っていない可能性が高いです。

聞き流しリスニングをする前に単語や文法の学習をしてみるのもおすすめです。

聞き流し以外にも時間をとって勉強している

英語をただ単にBGMとして聞き流すだけではなかなかリスニング力は上がらないでしょう。

聞き取れなかった部分があったら、もう一度聞き直す、ゆっくり聞いてみる、スクリプトがあるなら見ながら聞いてみるなどして反復して聞くことをおすすめします。

どうして聞き取れなかったのか、原因を分析して弱点を強化していくことが大切です。

英語レベル別の聞き流し勉強法

英語レベルによって効果のある勉強法は違います。英語レベルに応じた聞き流しリスニング方法をご紹介します。

初心者レベルの英語聞き流しリスニング勉強法

英語にほとんど触れたことがない方で聞き流しリスニングに挑戦する方は、子供向け教材で聞き流しリスニングすることをおすすめします。

単語も易しいものが使われていますので、英語が入ってきやすいでしょう。

初心者~中級者レベルの英語聞き流しリスニング勉強法

初心者~中級者レベルの方はニュースやドラマではなく学習用の教材メインで学習することをおすすめします。単語レベルはそんなに高くなく、英語を話すスピードも学習者に合わせてゆっくりです。その教材をできるだけ繰り返し何度も何度も聞くことで、リズムとパターンを体に覚えさせることが大切です。

上級者レベルの英語聞き流しリスニング勉強法

上級者の方は、新しい教材をたくさん聞き流しすることをおすすめします。はじめて聞く英語を一発で意味が取れるように練習するためです。

NHK英語ニュースや海外ドラマなど、様々な英語に触れてリスニング力にさらに磨きをかけましょう。


聞き流しリスニングアプリの選び方

リスニングアプリは非常に種類が多く、どれを選んだらよいか迷いますよね。聞き流しリスニングアプリの選び方をご紹介します。

自分のレベルに合ったアプリを使う

自分のリスニングレベルに合った英語アプリを使うことが大切です。簡単すぎても難しすぎてもリスニング力は上がりませんし、学習のモチベーションも下がってしまいますよね。難易度に沿ったアプリを選ぶようにしましょう。

自分の興味のあるテーマを取り扱っているアプリを使う。

リスニングアプリでは様々なテーマを取り扱っています。童話を読み上げるものから時事問題まで多種多様です。

内容が自分の興味があるテーマだと、何度も聞き直そうと思いますよね。モチべーション維持のためにも興味があるテーマで学習することは重要です。

速度調整や字幕、リピート再生などの機能もチェック

リスニングをしていると、「フレーズが聞き取れなかったのでもう一度話してほしい」「早すぎるからもう少し遅く話してほしい」などと思うこともありますよね。

アプリを選ぶ際に、スピーキングの速度が調整できる、リピートができる、字幕がついているなどをチェックするのも大切なポイントです。正しいやり方で英語を聞き流しすれば、その効果はぐんと上がります。ぜひ参考にしてみてください!


おわりに:プロが選ぶ英語学習おすすめ教材

この記事では聞き流しリスニングができる英語アプリをご紹介しました。それぞれの聞き流しリスニングアプリに特徴がありますので、色々試して自分に合ったアプリを探してみてください!

また、こちらの記事では英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をしたい方へおすすめの記事

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できる英語学習アプリとオンライン英会話をおすすめしています。こちらの詳細はこちらの記事からご覧ください。

英会話教室に通って短期間で英語を上達させたい方は、こちらの記事をご覧ください。

TOEICの勉強をしたい方へおすすめの記事

TOEIC対策を本格的にしたい方にはリスニング・リーディングの講義動画、練習問題2,000問が利用できるスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをおすすめしています。詳細はこちらからご覧ください。

プロがおすすめする英語教材
232f8d92 025c 49d2 b17b 0a4ca568f547
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
275dc8ca b23b 4299 beb1 d60892ec4ad9
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔TOEIC対策コースあり
✔サービス満足度No.1
✔最高品質の教材カリキュラム
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー