おすすめ英語リスニングアプリをプロが厳選【2018年最新版】

  • 英語学習アプリ
  • アプリ

英語力に伸び悩んでいるのなら、リスニング力を伸ばす学習が効果的です。

時間があれば語学留学や英会話スクールに通うのも一つの手ですが、社会人ともなるとなかなかそうもいかないのが現状ではないでしょうか。そこで今日はレベル別のリスニングアプリの紹介と、おすすめの勉強法を紹介していきます。継続は力なり。早朝、通勤、お昼休みなど毎日の隙間時間にリスニングアプリを活用して、楽しみながら学習していきましょう。

おすすめ英語リスニングアプリをプロが厳選【2018年最新版】


初級者向けおすすめリスニングアプリ:Duolingo(デュオリンゴ)


リスニング初級レベルの場合、まずネイティブが発音する英語の音に慣れることが大切です。

このレベルでは以下の特徴がみられます。

  • 英語を聞くと緊張してしまう
  • まだ英語を文章として聞き取れない

その要因として、「単語はたくさん知っているが実際の英語の音に慣れていない」「英語の文法構造を理解していない」「ネイティブの話すスピードに付いていけない」等が挙げられます。そこでおすすめなのがこちら。

世界で1億2000万人のユーザーを誇る現在大人気の英語学習アプリです。

そのメリットは短い短文からリスニングできること。初級者には最適な勉強法と言えます。まだ英語を始めたばかりのうちは長文やスピーチを聞くことに時間を掛けるよりも、短文をいくつも覚えてそれを繋げていくようにする方が会話の場面では重宝しますのでDuolingoは大変おすすめです。

さらにマイクに自分の発音を吹き込むと、適切な発音かをチェックしてくれる機能が付いている優れもの。まだ自分の発音に自信がなくてもこっそり練習できてしまいます。Duolingoを使用して、まずは英語の苦手意識を払拭しましょう。

Duolingoのおすすめ勉強法

まずは一日10分程度でも構わないので毎日英語を聞くための習慣を身に付けることが上達への第一歩です。まだ海外ドラマや映画を英語で理解しようとせず、基本のフレーズを着実に覚えてくことが大切でしょう。


中級者向けおすすめリスニングアプリ:NHK WORLD TV


毎日継続する習慣が身に付けば、英語がもっと身近になりネイティブの発音に対する抵抗感もなくなります。そしてカタカナ英語の発音に違和感を抱くようになってくれば学習の成果が現れている証拠です。耳がある程度慣れてきたら、次は会話ができるように準備をしていきましょう。

中級レベルの学習者の方にみられる特徴は以下の通りです。

  • ネイティブの発音に抵抗はなくなってきているが会話となるとスムーズに続かない
  • 言いたいことが言えずもどかしい場面がよくある

引き続き練習が必要ですが、少しレベルの高い練習に切り替えることをおすすめします。そこでご紹介したいアプリがこちら。

英語学習者にとってこのアプリは良いこと尽くしとなっています。

まず一つのまとまったニュースやトピックを英語でリスニングすることができます。また内容は日本のニュースや文化など日本にまつわるものが数多く揃っており、例えば朝テレビで見たニュースと同じ内容を英語で視聴することができます。話題の背景が既に分かっていれば内容の理解も深まります。

また、時事問題も把握できるため社会人には最適なアプリと言えるでしょう。実際に英語で会話をする場面では、自分自身や時事問題、また日本の文化について説明することが増えてくると思います。

NHK WORLD TVはそんなときに使える単語やフレーズそして知識が豊富に詰まっているアプリなのです。それを無料で視聴できるというのでこのチャンスを活かさない手はありません。

また、多言語に対応していますので英語以外の言語を勉強している方にも大変おすすめです。始めてすぐは流れる英語を聞く度に焦りを感じるかもしれません。しかし新しい単語を調べながら繰り返し聞いてみてください。短期間集中してこのアプリで勉強すれば、語彙は勿論リスニング力が格段と向上するはずです。

NHK WORLD TVのおすすめ勉強法

たくさんの記事を読むというよりは一つの記事に時間を掛けて読み込むことが重要です。反復し分からない文法や単語をなくしていく方がリスニング強化にも繋がっていきます。始めはスピードよりも学習の質にこだわる方がリスニング力UPに繋がります。継続すれば例え取り組んだ記事数が少なくても記憶には着実に蓄積していきます。


上級者向けおすすめリスニングアプリ:TED


上級者は基本的なリスニング力は既にありますが、ネイティブが話している英語がなぜか聞き取れないと感じることが多いのではないでしょうか。その原因はおそらくネイティブの使用する英語、つまりスラングや言葉の短縮形等の音に慣れていないことが考えられます。

そこでより専門性に特化した勉強ができ、なおかつネイティブの英語が聞けるおすすめのアプリがこちらです。

知的好奇心の強い方はTEDの無料動画アプリを使う学習法があります。TEDとはアメリカニューヨークに本社を構える会社で、毎年カナダのバンクーバーでグローバルな講演会を開催しています。このアプリはそのTEDカンファレンスのプレゼンテーションを視聴することができるという優れものです。

アプリでは英語の字幕付きで見ることができるため、書き取りながら聞く「ディクテーション」という方法で英語力を向上させていくのには最適です。

また日本語字幕にも対応しているため困ったときは日本語を使用して理解を深めるのももちろん効果的です。学術、エンターテイメント、デザインと様々な分野の人物がプレゼンテーションを行っているので、自分の興味のある分野や気になったプレゼンターを是非チェックしてみてください。楽しみながら本場の英語を身に付けていけるでしょう。また訛りの強い英語を話す人も多いため、よりグローバルな場面での英語に触れることが出来るのもおすすめです。

TEDのおすすめ勉強法

単語一語一語を完璧に調べるというよりは、まず全体で何が主題になっているのか、プレゼンターのメッセージは何なのか、という全体像を把握する取り組み方が良いでしょう。その名愛頭の中で日本語に翻訳せずなるべく英語のまま考えていくことが大切です。これができればリスニング力はもちろん、会話をする際にも大いに役立ちますので、ぜひ実践してみてください。


TOEICリスニング対策のおすすめアプリ:TOEIC ENGLISH UPGRADER


リスニング学習の中でも特にTOEIC受験を控えている方に最適なのがこのアプリです。日本のTOEICテストを運営している「一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC」が作成しているアプリで、TOEICに出る二者間の会話やプレゼンテーションなどの模擬問題が数多く揃っています。

アプリなので通勤電車の中でもしっかり試験対策ができますし、アプリとして持ち運べるのでテスト前に耳を慣らしておきたい場合にも適しています。

またオフライン時やバックグラウンドとして再生可能なので忙しい朝にもしっかり勉強ができると評判です。

TOEICアプリを探しているなら、記事により詳細にまとまっていますのでご覧ください!

海外ニュースでリスニングができるアプリ:BBC News


イギリス英語でグローバルなニュースを読めるのがこちら、NHKのアプリで英語に慣れてきたら是非ダウンロードして頂きたいのがこちらのアプリです。BBCはイギリスのニュース番組で、アメリカ英語に慣れている日本人にとっては始め難しく感じるかもしれませんが、世界中の時事ニュースを読みながら同時にリスニングの練習もできるのでおすすめしたいアプリです。

アメリカ訛りの英語に慣れてきたら是非世界にも目を向けてさまざまな英語の発音を聞き取れるようになっていきましょう。また世界事情を知ることで英語力のみならず思考や視野が広がっていきます。島国にいる私たちだからこそなかなか世界の常識や情勢に疎くなってしまうのも事実です。ますます広がるグローバルの波に乗り遅れないよう、BBCアプリで国際間隔を養っていきましょう。


おわりに:プロが選ぶ英会話おすすめ教材

少し前までは語学学習というと少しハードルが高いと感じていたかもしれませんが、現在はアプリをダウンロードするだけで気軽に勉強できる時代になりました。また費用を掛けず隙間時間で取り組めるのが最大のメリットではないでしょうか。アプリを使って楽しみながら学習していけるような毎日になることを願っています!

また、こちらの記事では、英語学習が効果的にできる英語のプロが厳選したおすすめアプリをまとめています。英会話の勉強をされる方におすすめです。

英会話の勉強をするためにEnglish Hackerでは低価格でハイクオリティなレッスンが受講できるオンライン英会話をおすすめしています。オンライン英会話についてもっと知りたい方は、こちらのオンライン英会話・勉強法ガイドをご覧ください。

プロがおすすめする英語教材
232f8d92 025c 49d2 b17b 0a4ca568f547
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
275dc8ca b23b 4299 beb1 d60892ec4ad9
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔TOEIC対策コースあり
✔サービス満足度No.1
✔最高品質の教材カリキュラム
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー