【小中高校】学校の科目と教科の英語版一覧表【永久保存版】

にゃんまる

そう言えば、アメリカにも学校ってあるの?

エリカ

なんておバカな質問かしら。かわいいけど

エリカ

う、うん。もちろん、あるよ。

にゃんまる

そっかー。アメリカ行けば学校行かなくていいと思ったのになぁ。

エリカ

学校どころか、いつも家で寝てるような気が

学校で習う教科や科目を英語でなんと言うのか今日はまとめてみました。

小学校から大学までカバーしているので、きっと知りたい教科の英語がわかると思います。

この記事を書いてる人
ロズ
エリカ

ブロガー兼フリーランスの翻訳家。英検1級、TOEIC965点(2021年10月受験)。
高校時代にカンザス州ウィチタへ1年間留学後、アメリカのカリフォルニア州立大学ロングビーチ校へ留学。

英検とTOEICスコア。顔と名字は隠してます!
オット

エリカの夫。英語があまり出来ない。英検3級、TOEIC400点台。

人並みの英語力が欲しくて、Kimini英会話とネイティブキャンプで英会話の勉強中。目標は英語で打倒妻!

目次

さまざまな教科の英語表記

小学校・中学校・高校・大学と様々な教科、科目があります。学習指導要領に乗っている教科を英語でどのように表現すればいいのかを表にしました。

より細かい科目の英語表現はもう少し下にまとめています。

エリカ

追加になった教科は赤文字で書いてあります!

教科の英語表記:小学校編

こちらは小学校で習う教科の英語表現です。

外国語活動は、英語を通して海外の生活や文化にも触れる授業なので、『English』ではなく『Foreign Language Activities』と表現します。

国語の英語表記

国語は、その国の公用語です。そのまま訳すと『national language』となります。

しかし日本では日本語を学ぶ授業なので英語で表すと、『Japanese』となります。アメリカの場合には、国語は『English』です。

にゃんまる

国語=Japaneseということじゃなくて、その国で習う言葉(第一言語)ってことなんだね

社会科の英語表記

社会は、『social studies』で教科としての社会科という意味です。『social』は人間の社会や社会に関するという意味があります。『study』は動詞の勉強するではなく、ここでは名詞の研究という意味になります。

算数の英語表記

算数は、『mathematics』または省略して『math』です。日本語では数学と約されていることが多いです。

小学校1年生から6年生の算数の教科の中には計算や幾何学の科目が含まれます。それぞれ名称がありますが、それらをまとめて呼ぶ時は『math』です。

ネコ美

たくさんある算数・数学の科目は下にまとめてあるよ

理科の英語表記

理科は、英語で『science』と言います。『science』は物理や生物の広いジャンルを研究している分野で小学校では広く一般的な部分を学びます。

理科の授業には、生物学(biology)や地学(geology)など様々な科目が含まれます。

生活

生活の授業は英語で『environmental studies』、自分と社会や自然との関わり方や活動を学ぶ小学校低学年向けの授業です。生き物や、家族や学校の先生・友人との関わりなどを学びます。

音楽の英語表記

音楽の授業は『music』です。歌を歌ったり、音楽を聞いたり、基本的な楽器を演奏します。

図画工作の英語表記

図画工作は、『arts and crafts』です。絵を描くだけでなく、色んな素材で工作を行ったり、物を作ります。

省略して『AAC』と書く場合もあります。

家庭の英語表記

家庭科は『home economics』といいます。家政学という意味です。

体育の英語表記

体育は『physical education』で省略すると『P.E.』となります。

道徳の英語表記

道徳の授業は『moral education』です。

外国語活動の英語表記

『foreign language activities』は外国語活動の英語表記です。外国語活動は英語を聞く、話すという言語活動を通して、コミュニケーションをとる能力を育てる授業です。

外国語の言葉や文化に対する理解などを深める意味もあるので、『English』や特定の言語を示していません。

総合学習の英語表記

総合学習は『general studies』と表します。総合的学習の時間で、子どもたちが自ら学び、考える力を育むことを狙いとしています。

『Integrated studies』とする場合もあります。

特別活動の英語表記

『extracurricular』と表記しています。学習指導要領では『special activities』とされています。

学級活動、生徒会、学校行事、クラブ活動などさまざまな活動を総称していいます。『extracurricular』は通常のカリキュラムに入っていないもので、学校と関係はあるものの成績を付けられないもののことです。

教科の英語表記:中学校編

中学になると、英語の授業が増えます。日本語では算数から数学に変わりますが、『Math』の表記は変わりません。細かい科目の英語表現が下にあるので、ぜひそちらを見てください。

教科の英語表記:高校編

高校では社会科が3つに別れます。そこからも細かい科目に分かれます。世界史、日本史、倫理、政治経済などの英語表現は下にまとめてあります。

特別活動は英語で『Special Curriculum』ではない?

英語で『Special Curriculum』というと日本の授業で言う特別活動ではなく、障害者の児童生徒に向けた授業のことになります。

特進クラスは『Advanced class』で、『Special Class』は障害を持つ児童生徒用のクラスを指します。

『Special Activities』と訳すことも出来ます。

主な大学の学部の英語表記

アメリカでは~学部は『college of~』で表す場合が多いです。大学の学科は『deparment of~』で表されて、多くの場合学科を専攻『major』と呼びます。第二専攻は『minor』と呼びます。

科目ごとの英語表記

大まかな分類の教科も科目毎に細かく別れています。それぞれの教科ごとに科目の英語表現を見ていきましょう。

国語の科目を表す英語表記

国語は国の言葉で、日本では日本語のことを指します。なので授業名は『Japanese』です。

『classical Japanese language』、『Kobun』『Japanese classics』は古文を表します。英語の授業でClassicsだと古典的で有名な作品を読むことになります。

ネコ美

古文がパッと見て読めるものではないことを考えると、一番最初の表記が意味としては近いわね

『classical Chinese writing』『Sino-Japanese writing』『Kanbun』は漢文という意味です。

エリカ

Sino-Japaneseは中国と日本の間のという意味です。漢文は中国語ではないので、このような表し方も可能です。

書道の英語表記

『Japanese calligraphy(ジャパニーズ・カリグラフィー)』で書道という意味です。『calligraphy』は美しく書かれた手書き文字のことを指します。

算数・数学の科目を表す英語表記

『Math(Mathmatics)』はとても広い意味での算数、数学という意味です。その中でも単元によってクラスが別れている国もあります。日本では算数という1つの授業になっています。

算術、幾何学

『arithmetric(アリスメトリック)』足し算、引き算、掛け算、割り算の算術
『geometry(ジオメトリー)』幾何学。円や三角の面積や円周などの求め方を習う
中学校、高校に進むと、数学の授業の内容も増えていきます。

そろばんは英語で、『abacus(アバクス)』といいます。

エリカ

中高生になると更に科目が増えて大変ね

代数、微分積分、統計

『algebra(アルジブラ)』代数学という意味で、中学校で習う「3x+5y=14」などの方程式を解く科目です。

『calculus(カルキュラス)』微分積分、いわゆる数Ⅱ、数Ⅲで習う科目です。
『statistics(スタティスティックス)』統計学、いわゆる数Bで習う科目です。

社会の科目を表す英語表現

地理

地理は『geography(ジオグラフィー)』と言います。世界の地理と地図を知って、歴史の背景や、現在の問題などと合わせて学ぶ授業です。

世界史と日本史

歴史は選択制で、世界史か日本史を選べる高校が多いと思います。
『world history』は世界史、『Japanese history』は日本史という意味です。

現代社会、倫理、政治経済

公民は『civics』という教科ですが、その中には3つの科目が含まれています。

にゃんまる

公民の授業も3つに別れてるんだね・・・。

『contemporary world(コンテンポラリー・ワールド)』:現代社会 – 現在の日本だけでなく世界の状況や時事問題にも触れる授業です。
『ethics(エスィックス)』:倫理
『politics and economics(ポリティクス アンド イコノミックス』:政治経済

ネコ美

『道徳(moral)』と『倫理(ethics)』って何が違うの?

『道徳(moral)』と『倫理(ethics)』の違い

道徳と倫理の違い

道徳:人間がそれに従って行為すべき正当な原理(道)と、その原理に従って行為できるように育成された人間の習慣(徳)を教えるもの。主に人、個人に使われる。

倫理:倫理は個人ではなく社会の中にある規律を守ることを主に置いている。倫理的な行動をするのは社会がこの行動が正しいとしているから、という考え方。

これらの微妙な違いにより、道徳的には正しくても倫理的には誤っているということもあり得ます。

例えば、野良猫にエサをあげるのは道徳的には正しいかもしれませんが、行政の条約違反かもしれませんので倫理的には誤り、となる可能性もあります。

このように道徳と倫理には微妙な違いがあります。

エリカ

道徳は自分の中にあるものだけれど、倫理は社会とつながっているんですね。

にゃんまる

説明を聞いてもよく分からないなぁ。道徳は個人的なもので倫理は個人だけじゃなくて社会的なものって感じでいい??

エリカ

すごい大雑把ね。でも猫で言えば、そんな感じかも。

にゃんまる

猫をバカにして気がするぞ。

理科の科目英語表現

『science』は科学という意味で、生物、科学、物理などの科目を全て含みます。

『biology』は生物学という意味です。生き物の生態、系統などを主に学びます。
chemistry』は化学という意味です。物質について学びます。
『physics』は物理学という意味です。物体と運動、エネルギーの利用などを学ぶ学問です。
『geology』は地学という意味です。地球や宇宙の構造について学びます。

保健体育の科目英語表現

保健体育の科目も実は様々なものがあります。

『gymnastics』器械運動:マット、鉄棒、平均台、跳び箱などの運動です。
『swimming』水泳
『ball sports』球技:ボールを使うスポーツです。
『track and field』陸上競技
『martial arts』武道:学校では柔道(Judo)か剣道(Kendo)を学びます。
『dance』ダンス

英語で教科名を書く時は小文字?大文字?

小文字から始めるか、大文字から始めるかはいくつかのルールがあります。

①英語、中国語など固有名詞は大文字から書きます。
例)English, Chinese

②書類に書く時は大文字
この記事の中でも表などは大文字から始まっています。

おわりに

国によって教科や科目は変わる

国によって学習指導要領はずいぶん違います。

日本である道徳の授業というのは、海外にはあまりありません。全員が同じ背景を持つ前提なので、外国人の少ない日本では当たり前にある授業ですが、海外ではなかなか難しいですよね。

科目や教科の分け方も違ったり、選択できる授業が多かったり、学校のシステムはその国の文化や成り立ちを表すものでもあります。

外国でも分かりやすい教科の英語表現

今回は日本の科目や教科の英語表現をご紹介しました。

指導要領の英語訳がありますが、それとは少し違う部分もあります。

海外との文化を照らし合わせて、出来るだけ使った時に相手にスムーズに伝わるような英語表記にしました。

エリカがおすすめする英語学習教材

英会話が24時間無制限で受けられる『ネイティブキャンプ』や、TOEIC対策をアプリ一つで学習ができる『スタディサプリENGLISH』は安価で、気軽に学習を始められるので特におすすめです!

エリカ
エリカ

どちらも無料体験は1週間あるので、是非一度試して自分に合っているか確かめて見てください。

ネイティブキャンプ

エリカ
エリカ

ネイティブキャンプは24時間レッスン受け放題のオンライン英会話教室です。

ネイティブキャンプがおすすめの理由

・スマホがあればレッスン受講可能

・24時間予約なしでもレッスンを受けられる

・教材が豊富

・毎月AIがチェックするスピーキングテスト有り

・ネイティブや日本人講師も在籍

・TOEIC対策も可能

ネイティブキャンプを受講してとてもいいなと思ったのは、レッスン回数が無制限なので今日は時間があるから2回レッスンを受けようなどとアウトプット時間を気軽に増やせることです。

パソコンがない人でもイヤフォンマイクを用意すれば、気軽にレッスンを受けられます。

エリカ
エリカ

現在初月95%オフキャンペーンを行っているので、ぜひお得なときに始めてみて下さい!

スタサプ TOEIC対策コース

エリカ
エリカ

こちらはCMでも有名なスタサプがTOEIC対策に向けて作った専門コースです。

2022年2月14日17時59分までお年玉キャンペーンでお得だよ!

オット
オット
スタサプTOEIC対策コースがおすすめの理由

・TOEICのコツや学習方法をつかめる授業が1回約5分で見られる

・スマホ一つでリスニング、リーディング、問題演習を学べる

・英会話を学べる日常英会話コースが無料で付いてくる

・シャドーイングやディクテーションなどリスニング強化も可能

・英文法や語彙力など基礎を鍛えられる

・TOEIC20回分の実践問題で学べる

TOEICのパートごとの攻略方法や、普通の参考書にはないようなわかりやすい関先生の授業動画が魅力です。

スコアを確実にとるための学習が出来るので、TOEICスコアを早く延ばしたい人におすすめです。

オンライン英会話レアジョブ:無料体験2回+初月1円キャンペーン

『レアジョブ』は学習相談ができる日本人スタッフがいながら、トレーニングを受けたフィリピン人講師からレッスンを受けられる日本人のための英語学習に合わせてつくられたオンライ英会話教室です。

受講可能時間午前6時~23時30分
カリキュラム・コース中高生・ビジネス・日常英会話・スマートメソッドなど
教材4000以上の無料教材
講師国籍フィリピン
料金月額4,620円月8回レッスン・月額6,380円~1日1回レッスン
レアジョブ

無料会員登録を行うと2回無料レッスンを受けることが可能。

さらに初月1円キャンペーンにより、リーズナブルな料金でオンライン英会話をスタート出来ます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる