mayはmightの過去形じゃない?違いと使い方を例文とともに解説!

エリカ
エリカ

『may』『might』の違いって何か知ってる?

なんかあんまり考えずに使ってたかも・・・。

オット
オット
エリカ
エリカ

ちょっとした違いだけど、知っておくだけで全然変わるから一緒に勉強しよ!

『may』の過去形が『might』?文章で使うときは何が違うの?と細かい意味をしっかりと覚えていない人が多いのがこの二つです。

この2つには可能性と許可という意味があります。

会話にもよく出てくるフレーズが多いのでぜひしっかり覚えていってくださいね!

この記事を書いてる人
ロズ
エリカ

ブロガー兼フリーランスの翻訳家。英検1級、TOEIC965点(2021年10月受験)。
高校時代にカンザス州ウィチタへ1年間留学後、アメリカのカリフォルニア州立大学ロングビーチ校へ留学。

英検とTOEICスコア。顔と名字は隠してます!
オット

エリカの夫。英語があまり出来ない。英検3級、TOEIC400点台。

人並みの英語力が欲しくて、Kimini英会話とネイティブキャンプで英会話の勉強中。目標は英語で打倒妻!

目次

might と mayの意味:可能性

単純にmightはmayの過去形と覚えてそこで終わってしまっている場合が多くあります。

まずは、『可能性』を表す『may』『might』の意味を紹介します。

mightの意味

何かが起きる確率が低い・仮説に基づいた状況

『might』は起きる確率が20%程度です。

mayの意味

何かが起きるであろうこと

『may』は起きる確率が50%程度です。

起きるかもしれないし起きないかもしれないけれど、可能性は半々ということです。

might と mayの違いと例文

might

『might』を使う場合は、起こる確率が低いものを指します。

つまり行く確率が低い、何かを得る確率が低いなどと言うときに使います。

例文

We might win the lottery.(宝くじが当たるかもしれない)

You might make it on time.(時間に間に合うかもしれない):間に合う可能性は低い

I might buy this bag.(このかばんを買うかもしれない):買わない可能性のほうが高いけれど買うかもしれない

may

『may』を使う場合は、十中八九起きるであろうことを意味します。

つまりどこかに行くだろう・何かを貰うだろうなど起きる確率が高いものに使います。

例文

You may get a bag after graduation.(卒業したらバッグをもらえるかもしれない):プレゼントする予定がある

I may go on a camping during the summer vacation.(夏休みの間にキャンプに行くかもしれない):計画してある

We may have mac and cheese for lunch.(私達はランチにマカロニアンドチーズを食べるかもしれない)

mightとmayの意味:許可

入れ替えて使うことが出来る?

許可を得る時に使う場合、『might』と『may』は入れ替えても使うことが出来ます。

同じ意味として交換して使うことが出来ますが、『may』を使った方がより丁寧に聞こえます。

may mightを使った許可の例文

例文

May I use the restroom?(お手洗いを使ってもいいでしょうか?)

May I have more dessert?(もっとデザートを頂いても良いでしょうか?)

Might I read that when you are done?(あなたが終わったらわたしも読んでもいいでしょうか?)

アメリカではMight~はほとんど使われず、非常にフォーマルな場でのみ使われる英語となっています。

否定形にすると意味が変わる

『may』『might』を使って否定文を作る場合、二つの意味が少し変わってきます。

『may not』とすると、『許可が無い』と言う意味になります。

例文

①He may not go skiing.(彼はスキーにいってはならない)

②Erika may not speak now.(エリカは今話してはいけません)

③I may not go to store.(私は店に行ってはいけない)

『might not』とすると、『可能性があまりない』という意味になります。

例文

①He might not go skiing.(彼はスキーに行かないかもしれない)

②Erika might not speak now.(エリカは今話さないかもしれない)

③I might not go to store.(私は店に行かないかもしれない)

おわりに

『may』の過去形は『might』である、という覚え方をしてしまうと正しい使い方を覚える障害になってしまいます。

エリカ
エリカ

実際の文章の全体の意味を理解しながら覚えることで、正しい文章の流れや使い方も覚えることが出来るんですよね。

国や地域よってもニュアンスや使う頻度も変わってくるので、実際に英会話レッスンなどを通して実際に『may』『might』はどのように使われるのか聞いてみるのもいいと思います。

安価な英会話スクールやネイティブスピーカーが講師の英会話教室など自分にあった英会話スクールで継続して学ぶのが重要なので下記の記事を是非参考にしてみてください!

最近はアプリでも簡単に英会話の練習ができたりもするから便利だよね

オット
オット

エリカがおすすめする英語学習教材

英会話が24時間無制限で受けられる『ネイティブキャンプ』や、TOEIC対策をアプリ一つで学習ができる『スタディサプリENGLISH』は安価で、気軽に学習を始められるので特におすすめです!

エリカ
エリカ

どちらも無料体験は1週間あるので、是非一度試して自分に合っているか確かめて見てください。

ネイティブキャンプ

エリカ
エリカ

ネイティブキャンプは24時間レッスン受け放題のオンライン英会話教室です。

ネイティブキャンプがおすすめの理由

・スマホがあればレッスン受講可能

・24時間予約なしでもレッスンを受けられる

・教材が豊富

・毎月AIがチェックするスピーキングテスト有り

・ネイティブや日本人講師も在籍

・TOEIC対策も可能

ネイティブキャンプを受講してとてもいいなと思ったのは、レッスン回数が無制限なので今日は時間があるから2回レッスンを受けようなどとアウトプット時間を気軽に増やせることです。

パソコンがない人でもイヤフォンマイクを用意すれば、気軽にレッスンを受けられます。

エリカ
エリカ

現在初月95%オフキャンペーンを行っているので、ぜひお得なときに始めてみて下さい!

スタサプ TOEIC対策コース

エリカ
エリカ

こちらはCMでも有名なスタサプがTOEIC対策に向けて作った専門コースです。

2022年2月14日17時59分までお年玉キャンペーンでお得だよ!

オット
オット
スタサプTOEIC対策コースがおすすめの理由

・TOEICのコツや学習方法をつかめる授業が1回約5分で見られる

・スマホ一つでリスニング、リーディング、問題演習を学べる

・英会話を学べる日常英会話コースが無料で付いてくる

・シャドーイングやディクテーションなどリスニング強化も可能

・英文法や語彙力など基礎を鍛えられる

・TOEIC20回分の実践問題で学べる

TOEICのパートごとの攻略方法や、普通の参考書にはないようなわかりやすい関先生の授業動画が魅力です。

スコアを確実にとるための学習が出来るので、TOEICスコアを早く延ばしたい人におすすめです。

オンライン英会話レアジョブ:無料体験2回+初月1円キャンペーン

『レアジョブ』は学習相談ができる日本人スタッフがいながら、トレーニングを受けたフィリピン人講師からレッスンを受けられる日本人のための英語学習に合わせてつくられたオンライ英会話教室です。

受講可能時間午前6時~23時30分
カリキュラム・コース中高生・ビジネス・日常英会話・スマートメソッドなど
教材4000以上の無料教材
講師国籍フィリピン
料金月額4,620円月8回レッスン・月額6,380円~1日1回レッスン
レアジョブ

無料会員登録を行うと2回無料レッスンを受けることが可能。

さらに初月1円キャンペーンにより、リーズナブルな料金でオンライン英会話をスタート出来ます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる