プロが選ぶTOEIC対策おすすめ教材ランキング【2018年最新版】

  • TOEIC対策
  • TOEIC勉強法

世の中にはTOEICの問題集や参考書といった教材が数多く存在します。TOEICがこれだけよく人に知られている証拠でもありますが、これほどの数があると初心者の方はもちろん、ある程度TOEICを知っている方ですら悩んでしまうことと思います。

この記事ではそのような方々に向けて、どのように教材を選ぶべきか、筆者がランキングにまとめましたので、参考にしていただけると幸いです。

プロが選ぶTOEIC対策おすすめ教材ランキング:リスニング部門


TOEICは7つのパートで構成されています。それぞれのパートごとに問題に特色があるので、対策を行うときはパート別に教材を用意するのも1つの手段として有効です。

この記事では主にリスニングパートであるパート1〜4、リーディングパートである5〜7に分けて対策教材をご紹介します。

TOEICリスニング教材ランキング1位:TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)
加藤 優 野村 知也 小林 美和 Bradley Towle
ジャパンタイムズ (2017-02-25)
売り上げランキング: 723

リスニングパートの対策教材として、おそらく多くの人の助けとなるであろう教材がこの「TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング」です。

こちらはTOEIC本番と同じ形式でまとまった問題が計5回分掲載されている問題集です。TOEICの公式問題集も同様に模試のように利用することができるのですが、あえて「TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング」をご紹介するのには以下のような理由があります

  • 模試5回分とボリュームが多い(TOEIC公式問題集は2回分)
  • 解説が充実している

まずこの問題集の大きな魅力がそのボリュームです。全5回分、計500問にも登る問題は圧倒的で、価格は税別1,900円とボリュームの割にはお手頃なのも嬉しいところです。

また、解説もとても充実しており、TOEIC990点ホルダーの先生方が書かれているので信頼もできます。

初めてTOEIC対策を行う方にとっては少し難しく感じることもあるかも知れませんが、今後の事を考えて早めに買ってとりあえず1周してみても良いと思います。

TOEICリスニング教材ランキング2位:公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4 

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4
Educational Testing
国際ビジネスコミュニケーション協会
売り上げランキング: 31

2番目に紹介するのがTOEIC公式が出版している問題集です。先ほど第1位のところでご紹介したように、こちらの問題集は模試2回分とボリュームや解説の厚みといった点で「TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング」に若干劣るものの、やはり公式が出しているという安心感ではこちらが勝ります。

TOEICリスニング教材ランキング3位:TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング

3位にはTOEICの対策教材として有名な特急シリーズから新形式になったリスニング対策教材がランクイン。新しい形式では話者が3人登場したりするなど変更点がいくつかありましたが、この教材ではそれらに対応した上でパート1〜4の対策を行なっています。

リスニング問題にどのように対処していったら良いか、などに対するアドバイスも掲載されていますので、初心者の方でも安心して手に取れるかと思います。


プロが選ぶTOEIC対策おすすめ教材ランキング:リーディング部門

TOEICリーディング教材ランキング1位:TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング
加藤 優 野村 知也 Paul McConnell
ジャパンタイムズ (2017-02-25)
売り上げランキング: 457

リーディングでも「TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング」を1位にさせていただきたいと思います。理由はリスニングと一緒でボリュームが多い・解説の充実度を考慮してこちらを1位としてオススメしたいと思います。

TOEICリーディング教材ランキング2位:TOEICテスト 究極のゼミ Part 7

【新形式問題対応】TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7
ヒロ 前田
アルク (2017-05-30)
売り上げランキング: 2,783

2位には新形式に対応した究極のゼミシリーズPart7対策の教材です。新形式となったパート7では、3つの長文を読んで設問に答える「トリプルパッセージ」問題が新たに導入されました。

本書でそういった新形式の問題も含めて、「ピンポイント型」や「文脈型」など8種の設問タイプによって見出しが分類されています。

「シングルパッセージ対策」や「トリプルパッセージ対策」などといった問題の形式ではなく、設問のタイプによって構成されているのがわかりやすくなっています。これからTOEICを受けようとしている方は、ここで設問の種類を知ることができますし、経験者の方は改めて設問タイプを知ることで対策がしやすくなるかと思います。


TOEICリーディング教材ランキング3位:TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6

TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6 (TOEIC TEST 特急シリーズ)
加藤 優
朝日新聞出版
売り上げランキング: 2,065

こちらは900点を目標にした方向けということで、中級者以上の受験生が対象になります。先ほどの究極のゼミはパート7対策、こちらの900点特急はパート5と6対策として、別に取り上げさせていただきました。
こちらの教材も解説が充実している点が特徴的で、パート5・6の設問は一問一問はとても短いのですが、その一問あたりの解説がかなり詰まっています。正答の理由だけでなく誤答がなぜ間違いなのかについても詳しく説明されています。


プロがおすすめするTOEIC教材:スタディサプリENGLISH

TOEIC® L&R TEST対策コース ベーシックプラン

895f15a8 215f 4239 8612 06b0128c6b54
総合ランキング
1位
おすすめ度
★★★★★
TOEICのプロ講師から動画授業&練習問題が使い放題の神教材
料金 2,480円〜 コンテンツ 動画授業200本以上
練習問題 約2,000問 無料体験期間 7日間

TOEICを受験する人に共通しておすすめしたいのが、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースです。

スタディサプリENGLISHは月額2980円からTOEIC対策の動画授業が受け放題になるアプリです。TOEIC対策を独学でやるときに陥りがちなポイントがわかるだけでなく、問題集としてもかなり豊富に練習問題が掲載されているので、どのスコアの人でもスマホから利用できる問題集としても利用できます。

【スタディサプリENGLISHのおすすめポイント】
  1. TOEICプロ講師の動画授業で全パートを勉強できる
  2. TOEIC問題集が毎月追加される
  3. ディクテーション機能
  4. シャドーイング機能
  5. リスニング音声の再生速度調整
  6. 勉強時間が自動的にグラフ表示される
  7. 三日坊主にならないパーソナルコーチプランあり

TOEIC高得点を目指す場合に欠かせないディクテーションやシャドーイングなどの練習ができる機能もあり、TOEIC対策アプリとしての完成度は圧倒的ナンバーワンです。まず7日間の無料体験から利用してみてください!


おわりに:TOEIC対策のためのおすすめ参考記事

以上、いかがだったでしょうか?いかがでしたでしょうか。数ある教材からご自分に合ったものを見つけるのは難しいかもしれませんが、こちらで紹介したことが少しでも参考になったら幸いです。

TOEICでハイスコアを取るためには、良い教材と正しい勉強法を継続することが何より大切です。TOEICの効果的な勉強法が分からない、TOEICについてもっと情報がほしい方はこちらの記事をご覧ください。TOEIC990点満点のEnglish Hacker編集長がまとめた解説記事を無料で読むことができます。

プロがおすすめするTOEIC教材
6424906c cf56 4720 b04b e524b5ddcd13
スタディサプリENGLISH
おすすめ度:★★★★★
✔動画授業で全パート対策可能
✔練習問題は2,000以上掲載
✔1日約82円!月額2,480円〜
41140c5c 2c43 4cdc aa5d 33d5fe10c85c
ネイティブキャンプ
おすすめ度:★★★★☆
✔TOEIC対策コースあり
✔リスニング問題を集中対策
✔毎日レッスン受講可能
8451f298 fb93 4669 920a 1b4bd751eaf3
レアジョブ英会話
おすすめ度:★★★★★
✔TOEIC対策コースあり
✔最高品質の教材カリキュラム
✔日本語サポートあり
この記事が気に入ったらシェアしよう
英語学習に役立つ情報を購読!
英語の相談を受付中!編集長をフォロー