TOEICリーディング対策アプリ比較ランキング

  • TOEIC対策
  • TOEIC勉強法

TOEICテストの配点方式は、リスニング495点、リーディング495点の合計990点でスコアが決まります中でもリーディング・文法セッションは後半100問を80分以内に解かなければなりません。

最初にTOEICを受ける時は前半・リスニングの部分で体力を全て消耗しきってしまい、後半のリーディングに関しては集中力が切れて散々な結果になる、という人がかなり多いです。

この時間配分・リーディングパートを「いかに効率よく解けるか」が意外とTOEICテストの明暗を分けるところです。つまり、リーディングに自信があれば前半のリスニングに全力が注げます。

ということで、本記事ではそのTOEICの「鬼門」とも言えるリーディング対策に最良なアプリを徹底解説していきます!

TOEICリーディング対策アプリ比較ランキング

TOEICリーディング対策アプリ1位:スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース

TOEIC® L&R TEST対策コース ベーシックプラン

895f15a8 215f 4239 8612 06b0128c6b54
総合ランキング
1位
おすすめ度
★★★★★
TOEICのプロ講師から動画授業&練習問題が使い放題の神教材
料金 2,480円〜 コンテンツ 動画授業200本以上
練習問題 約2,000問 無料体験期間 7日間

TOEICを受験する人に共通しておすすめしたいのが、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースです。

スタディサプリENGLISHは月額2980円からTOEIC対策の動画授業が受け放題になるアプリです。TOEIC対策を独学でやるときに陥りがちなポイントがわかるだけでなく、問題集としてもかなり豊富に練習問題が掲載されているので、どのスコアの人でもスマホから利用できる問題集としても利用できます。

【スタディサプリENGLISHのおすすめポイント】

  1. TOEICプロ講師の動画授業で全パートを勉強できる
  2. TOEIC問題集が毎月追加される
  3. ディクテーション機能
  4. シャドーイング機能
  5. リスニング音声の再生速度調整
  6. 勉強時間が自動的にグラフ表示される
  7. 三日坊主にならないパーソナルコーチプランあり

TOEIC高得点を目指す場合に欠かせないディクテーションやシャドーイングなどの練習ができる機能もあり、TOEIC対策アプリとしての完成度は圧倒的ナンバーワンです。まず7日間の無料体験から利用してみてください!


TOEICリーディング対策アプリ2位:Polygrots (ポリグロッツ)


  • 料金:無料
  • 対応:IOS/Android 

こちらも「ニュースを英語で読めるアプリ」ということでリーディング・長文問題対策に最適な良質アプリです。リーディング向上にはとにかく「読むこと」です。

しかし、長文やニュースを読んでいても「この単語の意味がわからない」ということよくありませんか?一つ単語の意味が分からなければ、その文章全体の意味もイマイチ掴めない、結局長文を英語で読んでみても面白くない、こんな経験英語学習者なら誰しもがあるはずです。

Polygrotsならなんと記事を読んでいる途中にわからない単語があればワンタップで単語の意味を教えてくれます。また記事の中で調べた単語は自動的に履歴に入るので後からいくらでも復習が可能なんです。

ということで、こちらのアプリではリーディング対策だけでなくボキャブラリーも鍛えることが出来ます。

TOEICリーディング対策アプリ5位:ニュースで英語


  • 料金:無料
  • 対応:IOSのみ

こちらのアプリはその名の通り「ニュースで英語を読める」アプリでして、中級者向けの英語学習アプリです。日本人に馴染みの深い国内のニュースや日本に関係のある国際ニュースが幅広く英語で読むことが出来ます。

音声機能は付いていないので、リスニング向上には不向きとなっていますが、リーディングをがっつり鍛えたい人にはかなりオススメです。

TOEICリーディング対策アプリ3位:TOEICテスト文法640問


  • 料金:360円
  • 対応:IOS/Andoroid 

こちらはTOEICテストパート5の「短文穴埋め問題」を640問ぶんを解ける文法に特化したアプリです。

パート5の短文穴埋め問題は「TOEICで最も点数が取りやすい」とも言われています。逆にここでつまずいてしまうか、時間を節約するかで、その後のリーディング・長文問題にかなり影響してきます。

こちらの短文穴埋め問題に特化したアプリはなかなかなく、640問も解けるアプリはこれ以外ないと言っても間違いないでしょう。とりあえず、腕試しに640問解いてみてはどうでしょうか。

360円とジュース3本ほどでダウンロード出来てしまう点もコスパは最高だと言えます。


TOEICリーディング対策アプリ4位:ざっくり英語ニュース!StudyNow


  • 料金:無料
  • 対応:IOS/Android

こちらも「英語でニュースが読めるアプリ」としてこのへんのアプリでは最も人気のTOEIC対策アプリの一つとして名高いです。

こちらのアプリ、英語でニュース記事を読めるだけでなく、全ての記事にイギリス・アメリカ・カナダ・オーストラリア、それぞれのネイティブによる朗読機能を備えているためリスニング対策にもなります。

それぞれの発声方法・アクセントの違いを掴むことによりリスニングはかなり向上されます。それだけでなく、「ニュースは長すぎて集中力が...」という方向けに段落ごとに記事が分かれているので、1段落だけでニュース記事を飛ばし読みすることも可能です。

無料ということもあり、TOEICリーディング対策ではこの上ない良質アプリなので筆者強くおすすめしています。


TOEICリーディングは最大の鬼門

TOEIC受験者の中で、「最後時間無かった」、「最後まで問題解けなかったよ」という方はかなり多いかと思います。

というのも、最初のペースを間違えてしまったり、長文読解で時間を食ってしまった場合はほとんどの人が最後の問題までたどり着けません。

そういった意味で普段から長文に慣らしておいたり、ボキャブラリーの向上を図っておくのはかなり重要ですね。

また前半部分のリスニングパートで、「これからリーディングかぁ」と思いながらやるのと、「後半のリーディングは大丈夫だ」と思いながらやるのとでは、かなりの差がでます。

したがって、リーディングの自信を付けるということは、同時にリスニング向上の一歩でもあります。しっかり準備と対策をして本番に臨んでください!

おわりに:TOEIC対策のためのおすすめ参考記事

以上、いかがだったでしょうか?TOEICでハイスコアを取るためには、良い教材と正しい勉強法を継続することが何より大切です。

TOEICの効果的な勉強法が分からない、TOEICについてもっと情報がほしい方はこちらの記事をご覧ください。TOEIC990点満点のEnglish Hacker編集長がまとめた解説記事を無料で読むことができます。

プロがおすすめするTOEIC教材
6424906c cf56 4720 b04b e524b5ddcd13
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
41140c5c 2c43 4cdc aa5d 33d5fe10c85c
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★☆
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
8451f298 fb93 4669 920a 1b4bd751eaf3
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔最高品質の教材カリキュラム
✔日本語サポートあり
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー