ミスしても満点を取れる!?TOEICスコアの配点の仕組みをプロが解説

  • TOEIC対策
  • TOEIC全般

TOEICの配点は、私たちが今まで散々受けてきた試験とは少々違うのをご存知でしょうか?そのため全て正解ではなくても満点を取れる場合があります。

「なんかよくわからないけどラッキー!」という感じですが、なぜそうなるのかを知れば、今後のTOEIC受験にもきっと役立つでしょう。

今回はTOEICの配点の仕組みについて詳しくお伝えします!

TOEIC全体のスコア配点について


TOEICはリスニング100問+リーディング100問の合計200問から構成されます。最低スコアが10点、最高スコアが990点です。

単純に考えれば1問5点×200問=1000点満点となりそうなものですが、TOEICの満点は990点です。それに最低スコアが10点ということは、全問不正解でも10点はもらえるという疑問が生じますよね。

これはTOEICの採点が素点ではなく換算点によって決まるからです。

TOEICの採点はどのように行われるのか?

TOEICの採点は、正解数から算出した素点に、さまざまな統計処理の結果が加わります。どうりで結果が出るまでに時間がかかるわけですね。

独自の採点法『アイテムアナリシス』

まずは採点前にランダムに抽出した解答を、さらに採点後には全員の解答を分析して、問題のクオリティや信頼性を検証します。具体的にどのような方法で行っているのかは公表されていませんが、例えば極端に難易度が高く正解率が低い問題は、採点除外問題となります。

実は、毎回このような問題がいくつかあります。つまり、このような問題を間違えてもマイナスにはならないので、他の問題がパーフェクトなら満点になるということです。

独自の採点法2『イクエイティング』

こちらはスコアの同一化を図るための統計方法です。TOEICの問題内容は毎回異なります。それによって難易度に差が出ないように、毎回のテストに過去の問題の一部が織り込まれています。その解答状況によって調節をすることで、実力が同じであれば毎回同じくらいのスコアになるようになっています。

TOEICが毎回問題を回収するのは、このシステムのためと言えます。

なぜ素点ではなく統計に基づいた方法で採点するの?

なぜそんなに面倒な採点方法なのか?それは公平性を保つためです。

学校のテストや受験問題でも「〇〇先生の問題の方が難しい!」「去年の方が簡単だった…」など、公平性に欠けていると感じたことありませんか?

TOEICは受験生がそのような思いをしないように、同じ人が何回TOEICを受けても、誤差は50点ほどに収まるようになっていて、常に実力に見合った点数が取れるような仕組みになっているわけです。

例えば問題が比較的簡単であった回は全問正解でも満点の人がいない、逆に問題が比較的難しかった回は、同じ正解数でも若干スコアが高めに出されるようになります。

TOEICスコアの発想は偏差値に近い

学生の頃に偏差値で志望校を決めるという経験をしたことがある方はピンとくるでしょうが、偏差値とは個人の学力だけではなく周りと比べてどうなのか?で決まります。

例えば100点満点のテストで70点を取った場合、一般的には可もなく不可もなくという点数ですが、平均点によって偏差値が変わります。平均点が30点だとしたら、かなりの高得点なので、偏差値も高くなります。しかし平均点が70点の場合は、特に優れているわけでもなく偏差値も平均値になります。

同じようにTOEICのスコアも相対的な数値になるので、自分の実力に応じたスコアがでるというわけです。

スコア換算表を目安にする

ETSから出版されているTOEICの公式問題集には「スコアレンジ換算表」が収録されています。そもそもスコアにレンジ(範囲)があること自体になんだか違和感がありますが、これがミスをしても満点を取れるからくりです。

スコアレンジには以下のように記載されています。

リスニングセクション  

素点(スコア)レンジ 換算点レンジ
96‐100問
475‐495点
91‐95問
435‐495点


リーディングセクション

素点(スコア)レンジ 換算点レンジ
96‐100問
460‐495点
91‐95問
425‐490点

※公式TOEIC Listening & Reading 問題集3より

リスニング、リーディング共に、100問中96問正解でも満点を取れる可能性があり、リスニングに関しては91‐95問正解でも満点のチャンスがあることがわかります。


TOEICはリスニングの方が満点を取りやすい!

換算表を見ると、同じ素点でもリスニングの方が換算点数は高くなっています。これは採点過程において、リスニング問題の方が様々な要素に影響されやすいことに対する配慮と思われます。

同じ正解数でもリスニングの方が高得点をマークできるので、リスニング対策に力を入れるのもスコアアップにつながると言えますね。

平均点もリスニングの方が高い傾向あり

ちなみに平均点は、ほぼ毎回リスニングの方50点ほど高いです。リスニングが苦手だという人が多い割に、平均点でリーディングを50点以上も上回っているのは、やはり配点の仕組みが関係していると考えられますね。

例)第232回 平均スコア
・リスニング:322.5点
・リーディング:253.6点

参考:http://www.iibc-global.org/toeic/official_data/lr/data_avelist/232.html#anchor01

プロがおすすめするTOEIC教材

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース


スタディサプリENGLISHは月額2980円からTOEIC対策の動画授業が受け放題になるアプリです。TOEIC対策を独学でやるときに陥りがちなポイントがわかるだけでなく、問題集としてもかなり豊富に練習問題が掲載されているので、900点を目指す場合でもスマホから利用できる問題集としても利用できます。

900点以上を目指す場合に欠かせないディクテーションやシャドーイングなどの練習ができる機能もあり、TOEIC対策アプリとしての完成度は圧倒的ナンバーワンです。まず7日間の無料体験から利用してみてください。

【スタディサプリENGLISHのおすすめポイント】

  1. TOEICプロ講師の動画授業で全パートを勉強できる
  2. TOEIC問題集が毎月追加される
  3. ディクテーション機能
  4. シャドーイング機能
  5. リスニング音声の再生速度調整
  6. 勉強時間が自動的にグラフ表示される
  7. 三日坊主にならないパーソナルコーチプランあり

ベーシックコースもパーソナルコーチングコースどちらも、最初の7日は無料期間で全コンテンツが無料で利用できるのでぜひ試してみてください!

    おわりに:TOEIC対策のための参考記事

    ご紹介したように、TOEICは独自の統計方法に基づいて、素点ではなく換算点で採点を行う仕組みになっているので、ミスをしても満点を取れることがあります。と言うとなんだか夢のある話のように聞こえますが…ただの運ではなくあくまでも満点の実力があるのが前提なので、対策はしっかりと行いましょう!

    また、TOEICの効果的な勉強法が分からない、TOEICについてもっと情報がほしい方はこちらの記事をご覧ください。TOEIC990点満点のEnglish Hacker編集長がまとめた解説記事を無料で読むことができます。

    プロがおすすめするTOEIC教材
    6424906c cf56 4720 b04b e524b5ddcd13
    スタディサプリENGLISH
    おすすめ度:★★★★★
    ✔動画授業で全パート対策可能
    ✔練習問題は2,000以上掲載
    ✔1日約82円!月額2,480円〜
    41140c5c 2c43 4cdc aa5d 33d5fe10c85c
    ネイティブキャンプ
    おすすめ度:★★★★☆
    ✔TOEIC対策コースあり
    ✔リスニング問題を集中対策
    ✔毎日レッスン受講可能
    8451f298 fb93 4669 920a 1b4bd751eaf3
    レアジョブ英会話
    おすすめ度:★★★★★
    ✔TOEIC対策コースあり
    ✔最高品質の教材カリキュラム
    ✔日本語サポートあり
    この記事が気に入ったらシェアしよう
    英語学習に役立つ情報を購読!
    英語の相談を受付中!編集長をフォロー